キアンティの小さな村、ブドウ畑が見えるアパートと料理教室

キアンティ・クラッシコのワイナリー からも見えるこの石造りの建物、ここの一角が旅行者用のアパートになっています。この建物、なんと 11世紀 のもので、かつては フラントイオ(オリーブ搾油所) として利用されていたのだとか。それが信じられないほど、リフォームされ、インテリア雑誌に出てくるような素敵な空間になっています。

かわいいエントランスを入ると、階段が。階段を上って左側がオーナーのステファーニアの自宅、正面が貸しアパートとなります。まさにお隣さん気分?まずはアパートへ、入ってすぐ前の階段を上ると ロフトスペース があり、ソファーベッドでここにも 2人宿泊可能 。左のドアを入るとダイニングキッチン 。

その奥の廊下の右が 寝室 、奥が バス・トイレ になっています。タイルもかわいいし、なんといっても バスタブ付 なのが日本人には嬉しい♪

アパートが隣接してるので隣の音などが気にならないか?とよく聞かれるそうですが、これ見て!と指差されたのは、なんと分厚い石の壁! 昔のまんまなので、今では考えられないくらい分厚いのです。そしてそのまま、ステファーニアの自宅へ。入ってすぐは リビング ですが、ここで行う料理レッスン後はここで作ったものを食べるので、大きなテーブルがどどん。クラッシックなカーブのイスは、カラフルな色違いの布地が素敵。イスもテーブルも木そのままなのは、テカテカしたのが嫌い、というステファーニアがあえて塗装前のものを購入したそう。

そのお隣が、 キッチンスタジオ 。大きなカウンターで料理レッスンを行います。料理レッスンの人数は 1人からでも参加可能、最大10名(同日の他の参加者と合同) まで。彼女の出身地であるウンブリアとトスカーナの家庭料理を、そして彼女流のオシャレな盛り付けなどもマスターしてください!参加者には エプロンとレシピブックをプレゼント。

家のあちこちは、いいなぁ~と思うインテリアアイディアがいっぱいで、見るだけでも楽しいです。

P1150784
そして、こちらが オーナーのステファーニア 。数年前まで オランダで10年ほどおうちビストロ を営んでいて、今ここにも、かつてのお客さんが世界中からやってくるそう。エネルギッシュだけど、それが表に出ない、とってもチャーミングな女性です。

ギャラリー(写真をクリックすると拡大します)
基本情報

【宿泊】
1泊2名130ユーロ、4名180ユーロ(朝食込)。昼食・夕食も各30ユーロ(お1人、ワイン付)で受け付けています。チェックイン・アウト時、グレーヴェインキアンティのバス停留所 ~アパート間はステファーニアが空いていれば車で無料送迎してくれます。

【料理レッスン】原則1名~10名まで で、同じ日にレッスン希望者がいた場合、他の参加者と一緒にレッスンになります。言語は 英語またはイタリア語 (日本語通訳は別途 お問い合わせ ください)。レッスン時間は10時~約3時間+昼食、料金はお一人様140ユーロ です。

宿泊のみ、料理レッスンのみもOK です。

フィレンツェ駅・空港より車で送迎ご希望の方はお問い合わせ ください。

【フィレンツェ発着1泊2日・ ワイナリーテイスティング・ワイナリー訪問+ 料理教室】
お1人350ユーロ(2名参加の場合)、フィレンツェからのバス代往復、フィレンツェからの日本語通訳アテンド(1日目ワイナリー+アパートチェックインまで)、ワインテイスティング、ぶどう畑・ワイナリーの見学、1泊アパート代、全食事、上記料理教室が含まれています。グレーヴェバス停からワイナリーまではオーナー一家・ステファーニアが車送迎してくれますが、都合が悪い場合は別途車手配(別料金)になることもあります。 プログラムのお申込み、また、これより人数が多い場合や、フィレンツェ以外の発着、フィレンツェから車送迎などをご希望の場合、 お問い合わせ 下さい。

【フィレンツェ発着日帰り・料理教室+ ワイナリーテイスティング・ワイナリー訪問
お1人250ユーロ(2名参加の場合)、フィレンツェからのバス代往復、フィレンツェからの日本語通訳アテンド、料理教室(ランチ付き)、ワインテイスティング、ぶどう畑・ワイナリーの見学、グレーヴェバス停からワイナリーまではステファーニアまたはオーナー一家が車送迎してくれますが、都合が悪い場合は別途車手配(別料金)になることもあります。 プログラムのお申込み、また、これより人数が多い場合や、フィレンツェ以外の発着、フィレンツェから車送迎などをご希望の場合、 お問い合わせ 下さい。

お問合せ&お申し込みは、こちら

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェのドゥオモ「クーポラと鐘楼」、どっちに上る!?

  2. フィレンツェのバール「キアーロスクーロ」で、手早くランチ&変わり種エスプレッソを

  3. フィレンツェ北部、ボルゴ・サン・ロレンツォの満開のヒマワリ

  4. 2018年・フィエレンツェのクリスマスイルミネーション

  5. バルディー二庭園には行けなくても!おらが村で満開の藤を堪能

  6. 何かと使えるフィレンツェのバール「La Boulangerie Del Rifrullo」

  1. 夏に日本に帰省しても、食べておきたいもの

    2019.07.16

  2. 迫力満点!ジャンボ飛行機が間近に見られる、大阪空港の人気スポット

    2019.07.15

  3. 【日本あるある】なんでそこに「イタリア」!?

    2019.07.14

  4. 兵庫県川西市の隠れ家的な家庭料理のお店「和みDining 森のくまさん」

    2019.07.13

  5. 【スマスイ、海遊館、ニフレル】阪神エリアで水族館、どこに行く?

    2019.07.12

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image