斜塔だけじゃもったいない!ピサのドゥオモで入って欲しい施設3つ

その3つとは、洗礼堂、シノーピエ博物館、カポサント。斜塔、そしてタダやし大聖堂は入っとこか!と(笑)大聖堂は入る人が多いのですがこの3つはなかなか入る人が少ないのです・・・もったいない!この3つは、共通チケットで入る数で値段が決まっているのですが、私個人的にはたった8ユーロでこれら3つに入れるのは大変お得!だと思います。

まずは、大聖堂の正面にある洗礼堂。緑の芝と青空に映える、白い宝石箱のような姿も美しいですが中の洗礼版に施されている彫刻がこれまた素晴らしい!そして、できるなら毎時0分と30分にまたがるように中に入ってください。それは・・・

音響効果のある設計になっていることが分かるよう、係員さんが声を出してくれるんですよ。

そしてチケット売り場にもなってる南側の建物が、シノーピエ博物館。

こんな風に、チケット購入カウンターの上にも展示があるんですが、カウンターからは見えず!1階のカウンター裏と2階が展示室となっています。

シノーピア(~エ、は複数形)はフレスコ画の下絵のこと。遠目では分かりにくいですが、こんな風に朱色の顔料を使っています。

完成品を見ることは多くても、色がつく前の状態を見るのは面白く、画家の筆跡を見ると、その描いている最中の姿を想像してしまいます。

そして最後は、大聖堂を挟んでシノーピエ博物館の反対側にある、カンポサント。

外観はなんか入らなくてもいいかな?ていうくらい簡素・・・実際、私もピサ5回以上来てるのに、昨年の11月に初めて入りました。入った瞬間に、何で今まで入らんかったんや!と後悔するほどの、この迫力!!特にこの写真の奥にある、地獄絵図がリアルでリアルで、絵の前でしばしじっくり見入ってしまいました。

フレスコ画以外にもローマ時代の棺や直国なども展示されています。

中は長い長方形で、真ん中に中庭があり、四方は4連窓が内側に並ぶ回廊。なので、太陽の方向によってはこんな光と影の美しい姿が見られます。

で、ここは一体何なの?というと、実は墓地。歩いている床が、お墓になっているんです。

埋葬されているのは聖職者や著名な人が多いようで、ラテン語で書かれた中世のもの~1800年代の近年のものまであります。

この日は9時からドゥオモ広場に来て、斜塔(9時半の予約)、大聖堂、それからこれらの3つを全て周りましたが、11時半ころには見学終了。斜塔は予約制だし、これらの3つが混んで並ぶことはまずないのでピサのドゥオモまで来たら全部入ってみてくださいね。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. これぞホンモノ!ヴェネツィアのガラス職人、ブルーノ・アマディ

  2. 期間限定!老舗「とよす」の夏のあられが可愛い&美味しい

  3. 【フィレンツェの素敵な通り】Via dei Conti ディ・コンティ通り

  4. セルフマガジン送付を期間限定で再開します!

  5. 渋柿を柔らかくする方法

  6. 本家イタリアのヴァレンタイン・デーの現実は?

  1. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  2. イタリア版「洗たくマグちゃん」?1000回使える dmail の洗たくボール

    2019.12.05

  3. 年中無休?アッバディアのマルチェッリーナの不思議なお店「Pinzi P…

    2019.12.04

  4. フィレンツェが舞台!秋~冬スタートの連続TVドラマ2本!

    2019.12.03

  5. 連係プレーなし!患者が動きまくるイタリアの医療(重篤でない場合)

    2019.12.02

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image