フィレンツェ「Volume」、元工房をそのまま残した居心地の良いバール、

イタリアの1つの文化である「バール」。日本語で言うと「喫茶店」、「カフェ」?ただイタリアではそれともまた違う、特に田舎になればなるほど「コミュニティ」の感覚に近い、住民の憩いの場だったりもします。フィレンツェも例外でなく、旧市街の外はもちろん、旧市街でも観光客以外の近所で働いている人の「行きつけ」があったり、やはり日本のカフェ以上の役割を果たしているようにも思えます。

さて、そんなフィレンツェのバールの1つが、この「Volume」。アルノ川向こうの、サントスピリト広場の中にあります。TOPの写真のように、ちょっと退廃的な?地味~な店構え、ですが・・・中に入ると、ギャラリーのようなちょっと特殊な空間が広がります。

入って右側のカウンターで注文し、自分で持って好きな席に座るシステム。カウンターでもOKですし、いろんなタイプの席が楽しめます。私のお気に入り&長居する時は、この左奥のソファーの席。ソファーの形もいろいろなので、選ぶのも楽しいです(全部空いていることは、まずありませんが)。ただテーブルが低いので、書き物をする時はやや不便。

こんなにモダンな感じなのに、年齢層は幅広い。外国人観光客もいれば、仕事や勉強する人、新聞がおいてあるので、地元年配の方もいて、なんだかその混在具合が面白いです。全体的に、何か読んだり、PCを触ってたり、おしゃべりしたり、長居する人が多いのも特徴。他のバールみたいに慌ただしい感じはなく、その分回転は遅いです。

壁面にサラッと置いてあるオブジェ。実はここ、このお店は元々1887年から続いていた工房で、その時の工具や型が、そのままオブジェとして飾ってあるのです。よく見ると、中央左側にある大きな木製のテーブルも、金具付きの作業台を再利用したもの。他にも機械のついた台など、工房という過去の姿をそのまま残してるのですね。

私はカフェ利用しかしたことないですが、おかずクレープや小さいパニーノなど、軽食は可能。あと、ケーキやトルタ類は種類は少ないものの、とても美味しく大きいポーションでがっつり食べられます(小食女子ならシェアしてもよいくらいのカット)。ぶっちゃけ、私は行く時間帯にいるボスみたいな人は超そっけないし、若いスタッフも感じ良くはないのですが、その放ったらかし感が逆に長くいやすいポイントかもしれません(笑)

また、夜はライブをやっていることも~友人のバンドがたまに出演しています。夜音楽を楽しみながらまったりしたい方は、下記サイトでプログラムをチェックしてみて下さいね。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Volume
Piazza Santo Spirito 5R
+39-055-2381460
毎日営業、月~水・8:00-1:00、木~金・8:00-1:30、土・8:30-1:30、日・8:30-1:00
アペリティーヴォタイムは毎日18:30-22:00

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェの穴場のジェラテリア、 Vivaldi

  2. フィレンツェの素敵な通り ~ Via della Spada スパーダ通り

  3. ドゥオモパスをフル活用!ドゥオモ関連施設6つを1日で制覇できるのか??

  4. スヴェレート近郊B&B「ベルヴェデーレ」、おとぎの村で極上のトルテッリを食す

  5. キアンティの小さな小さな珠玉の集落、「モンテフィオラッレ」

  6. フィレンツェの小さな本屋さん「TODO MODO」で、本に囲まれてランチ!

  1. ピエンツァの陶芸工房「Ceramiche D’Arte」で、緻密な芸術作…

    2019.05.20

  2. 「トスカーナのペコリーノチーズ」の3つの食べ方

    2019.05.19

  3. 地元イベントはもう絶対はずせない、4つの理由

    2019.05.18

  4. 気分的にはまだ早いけど、古いパンがたまってるんで・・・パンツァ…

    2019.05.17

  5. フィレンツェのファッション雑貨店「Torre d’Arte」で、フィ…

    2019.05.16

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image