今年の日本帰省で、初めて食べたパスタ&初めて作ったパスタ

日本帰省中は、当たり前だけどイタリアンは食べません(笑)。特にイタリアにいる時も、年々パスタはあまり食べなくなっていて、帰省中もパスタが恋しくなることはないのですが、久しぶりに食べる&ちゃんと作ってるパスタは格別に美味しいっ!それもそのはず、イラーリアの作品を持って行った Eat In De-Nominaさんのパスタは、材料からこだわり抜いたパスタは全部手打ち!

この日は父+息子2人でお邪魔したので、前菜+パスタ2種(大盛り2~3人前)。息子たちにそれぞれ選ばせたのですが、トマトソース好きの次男が選んだのは、アマトリチャーナ~写真は4人分で分けたものです。

しまった!イカ墨入りパスタ、食わず嫌いの次男が食べるかな💦と冷や汗かきましたが、何のその!久々の美味しいパスタにご満悦。

そして最近きのこ大好きな長男が選んだのは、ポルチーニ茸のクリームソース。和食大好きでパスタはそれほど好きではない長男が、「美味しい!」「もっと欲しい!」と言うので、私の分もほぼ、食べられました・・・トホホ。

そして3食分を頂いたので、来られなかった母と祖母と私だけの昼ご飯に、久々に私も料理しましたよ(笑)。売ってるバスタは当日朝に仕込んだもので、賞味期限は6日。1パックづつ袋詰めになっていますが、袋を開けてもくっつくこともなく、なんとも美しい!さすが!!ソースは、なかなか作らないであろう、カルボナーラ、生クリームの入らないイタリアのレシピで

火の入れ具合も我ながら完璧で、美味しいカルボナーラができました。食後は、気分的にアメリカンでなくエスプレッソで。やっぱりパスタ、美味しいなぁ~♥

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 【我が家の食卓】夏のサボり料理は「ツナ×豆×赤玉ネギ」で決まり!

  2. 第1回近代オリンピック開催!アテネ「パナシナイコ・スタジアム」が意外とめちゃめちゃ面白かった

  3. 無料サービスを受ける基準と気を付けたいこと

  4. 自分に足りないところは、補ってもらえばいい

  5. イタリアでまともに呼ばれない、日本人の名前実例

  6. 断捨離をする前に、もっと気を付けること

Copyrighted Image