【我が家の食卓】セージをたんまり使った鶏肉料理

昨年から庭に植えているハーブでも、わっさわっさ生えてくるのがセージです。日本ではそれほどなじみがないかもしれませんが、イタリアではよく使われるハーブの1つで、我が家でもアンチョビと挟んでフリットにしたりハーブ塩に刻んで入れたり絶品フライドポテトに一緒に入れたり健康に良いハーブだからドンドン使いたいハーブティーにしたりと大活躍。しかも、とてもーブです。

セージは強い抗菌・抗ウイルス作用を持ったハーブです。その優れた抗菌作用から、セージティーでうがいをすると風邪や感染症の予防になり、歯肉炎や口内炎などの症状を和らげます。

のどの痛みや腫れがあるときにも効果的で、抗菌力を活かして水虫などのケアにも利用できます。

また、セージには五感を活性化させる効能があり、セージのハーブティーを飲むと血液循環が促され、強壮効果があるともいわれています。過労で疲れ気味の人によいでしょう。

ハーブのちから より引用

セージを使うメニューの中でも、セージをがっつり使えるのが、この鶏肉料理。もう閉店してしまった行きつけだったフィレンツェのレストランの、レシピ集に載っていたものです。日本でも簡単に手に入る材料ばかりなので、ぜひやってみて下さいね。

材料(4人分)

◎鶏もも肉・3~4枚 ◎人参・1~2本 ◎にんにく・2かけ ◎セージ・10~20枚 ◎オリーブオイル、塩、白ワイン・適量

作り方

1)にんじんはみじん切りにし、鶏もも肉は一口サイズに切りセージをまぶしておく

2)にんにくとセージの半量をみじん切りにし、たっぷりのオリーブオイルで炒める

3)2)に1)の鶏もも肉を入れ、色が変わったら白ワインでフランベし、にんじんも入れる

4)最後に塩で味を整えて、できあがり♪

調味料は塩だけなのに、なんともコクのある味になります♪

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. トスカーナの我が家に帰ってきました

  2. 無料サービスを受ける基準と気を付けたいこと

  3. お得?それとも損?~最近多い、「共通券」の良し悪し

  4. ピサの斜塔とポーズして写真を撮る時のコツ

  5. 思い出のミケランジェロ広場にて、長男とフィレンツェを語る喜び

  6. 暑苦しさをとるか、心苦しさをとるか

Copyrighted Image