ボルセーナのトラットリア「Da Guido」で、港を見ながら淡水魚に舌鼓をうつ!

旅行、お出かけの楽しみの1つはやっぱり食(笑)。今回はラツィオ州のボルセーナ湖に行ったわけですが、州は変わったとはいえ、たった1時間ちょっとの距離。肉料理なんかはそんなに変わらないのですが、ここは湖!なので、湖畔のレストランならではの料理を堪能したい!湖畔沿いの3~4軒のレストランを見比べて、メニュー&価格、そして港ビューってのもやっぱり気に入ってこの Da Guidoに入りました。中のインテリアもとっても可愛かったのですが、中は空っぽ~。やっぱり港が近く見えるテラス席(屋根、日よけあり)が人気です。

メニューは各カテゴリーで魚パートと肉パートに分かれていますが、私たちはもちろん魚パートから。ちょっとずついろんなものを食べてみたい!ってことで、まずは、「海と湖の幸の前菜ミックス」と、カルパッチョ好きなので「コレ―ゴネのカルパッチョ」を1皿づつ。

この写真を撮り終わったら、左上のクロスティーニと真ん中の揚げ物がすでになくなっていました(苦笑)。揚げ物の中身は魚系って意外定かではありませんが、クロスティーニはサーモンパテだったそう。クロスティーニから時計回りに、タコと野菜のマリネ、イカと野菜のマリネ、アンチョビ入りパンツァネッラ、コレ―ゴネのカルパッチョ、ラッテリーニのフライ、(おそらく)コレ―ゴネのボイル&海藻?ソース。コレ―ゴネはホワイトフィッシュの一種、ラッテリーニは日本語名不明ですがこんなん、どちらもボルセーナ湖で採れる淡水魚です。コレ―ゴネのカルパッチョは生でなくマリネされていて、パルミジャーのチーズととっても合い、超美味でした!

プリモはパスして、各人で好みのメインを・・・ダンナはなんと、ウナギ!!

もちろん蒲焼ではなく、グリルですが。シンプルに塩だけで味付けした炭焼き、レモンをかけて頂きます!2つくらいは美味しく食べられるけれど、それ以降はちょっと脂っこさが辛い・・・1人でこれ全部は私は無理でしょう💦蒲焼とご飯だったらきっと最後まで食べられそうだけど。

長男は湖の魚のフライ盛り合わせ!

前菜の説明でも出てきた、コレ―ゴネとラッテリーニ、そしてウナギが入ってました。私は単品でラッテリーニのフライにしたんですが、長男のにこれだけ入っているのなら、フライ以外の違うものを頼めばよかったかな。写真のようにポーションは大きめです。

家族4人で水2本、白のハウスワイン250ml、前菜×2、メイン×4、付け合わせ×2、エスプレッソ×2で85ユーロ。かなりお腹いっぱい&美味しい魚をたくさん食べられたので、満足です!

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Trattoria da Guidi
Viale Armando Diaz 1, Bolsena(VT)
+39-0761-799106

営業時間:水~月、12:30 – 14:30 /19:00 – 22:00
火曜定休

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 【チンクエテッレ】見所が一番多いイチオシの村・ヴェルナッツァ

  2. いつでもトリュフ料理が食べられる!サンミニアート近郊、Taverna dell’Ozio

  3. フィレンツェで気軽に魚料理を楽しめる!~ FISHING LAB

  4. 安い・ウマい・早い、これぞ「大衆食堂」!フィレンツェの Mario

  5. フィレンツェ北部の「ハムの館」、La Casa del Prosciutto

  6. フィレンツェ「Volume」、元工房をそのまま残した居心地の良いバール、

  1. 長男の第二次性徴におびえる?複雑な母の心境

    2018.10.18

  2. 食いしん坊にはたまらない!サンミニアートの「白トリュフ祭り」、

    2018.10.17

  3. 「有名で大きなワイナリー」と「無名の小さなワイナリー」、どっち…

    2018.10.16

  4. イタリアの「送り迎え地獄」事情と、我が家の週末

    2018.10.15

  5. タリアテッレ、パッパルデッレ・・・パスタの平麺の「種類&幅&合…

    2018.10.14

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image