トスカーナ・ロマネスク様式の傑作!アレッツォ県グロピナの教会

ロ―ロ・チュッフェンナの旧市街から約2キロ、山の中の集落にあるロマネスク様式の教会です。集落に入る前に右側に小さな駐車場があり、そこに車をおいてオリーブの木に囲まれた中を歩いて行きます。するとほどなく、緑の中に石造りの建物が・・・右奥がその教会、サン・ピエトロ教会です。

トスカーナにはサンタンティモ修道院、そして小さな所ではコルシニャーノ教区教会など、たくさんのロマネスク様式の教会が残っていますが、このサン・ピエトロ教会は、そのうちでも「最高峰の1つ」とされています。私は数年前に友人のFB投稿からその存在を知り、写真を見て感動し「いつか行ってみたい!!」と思っていたのです・・・それが、この後陣。

教会は三身廊からなり、彫刻の立派な柱とアーチによって分かれています。そのアーチと柱が後陣にも・・・これってそのために後陣の奥行を深くして、手前に柱とアーチを作って立体的にしてるんですよね。これが1000年以上前の建立とは信じられないくらい、とても美しく保存されています。ファサートの扉の横木にはおそらく改修された年=1422、メディチ家のレオ10世の紋章下の横木には1522年の年が刻まれており、この教会が生きてきた歴史が感じられます。

全体像を見たら、柱上の彫刻にも注目してみましょう。入って左側の柱は新旧の聖書について、右側の柱は初期キリスト教・エトルリア文化・東洋芸術からイスピレーションを受けたテーマとなっています。そして、右側にあるのが13世紀頃の説教壇。ねじりの入った柱は、後陣外側と同じデザインになっています。

サンタンティモ修道院もそうなのですが、この時代この様式の彫刻ってなんかプリミティブで、シュールで面白い。そして豪奢できらびやかな装飾は何もないこの空間では、キリスト教徒でなくとも清らかな気持ちになれるのです。

内部をじっくり見学したら、祭壇の左横にあるドアから外に出ましょう。教会の後ろには小さなお庭があり、今度はこの後陣を後ろから眺めることができるのです。

後ろ姿にも並ぶアーチが美しいですね。ここはオリーブが何本かあるだけの原っぱになっているので、私たちのようにしばし寝転んでも良し、ちょうどいた別の若い女性は本を読んでいました。ちゃんとゴミなどを持ち帰るのであれば、ピクニックも!?美しい教会見た後のまったりタイムも格別です。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

【公式サイト】
La Pieve di Gropina

【行き方】
フィレンツェから高速道路A1モンテバルキ経由、約1時間。公共機関ではロ―ロ・チュッフェンナが最寄りのバス停になりますが、そこから徒歩20分強(しかも行きは坂道です)。ロ―ロ・チュッフェンナポッピなど周辺の小さな村、断崖絶壁のバルツェなどと組み合わせてハイヤーで周ることをおススメします。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 圧倒的な美しさ!中世の伝説が残る「悪魔の橋」

  2. フィレンツェ・ストロッツィ宮殿「ヴェロッキオ展」、レオナルド・ダ・ヴィンチの原点を見る

  3. 近代彫刻巨匠の作品が無料で見られる!フィレンツェ「マリーノ・マリーニ美術館」

  4. アレッツォから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選

  5. 【フィレンツェの素敵な通り】 Via Santo Spirito サント・スピリト通り

  6. フィレンツェ「ブォナッローティの家」、若きミケランジェロの才能に酔いしれる

  1. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  2. イタリア版「洗たくマグちゃん」?1000回使える dmail の洗たくボール

    2019.12.05

  3. 年中無休?アッバディアのマルチェッリーナの不思議なお店「Pinzi P…

    2019.12.04

  4. フィレンツェが舞台!秋~冬スタートの連続TVドラマ2本!

    2019.12.03

  5. 連係プレーなし!患者が動きまくるイタリアの医療(重篤でない場合)

    2019.12.02

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image