ギリシャに行ったら食べてみよう!ギリシャの郷土料理

旅行に行ったら、せっかくなのでその地のものを食べる!は、我が家のマスト。元々ギリシャ料理も好きで、フィレンツェのギリシャ料理店に行ったり家でも真似て作ってみますが、やっぱり本場でも食べないと!と、滞在中はギリシャ料理三昧でした。前から知ってるスタンダードなものはもちろん、今回現地で初めて知った料理も取り混ぜで、一挙に紹介します~ギリシャに行かれた時に、皆さんもぜひ味わってくださいね。家で真似て作る場合、昔から活用させてもらってるのが、salahiさんのブログ「ギリシャのごはん」。すごい種類のレシピが整理されていて、ギリシャ料理が身近に感じますよ。

ムサカ

ギリシャ料理の大定番と言えば、ムサカ!!見た目分かりにくいですか、ナス、ジャガイモのスライスとミートソースが段々に重なっている、野菜版ラザニアみたいなもの。上にホワイトソースをかけて焼いてあります。お店によって若干異なりますが、スパイス(辛い系ではない)が効いています。がっつり系なので、お腹が空いている時にハフハフ言いながら食べるのが最高!

ジャジキ

頼んだらすぐ出てくる、きっと「まずはジャジキ」ってくらい皆が頼む前菜です。こってりとしたギリシャヨーグルトにキュウリの千切りを混ぜたディップで、パンにたっぷり塗って食べましょう!いくらでも食べられる感じで、パンがあっという間になくなってしまいます。※イタリアではパンは席料に含まれていますが、ギリシャでは席料がない分、パンもほとんどの場所で有料です。

ギリシャ風サラダ

サラダと言っても、レタスなど葉っぱものは一切入っていません。中身はトマト、きゅうり、ピーマン、赤玉ねぎのみ。上にはもちろん、ドドン!とフェタチーズがのっています。ここのはビネガー漬けのケッパーがのっていますが、のってない場合も。オリーブが入っていることもあります。フェタチーズを崩しながら食べましょう!

スブラキ、ギロス

あれだけ海に囲まれていながら、大衆料理では海の幸はほとんどなく、がっつり肉を食べるようです。その代表的なものが、スブラキとギロス。ファストフードの屋台からレストランまで、どこででも食べられる料理です。写真は肉のグリルの盛り合わせですが、スブラキは、串焼きのこと。だいたいのお店で豚肉か鶏肉、あるいは牛肉や羊肉の串焼きがあり、選べるようになっていることも。ギロスは豚肉の塊を焼いて(ケバブやシュラスコのようなもの)で、それをナイフでそぎ切ったものです。いずれも塩味で、好みでレモンを絞って食べます。

ドルマデス

ハーブの効いた混ぜご飯を、ブドウの葉で包んだもの。これをレモン汁などで蒸し煮にしてあります。なので酸味が効いていますが、ご飯の味と混ざるととっても美味しい。ご飯にはひき肉やミントが入っているそうですが、ここのはカレーっぽい味もしました。添えてあるのはサワークリーム。いっしょに食べるとまろやかになります。

スティファド

ここからは、私もダンナも現地で知った料理です。スティファドは、牛肉と小玉ねぎをトマトソースで煮込んだもの。1回しか食べてなので他は分かりませんが、ここではカレーライスのようにご飯つき。ソースに旨味がぎゅぎゅっと入っているので、ご飯も美味しく食べられます。ご飯は日本系でなく、細長くパサパサした感じのお米です。

ダコス

これ、今回の旅のNO.1ヒット料理で、滞在中に実に3回以上食べました(ま、ジャジキもギリシャ風サラダもそれくらい、それ以上食べてるけど)。ダコス、という名前の固いパン(ラスク)に、フェタチーズ、トマト、オリーブ、オリガノがのせてあります。調べてみると、元々はクレタ島の料理のよう。今は全土に普及しているようで、ロードス島でもアテネでも食べました。お店によってはキュウリをのせたり、盛り付けがケーキのようだったり(TOP写真)、盛り付けのバリエーション比べも楽しかったです。

タブレ

鮮やかな緑と赤のコントラスト・・・この緑は何か?というと、なんとイタリアンパセリ!なので芳香ムンムン!フランスやモロッコなどでも食べられるようですね。中身はイタリアンパセリにネギ、キュウリ、そしてクスクス、トマト。イタリアンパセリの芳香と味が結構強烈なので、好き嫌い別れると思います。レモンが効いていて、脂っこいものを食べた後のお口直しに最適・・・その後は口の中が「イタリアンパセリ状態」にはなりますが(笑)

お菓子のバクラヴァとカタイフィ

基本、ギリシャのお菓子はめちゃ甘いです(苦笑)。そしてこってり脂っこいです。今回レストランでは頼みませんでしたが、滞在先の近くに大きなお菓子屋さんがあったので、夜の散策の時に何回か買い食いしたのがこの2つ。左のバクラヴァは、ナッツ類などを挟んだバターたっぷりのパイ生地にシロップがじゅっわ~としみ込んだもの。右のカタイフィは基本バクラヴァと同じなんですが、生地が薄い麺みたいなのをグルグルに巻いたものです。いずれもコテコテに甘いですが、ちょっと食べる分には美味しく、それだけですんごい満足感が味わえます(笑)。

酒のウーゾ

ギリシャで最も飲まれる国民酒。アルコール度数も高く、ダンナは食後に頼んでましたが、ギリシャ人は食前にも飲むとか?ブドウベースのリキュールにアニスを加えたもので、お店のお姉さんに「ハリボグミの黒いやつの味でしょ」と言われて納得。水割りもできるそうですが、現地人はストレートかロックで飲むそうなので、何も言わなければ水割でなくストレートかロックで出てきます。

以上、私たちが食べた、ギリシャご飯でした~追って、レストランも紹介しますね。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 郷土色豊か!イタリアのパスタマップ

  2. イタリアの父の日は3月19日&トスカーナではお父さんを何と言う?

  3. 【我が家の食卓】寒い日にちゃちゃっとできる、超簡単「パスタ・イン・ブロード」

  4. リアルで会う事、リアルで伝える事の重要さ、そして楽しさ!

  5. 「私、イタリア人化してるな」と思うこと

  6. 2018年・トスカーナ料理とトスカーナを語る会、メニュー解説=セコンド

Copyrighted Image