旅の一番の思い出とは、やはり「人との出会い」だと思う

夢だった場所に行く、美味しいものを食べる、などなど、旅の楽しみはいくつもありますが、旅で出会った人が素敵な人だったなら、時にそれらのもの以上の思い出となり旅の醍醐味である、と思うのです。今回のギリシャ旅では、そんな出会いに2つ恵まれました。

全体で3回目、イタリア国内以外では初のAirbnbをロードス島とアテネで使用。アテネでは空港に鍵を渡しに来ただけで、ふれあいも何もなかったのだけど、ロードス島ではイギリス人のオーナー夫妻は同じ建物の上階に住んでいました。アパートは清潔さや快適さはもちろん、可愛らしいインテリア、そしてタオル類も豊富でかつビーチタオルまであり、1週間の滞在の中日には掃除まで。これはウェルカムサービス、として水、ワイン、ビール、ジュースなどが冷蔵庫に用意されていたり。そして何よりも、オーナーのケヴィンとサリーがとっても良い人で、まずはアパートの門柱にイタリアと日本の国旗を立ててくれたり

そして、電気コンロのつまみが回らなくなったり、WIFIが長時間使えなくなったり、つたない英語で「We have a problem」と言いに行った時。普通、まず「何の問題?」と聞くと思うんだけど、すぐに笑顔で「Don’t worry」と優しく言ってくれたこと。洗濯したいんだけど、と聞いてみた時も、持って行っただけで洗濯、干すまでやってくれて、ビーチから帰ってくるとソファーにしわにならないように平らに重ねておいてくれたこと。あー、もっと英語がしゃべれたらなーと思ったのも、やっぱりもっとコミュニケーションとりたかったから。もしロードス島に行くことがあったら、またここに行きたいな。

そして出会い2は、まさに偶然。ギリシャ到着の初日、アテネからロードス島への乗り継ぎの機内に入ったら、私たちの席の後ろにアジア人の女性とそのご家族が・・・海外で日本人に会うと、どう反応していいか分からない時ってありますが、すぐに彼女から「日本人の方ですか?」と笑顔で話しかけられました。彼女とアメリア人のご主人はなんとロードス島の在住!かつて数か月イタリアでも生活し大好きだったということもあり、機内ではおしゃべりに華が咲き、メールアドレスを交換。ロードスのお店情報などをあとで送って下さり、せっかくだからご飯食べに行きましょう!とロードス観光日に彼らの行きつけのお店で一緒にランチを楽しみました。

ロードスの旧市街をバックに家族写真まで撮影してもらっちゃった(喜)。彼らもロードスから他の島に移るかも?そしてイタリアにも遊びに来たい!ということだったので、近い将来の再会を楽しみにしています♥

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. イタリア帰国前カウントダウン、毎年ゆらゆらと渦巻く気持ちは・・・

  2. 超ワイルドな、毛付きの生ハム

  3. 日本にはない?イタリアの中学校の教科その2・Epica

  4. ロードス島・アファンドゥの食べ処2店、安い!ウマい!地元民ばかり!

  5. 続けるためには、やはりモチベーションが大事

  6. 友達は選んでいい、自分が居心地よくいるために

  1. ピエンツァの陶芸工房「Ceramiche D’Arte」で、緻密な芸術作…

    2019.05.20

  2. 「トスカーナのペコリーノチーズ」の3つの食べ方

    2019.05.19

  3. 地元イベントはもう絶対はずせない、4つの理由

    2019.05.18

  4. 気分的にはまだ早いけど、古いパンがたまってるんで・・・パンツァ…

    2019.05.17

  5. フィレンツェのファッション雑貨店「Torre d’Arte」で、フィ…

    2019.05.16

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image