小さい子供と都会観光、大人も子供もストレスのたまらない方法!

今年のバカンスはビーチ中心の島バカンスに、ギリシャの首都であるアテネ。しかもメインは遺跡・博物館。こんな観光ができるようになったのは、やっと子供たちが大きくなったから。実は今から7年前、長男5才&次男2歳の時にフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の首都・トリエステに滞在したのですが、その時にあまりにも観光ができなくて「大都市はこりごり」になったのです。それから町、特に都会を観光する時に気を付けていることがいくつかあるので、紹介してみたいと思います!お子さんとの観光旅行に悩む、皆さんのお役に立てれば幸いです。

町観光は半日程度にしておく

トリエステに行った翌年のウンブリアでのバカンス、目的は中規模や小さな村巡り。その時に決めたのは、観光は午前中の半日だけにし、ランチの後に宿に帰ること。そして宿は、プール付きのアグリツーリズモ。午後にプールという子供たちのお楽しみをとっておくことで、午前中は午後を夢見て?それなりにガマンして観光に付き合ってくれました!

キッチン付きの宿にして、夜は自炊を中心にする

小さい子連れの難関ポイントでもある外食。特に夜の外食は、昼間に疲れた小さな子供がぐずることが多く、せっかくの外食も楽しめない・・・自炊できるアパートであれば、時間も自由に早くできるし、眠たくなったらすぐに寝ることができる!もし機嫌が良ければ、夜のお散歩くらいは付き合ってくれるかもしれない!という特典付き(笑)~写真はトリエステ最後の晩、偶然アパートの下にあった歴史的バール SAN MARCO へ!・・・ま、ここではチョコレートケーキというエサがあって終始ご機嫌だったのですが、その後のお散歩は散々なものでした(号泣)

おやつタイムを頻繁にとる

これも上と似ているんですが、「ここ見たら、おやつにしよか~」の一言が、子供たちのイライラグダグダイヤイヤモードを変える魔法の言葉になることも(たまに逆効果になる時もあるけど💦)。普段はおやつの回数や内容に厳しい家庭でも、旅行の時くらいはいいんです。飴ちゃん1個で皆が幸せになれるなら!そういう博物館などでも食べられる飴系お菓子は必須、一気に食べてしまわない小袋系のもの、もちろん飲み物も常に携帯(こうして母のバッグはパンパンに)。そして最後の手段は、ジェラートです(笑)

疲れたら無理しない、行程を変える

子連れバカンスに無理は禁物。遠い海外だと「一生に1回だから」と無理してしまいがちですが、それで子供たちがぐずってしまえば大人もイライラ&結局何も見られなかったり記憶に残らなかったり。どこまで無理するかは状況やタイミングによりけりですが、子供たちが飽きそう&疲れそうなもの、例えば博物館は1日1つだけに限定するなど、最初から余裕をもった行程を組んでおくとストレスも減ります。

予備知識を入れておき、興味を持たせておく

これは早くても幼稚園くらいから、子供によっては小学校でも厳しいかもしれませんが・・・キリスト教の教理にも熱心で歴史好きな長男は、小学校低学年から教会やお城関係は割と好んで入るようになり、今年の頭はウフィッツィ美術館、そしてこの夏の遺跡巡りも彼のたっての希望。先日おらが村に来て下さったご家族は、5才のお子さんとローマに行くのにローマ舞台の映画を見せておいたら、「これ映画で見たとこ―」と喜んでいたそうです。そういえば、4年前に姪っ子がイタリアに来てローマ観光したときは、「グラディエーター」を一部見せたような・・・映画やアニメ、お子さん向けのガイドなどを事前に見ておけば、興味を持ってみてくれるかもしれません。

うちは息子たちが大分大きくなった楽になりましたが、特に次男ができてからは苦い経験をいろいろして、工夫したり妥協したりの観光でした。今お子さんが小さいご家族、複数人いるご家族の皆さん、ご健闘を祈ります!(笑)。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 2回目のAirbnb利用で感じたこと

  2. 歴史にハマった高校時代から約30年!由縁の地を訪ねるギリシャ旅

  3. アブルッツォで遭遇していた「トランスマンツァ」の人たち~自分らしい生き方を模索する人たち

  4. 長男の第二次性徴におびえる?複雑な母の心境

  5. 大阪・池田市の隠れ家的カフェ「コパン・コピーヌ」の極上パンケーキ

  6. 【我が家の食卓】ビールがすすむ♪イタリアならではのフリット2種

  1. 長男の第二次性徴におびえる?複雑な母の心境

    2018.10.18

  2. 食いしん坊にはたまらない!サンミニアートの「白トリュフ祭り」、

    2018.10.17

  3. 「有名で大きなワイナリー」と「無名の小さなワイナリー」、どっち…

    2018.10.16

  4. イタリアの「送り迎え地獄」事情と、我が家の週末

    2018.10.15

  5. タリアテッレ、パッパルデッレ・・・パスタの平麺の「種類&幅&合…

    2018.10.14

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image