アテネ中心部の移動はこれだけでOK!地下鉄とトラムがお得に使える「ATH.ENA TICKET」

2004年のオリンピック開催時にできた、アテネの地下鉄。どんなかなーとかなり期待&ほんのちょっとの大丈夫?の気持ちで利用し始めましたが・・・も~めちゃ便利!!これがない時、特に観光客はどうやって移動してたん?と思うほど、ほぼ空港&フェリー港を含めた全ての場所が地下鉄で行けてしまいます。しかも、1回チケットや1日パスと比べても、私たちが購入した5日パスがめっちゃくちゃお得!!今回は暑い中、屋外の遺跡をたくさん歩いたのでランチ後は宿で休むなど、このパスがあったから臨機応変にスケジュールを変えて動けました。

まずは、地下鉄の路線とトラム路線はこんな感じ。

地下鉄はライン1・緑、ライン2・赤、ライン3・青の3路線、そしてピンクがトラム。どの線も交わっているところが、いわゆる繁華街で、アクロポリスなどの見所もこの辺りに固まっています。緑ラインの西側終点がフェリー乗り場のある港、青ラインの東側終点が空港です。

こんなMのマークがあるのが、地下鉄駅。駅名はギリシャ現地語と英語が併記になっており、アナウンスもギリシャ語・英語の2か国語で行われます。

切符購入はいたって簡単。構内にある自動販売機で言語を選び(英語イタリア語含む、確か6か国語ありました)、切符の種類を選んでいくだけです。これらの路線は1回券90分有効=1.4ユーロ(子供60セント)、24時間券=4.5ユーロ・・・そして私たちが購入したのは、5日券=9ユーロ!・・・なんか計算間違えてない?ていう安さ。なので滞在日数が2日以上でそれなりに地下鉄に乗る人は、この5日券がおススメ~ただし、これだけでは空港までは行けないので、空港へ行く場合は空港行特別券10ユーロが別に必要です。※ちなみに、私たちはこのことを帰りの空港行の電車内で知り、空港で出る改札で聞いたらいいか!と降りると、改札付近には誰もおらず、この券をかざすと改札も開いた!赤ランプはついていましたが、アラームもならないし誰も来ないし、そのままドロンしちゃいました。

私たちは4泊5日&1日目は夜でタクシー使用したので購入しませんでしたが、往復空港までの路線も使う人なら、空港行料金込みの3日券22ユーロもあります。いずれも中にチップが入っているので、自動改札のパネルにピッとかざすだけ。出る時は改札がある所とない所もあります。

駅はとてもキレイだし、ご覧のように次の電車が何分後か?表示もあって、かなり正確!

電車の中にも路線図があり、大半は現在地がランプ点灯&次の駅がランプ点滅するので、旅行者にも分かりやすい!どの路線も平日なら5分おきくらいにあるので、移動も早くて楽々。まだ3路線しかないので、路線が入り混じる駅でもそれほど歩くことはなく、乗り換え表示には各ラインの色の帯がついているので分かりやすいです。

写真は、滞在中よく乗り換えに使った OMONIA駅。なんかここだけカラフルなタイルで可愛かったです。面白かったのがキオスクで、なぜか大量の宝くじと水、そして石鹸やリップだけが売っていた・・・お国変われば、いろいろ変わるものです(笑)

ここまで書いたのは2018年9月の情報なので、特に切符の値段や種類については、アテネ地下鉄の公式サイトをご確認下さいね。

ATH.ENA TICKET 英語ページ

 

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. イタリアの学校は今、成績表のシーズンです

  2. 日本にはない?イタリアの中学校の教科その3・Storia dell’Arte

  3. 緑の大地に白い斑点・・・マレンマは羊だらけ!

  4. イタリアらしい?バジルエッセンス入りボディーシャンプーってどんな感じ?

  5. 5週間皆勤&長男は最後の年、日本の小学校が終了しました

  6. Marrone とCastagna 、2つの栗を比べてみよう!

  1. 長男の第二次性徴におびえる?複雑な母の心境

    2018.10.18

  2. 食いしん坊にはたまらない!サンミニアートの「白トリュフ祭り」、

    2018.10.17

  3. 「有名で大きなワイナリー」と「無名の小さなワイナリー」、どっち…

    2018.10.16

  4. イタリアの「送り迎え地獄」事情と、我が家の週末

    2018.10.15

  5. タリアテッレ、パッパルデッレ・・・パスタの平麺の「種類&幅&合…

    2018.10.14

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image