DSCN9881主要5都市 の中にも書いてますが、アレッツォはフィレンツェから一時ほどの中規模の町。プライベートや仕事で何回か行ったことがありますが、 ほど良い大きさで観光と散策も楽しい、素敵な町 です。イタリアでは様々な町で大小のアンティーク市がいろいろありますが、 アレッツォのアンティーク市は最も古い、最も大きなもの だそうです。リピーターのお客様のお一人が日本で骨董屋さんをされているのですが、ほぼ毎年、この市に買い付けにいらっしゃいます。以前に聞いた話によると、骨董屋や雑貨屋などのプロの買付は、土曜日の朝に集中 するらしいです( アンティーク市は毎月第一日曜日とその前日の土曜日 )。この為にアレッツォを訪れるもよし、観光ついでに冷やかすのもよし、見ているだけでも楽しいアンティーク市です。

このアンティーク市の会場ですが、 歴史的地区の中心エリア、全部! です。駅前は何もないですが、歩いて5分ほどもすると屋台が見え始め、中心である グランデ広場 は・・・

sCIMG4456

はい、この通り(笑)、 一面アンティーク市でいっぱい です。なので、 ベニーニのオスカー受賞作品・“ライフイズビューティフル” の舞台ともなったこの広場自体を見たい方は、ちょっとがっくし、かもしれませんが・・・しかし、雨の時はどうなるんでしょうね~。
それはさておき、少しだけこのイベントの歴史を・・・発案は アンティーク愛好家のイヴァン・ブルスキイヴァン・ブルスキ財団 が今でもあり、彼の収集品などを展示するミュージアムもあります)さんで、ロンドンのポルトべッロアンティーク市に感銘を受けて、 1968年6月2日に第一回目が開催 されたそうです。もうすぐ50周年!

市の内容は、家具などの大型のものからカーペット、絵画・・・

fieraantiquaria-sito1

インテリア雑貨や古いラジオまで、本当にいろいろ。

さすがに大型商品は買えなくても、持って帰れるそれなりに小さいものもあります。この手描きのお皿やタイル、かなりツボにハマり、使うかどうかは別にしても欲しくなりましたっ!

fieraantiquaria-sito2

フィアット初代500やヴェスパのイラストも可愛い。そしてこの時一番の私のヒット!は、アンティークショップの前に何げなく置かれたこのイス・・・イタリアントリコローレ!

CIMG4459

 

なかには軍が使用していたものや、ソケットだけの市、船の備品専門の市、それ、どうやって?何に使うの?みたいなものもいっぱい。じっくり見て歩くと1日あっという間に過ぎそうです(笑)。

CIMG4487

 

Fiera Antiquaria
毎月第一日曜日とその前の土曜日
上記リンクにて特別開催日などカレンダーをチェックできます。

*アレッツォはフィレンツェから直通電車で約一時間 。電車について詳しくは こちら