イタリアで最古&最大!アレッツォのアンティーク市

主要5都市 の中にも書いてますが、アレッツォはフィレンツェから一時ほどの中規模の町。ほど良い大きさで観光の見所もあり、路地などの散策も楽しい、素敵な町です。イタリアでは様々な町で大小のアンティーク市がいろいろありますが、 アレッツォのアンティーク市は最も古い、最も大きなもの だそうです。一般人もいれば、アンティークショップのプロの買い付けまで・・・リピーターのお客様のお一人もほぼ毎年、この市に買い付けにいらっしゃいます。以前に聞いた話によると、骨董屋や雑貨屋などのプロの買付は、土曜日の朝に集中するらしいです( アンティーク市は毎月第一日曜日とその前日の土曜日 )。この為にアレッツォを訪れるもよし、観光ついでに冷やかすのもよし、見ているだけでも楽しいアンティーク市です。この市の発案は、アンティーク愛好家のイヴァン・ブルスキ ( イヴァン・ブルスキ財団 が今でもあり、彼の収集品などを展示するミュージアムもあります)さんで、ロンドンのポルトべッロアンティーク市に感銘を受けて、 1968年6月2日に第一回目が開催。50年の歴史もあります。


このアンティーク市の会場ですが、 歴史的地区の中心エリア、全部! です。駅前は何もないですが、歩いて5分ほどもすると屋台が見え始め、中心である グランデ広場 は・・・

はい、この通り(笑)、 一面アンティーク市でいっぱい です。なので、 ベニーニのオスカー受賞作品・“ライフイズビューティフル” の舞台ともなったこの広場自体を見たい方は、ちょっとがっくし、かもしれませんが、これはこれで、月に2回だけ見られる姿です。

市にどんなものが出されているのかというと・・・家具などの大型のものからカーペット、絵画、

fieraantiquaria-sito1

インテリア雑貨や古いラジオまで、本当にいろいろ。

さすがに大型商品は買えなくても、持って帰れるそれなりに小さいものもあります。この手描きのお皿やタイル、壁にただかけておくだけでもインテリアになりそう。

fieraantiquaria-sito2

フィアット初代500やヴェスパのイラストも可愛く、好きな方へのお土産にもなりますね。また屋台でなく、普段から店を構えるアンティークショップもたくさんありますので、好きな方はお店巡りも楽しんで下さいね。

なかには軍が使用していたものや、ソケットだけの市、船の備品専門の市、それ、どうやって?何に使うの?みたいなものもいっぱい。じっくり見て歩くと1日あっという間に過ぎそうです。

ギャラリー(写真をクリックすると拡大します)
基本情報

Fiera Antiquaria
毎月第一日曜日とその前の土曜日 。
上記リンクにて特別開催日などカレンダーをチェックできます。

【行き方】
アレッツォはフィレンツェから直通電車で約一時間 。電車について詳しくは こちら

関連記事

  1. 1842年創業の生地メーカー「 BUSATTI 」のアンギアーリ本店

  2. ばーちゃん村の夏恒例?3種類の「スリッパ」を食べる夜

  3. オリジナル作品を持ち帰れる!フィレンツェ北部で陶器の絵付けレッスン

  4. アンギアーリの新門前のレストラン、Da Alighiero

  5. オルチャ渓谷の小さな村が超盛り上がる!きのこと栗の祭り&木こりのパリオ

  6. ビオダイナミック農法のブルネッロのワイナリー&アグリツーリズモ

  1. イタリア料理を最後まで美味しく食べる極意!「スカルペッタ」

    2019.07.19

  2. 期間限定!老舗「とよす」の夏のあられが可愛い&美味しい

    2019.07.18

  3. 洗練された西天満のイタリアン「オステリア・コモド・ヒロ」

    2019.07.17

  4. 夏に日本に帰省しても、食べておきたいもの

    2019.07.16

  5. 迫力満点!ジャンボ飛行機が間近に見られる、大阪空港の人気スポット

    2019.07.15

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image