サン・ミニアートのレストラン「Pepenero」、ミシュラン常連店で白トリュフを満喫!

ピサ県のサン・ミニアートと言えば、ピエモンテ州・アルバに並ぶ、トリュフの産地!そして年中採れるトリュフの中でも、秋に採れる白トリュフ・プレジャートが有名ですね。まさに秋、お客様のご要望でサン・ミニアートの名店「Pepenero(ペペネーロー=黒コショウ)」に行く機会に恵まれました。予約のメールも、素早く丁寧な返信。サイトで見る写真にも、どれもうっとり・・・それが着いてみると、普通の通りにドア1つのとっても簡素な店構えでした。しかし、階段を少し下って中に入っていくと、古い町並みとは対照的な、モダンでアートな空間が広がっていました。

入口から長いホール、白と茶色を基調にした内装にカラフルなコップがとてもオシャレ。人々が描かれた大きなパネルが両壁を飾ります。

同じ絵がメニューにも。メニューは通常メニューに加え、まさにお目当ての白トリュフだけのメニューが別冊で!

白トリュフが「時価」なので、鉛筆で書いて消せるようになっています。私たちが行った日のトリュフ1キロの価格は1800ユーロ(約23万円)でした・・・1キロだと分かりにくいですが、10gで18ユーロと考えるとやっぱりいいお値段しますね。

まずは私の一生で最初で最後?と思われる超高級シャンパンを頂きました。同行の中にソムリエさんがいたので彼にお任せでしたが、レストラン地下にはワインセラーもあり、きっとすごく充実しているのだと思います。

オーダーしたのは白トリュフメニューにある前菜&パスタを2つづつ。前菜はどちらも甲乙つけがたいですが、このカルパッチョが最高!上から塩を振ったとかそういうのでなく、肉自体にしっかり味がついているのですが、あれはどうやっているのかな?

そして圧巻はこちら・・・

何なんですか、このトリュフは!量が多いと言うよりも、スライス一枚の面積が広い=大きなトリュフ!!大きすぎてトリュフと分からないくらい!!それがもうてんこ盛りなので、運ばれてくるときから香りが・・・そしてトリュフだだけでなく、固すぎず、抜群の食感のタリオリーニ、そして超まろやかなバターソース!あとでシェフに聞いたら、バターだけで一切チーズなどは入ってないとか。さすが名門店・名シェフだな、と納得したのですが・・・

このオーナーシェフ・ジルベルトさんは超イケメン!そして挨拶に厨房から出てきてくれて、さっきのパスタソースの質問なんかにも答えてくれて、めちゃめちゃ好感度高し!!もちろんいいシャンパンを開けた&白トリュフメニューばかり注文したからもあるでしょうが、温かみのある表情や雰囲気から、きっと皆さんにそうされてるんだろうなと思いました。しかし、どっかで見たことあるような?と思ってサイトを開けたら・・・息子たちが赤ちゃん時代にいつも見ていたお昼の料理番組「Prova del Cuoco」に出演し、ナンバーワンシェフにも選ばれていたのです!なんか懐かしい気分になった理由が分かりました(笑)

そして〆は、何とも贅沢な目玉焼き!

サン・ミニアートに来られる際は、いや、ついでではなく、ジルベルトさんの絶品料理、絶品トリュフを食べに、ぜひ足を運んでみて下さいね。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Pepenero Ristorante
Via IV Novembre, 13  SAN MINIATO (PI)
Tel : +39-0571-419523

定休日:火曜、土曜ランチ

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェ市民の台所、「サンタンブロージョ市場」

  2. リミニ・ビーチサイドの大当たりだったレストラン「LUNA ROSSA」

  3. 何かと使えるフィレンツェのバール「La Boulangerie Del Rifrullo」

  4. ムラーノ島で食べた、スペシャルパスタ

  5. 食いしん坊にはたまらない!サンミニアートの「白トリュフ祭り」、

  6. フィレンツェの小さな本屋さん「TODO MODO」で、本に囲まれてランチ!

  1. 簡単!いろんな効果!良いことづくしの「自家製フレッシュハーブテ…

    2019.10.20

  2. 【フィレンツェの素敵な通り】Via Posta Rossa ポルタ・ロッサ通り

    2019.10.19

  3. メインにも、付け合せにも!白いんげん豆のウッチェッレット

    2019.10.18

  4. トスカーナ北部の田舎で「自然農法」農家視察プログラム

    2019.10.17

  5. 「作り置き」と「書き溜め」は、兼業主婦ブロガーを救う!笑

    2019.10.16

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image