自分の味噌で作る、極上!味噌煮込みうどん

今年の2月末、フィレンツェの和食の先生・ラファエリKyokoさんの味噌の会で作った「マイ味噌」。夏に一度「天地返し」をして、更に地下のガレージで熟成させること4か月・・・そろそろ食べて良いよ!ということだったので、満を持して、開封!・・・表面にカビも生えてたけど(号泣)、しっかり取り除いて焼酎で拭けばOK!で、きれいにした後がコチラ!!

仕込んだ時よりも色が濃くなってて、天地返しした時よりも味がしっくり~。うーん、早く使いたい!何に使う!?・・・この日の長男とのランチは、時間がなくて「かけうどん」と決まっていたので、それならば!!

時間がないから「かけうどん」にしたくせに、どうしても味噌煮込みうどんが食べたくなり、それならやっぱり具も欲しくなり、自分のためなら意地でも準備するがめつい母(爆)。和食好きの長男も味噌はあまり好きではないので、彼は予定通りかけうどんだったのだけど、当然ながら具が欲しい!と言われて鶏肉と卵の大半を奪われました💦 それでも、味噌のしみ込んだうどんの美味しいこと・・・感涙。これからは和食おかずの日はかならず味噌汁、ふろ吹き大根とか、サバの味噌煮込みとか?なんかも~味噌料理で頭がいっぱいな毎日です。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング  

関連記事

  1. イタリアのコラボ相手に求める、一番重要な事

  2. 「時間に追われてる」と感じたら、自ら時間を止めてしまおう~忙しくて心を亡くさないように

  3. ハーフの息子たちに日本人DNAを感じること

  4. ローマを周るのに、いったい何日必要?

  5. 「自家製・天然酵母パン生活」、やっと再開しました!

  6. 痛んだ&まずいリンゴを美味しく消費する方法

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image