シエナ近郊でアクセス簡単!城塞の残る「イタリアの美しい村」ブォンコンヴェント

シエナからオルチャ渓谷に向かって州道2号線を走っていると、右側に見える城壁のある村、それが「イタリアの美しい村」にも選ばれている、ブォンコンヴェントです。村の名前はラテン語で「幸せな地」。この村を訪れると、穏やな時が流れ、ほっこりする・・・村の名前の通り、幸せな気分になれる場所です。小さな村の多くは車でしか行けない、公共機関では行きにくいですが、ここはなんとシエナから直通で電車でもバスでも行けるのが嬉しい!しかも、駅もバス停も旧市街の前!とアクセスの良い所。そして、小さな村にありがちなアップダウンも全くない平地にあるので、体力のない方(笑)や、例えば車いすの方でも行きやすい村になります。

先日再訪したときがザザ降りの雨だったので(号泣)写真がちょっと残念ですが・・・村の歴史は中世に遡り、1100年頃から存在していたそう。この村の名が大きく歴史に刻まれたのが、神聖ローマ帝国のルクセンブルク家・ハインリヒ7世がこの地を訪れた時の伝説~この地の牧師に毒をもられ、暗殺されたそうなのです。ハインリヒ7世は皇帝の戴冠を授かる為にローマに向かっていたそうですが、中世の小都市乱立時代、皇帝派と教皇派との争いも絶えなかったイタリアでは、神聖ローマ帝国皇帝の来訪は大きな混乱をもたらしたようですね。現在でも、1371年から建設された城壁のほとんどが残っており、南北にちゃんと門が残っています。村はシエナ共和国の一都市でしたが、1559年以降はトスカーナ公国に併合されました。

さて、村の中に入ってみましょう。南北の門に通じるのが、メインストリートのソッチ―二通り。市役所、教会、ミュージアム、レストランやバールなど、ほとんどがこの通りに集まっています。一際目を引く、そして村のシンボルにもなっているのが、この時計の塔。建物は現在、市庁舎として使用されています。

この塔と建物の外に掲げられているのは、かつての執政長官の紋章。1270年までこの地を治めていた、執政長官の家紋が25つ残っています。歴史と共に統治が変わっても、そして1000年近い年を経てもそれが存在し続けるところに、イタリアの凄さを感じずにはいられません。

小さな村あるある、ですが、こんなに田舎の小さな村でも、おしゃれなお店が多いこと!そして門構えやウィンドウのディスプレイなんかもとっても洒落ていること!こういう美意識と言うかセンスのレベルが高い所も、イタリアの凄い所ですね。メインストリートと言ってもとても短い通りですが、こうして建物1つ1つ、お店を1つ1つ覗いていると結構時間が経ってしまいます。

メインストリートを見終わったら、あちこちにあるアーチを潜り抜けて、路地に入ってみましょう。これはソッチ―二通りからアーチをくぐり、並行して走る小さな路地。もう、ここがめちゃめちゃ素敵で、雨の中何枚も写真を撮りました~今度は晴れの日に来て撮影したい!と思うくらい、素敵な通りでした。

他の見所は、聖芸術博物館と小作制度農業博物館。前者はこの地域の教会にあった14世紀から19世紀の芸術作品を集めたもので、後者はこの地域の農業や農民の生活を展示したもの。各博物館とも3ユーロですが、コンビネーションチケットは5ユーロ。ゆったりとこの村に滞在する方は、ぜひ訪れてみて下さい。通りすがりやランチなどで寄る方は、30分あれば旧市街の散策はできます。ハイヤープランでは、サンガルガーノとモンテ・オルヴィエートの2つの修道院を巡るプランで、ランチで立ち寄る村になっています。このプランでなくても、クレーテ・セネージやオルチャ渓谷のエリアに至近なので、ぜひ30分でも立ち寄って頂きたい美しい村。シエナからはアクセス良好&バス112番でオルチャエリアに行くこともできるので、車を使わずにこのエリアを周りたい方の拠点にもぴったりですよ。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

【観光協会】
Proloco Buonconvento

【行き方】
フィレンツェ駅よりシエナ乗り換えで2時間~2時間半、シエナからだと直通電車で30分弱。旧市街は道を挟んで駅から右斜め向こうに見え、徒歩3分の距離!電車の乗り方については、こちらをご覧ください。また、シエナからはTiemme社のバス112番などで直通約40分(112番:シエナ→ブォンコンヴェントブォンコンヴェント→シエナ)。112番はそこからオルチャ渓谷の代表的な村サン・クリーリコ・ドルチャピエンツァを通り、モンテプルチャーノが終点となる使える路線。本数はやはり限られているので、どこかを拠点にして1日に1カ所ゆったり周るのもおススメです。バスの乗り方については、こちらをご覧ください。車でフィレンツェからシエナ経由でオルチャ渓谷へ向かう方は必ず通るので、トイレ休憩やお茶のついでに寄ってみるのも。旧市街をさらっと散策するだけなら、30分ほどで十分です。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. グレーヴェ・イン・キアンティ、黒鶏でお馴染みのキアンティ・クラッシコの里

  2. 崩壊した要塞が絶景ポイント!カンピリア・マリッティマ

  3. 【チンクエテッレ】世界一のプレゼーペでも有名!マナローラ

  4. チーズ好きにはたまらない、ピエンツァ近郊のオーガニック農場

  5. ボルセーナ湖周りの中心的な町「ボルセーナ」、てっぺんの城から湖を眺める!

  6. モンタルチーノのレストラン、Taverna del Grappolo Blue

  1. 「バロネッサ」っていったい何者?イタリア貴族の名称と格付けを調…

    2019.02.23

  2. 意外と知らない、化粧品の使用期限は?

    2019.02.22

  3. 【我が家の食卓】包まないトルテッリーニ「クアドルッチ」は、簡単…

    2019.02.21

  4. フィレンツェのバール「キアーロスクーロ」で、手早くランチ&変わ…

    2019.02.20

  5. 日本にはない?イタリアの中学校の教科その4・選べる楽器

    2019.02.19

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image