【レポート】イタリア・トスカーナの田舎で、絵付けと料理の家族旅

クリスマス前のお客様がご夫婦なら、クリスマス後のお客様は賑やかなご家族!イタリアは初めてなのに、おらが村に2泊3日して頂きました。というのも、お母様が9月にいらしたご家族のこのFBペー投稿をご覧になり、

※9月のお客様の声は、サイトにも掲載しています。

娘さんたちにもこんな経験をさせてあげたいとの事でご依頼を頂いたんです(感涙!)。観光旅行は小さなお子様には時に飽きたり疲れたりするもの。そういう時にも、おらが村のような良い意味で何もない、素朴な町並み、自然と動物、そして温かい人たちがいる小さな村に来られるのもとってもおススメです。こちらもご家族の2泊3日の様子も、順にレポートしていきますね!

1日目~フィレンツェ、おらが村で絵付け教室、休暇の家宿泊

昼過ぎにフィレンツェから電車&最寄駅から休暇の家のカテリーナの車でおらが村へ。荷物はカテリーナに車で持って行ってもらって、私と絵付け工房で合流しました。絵付けはお母さま、娘さんの2人で、まずはベースを選んでいただきます。結果、妹さんはカップ、お姉さんは四角のお皿、お母様は一回り大きな四角のお皿をセレクト。工房の中のものからイスピレーションを受けて、それぞれ下絵を描いていきます。お母様が直接鉛筆で下絵を描いている時、娘さん2人は紙にアイディアを落とし込んでいきます。

お母様は気に入った2つの図案=オリーブ+ブドウの葉、そして「Ricordi di Londa=ロンダの思い出」の文字、と盛りだくさんの内容でしたが、イラーリアのサポートもあり大作の完成!その後は、娘さん2人も思い思いに描いた自然モチーフのデザインを仕上げていきます。お姉さんはナント!ロンダの特産、レジーナ桃を入れてくれました!

イラーリア自身も2人の息子のマンマであり、幼稚園や小学校の美術プログラム校外講師として子供たちとワークショップを行っているので、お子さんとのフィーリングもばっちり!一緒になって1つの作品を作り上げていきます。

終了後、カテリーナに電話してお迎えにきてもらいます。この日に描いたものは当日の夜に焼成に入り、翌々日におらが村から離れる前にピックアップ。休暇の家ではフランス人の宿泊客と、休暇の家の長女ちゃんがオーストリアから帰宅+彼女の友人と一緒に、にぎやかに夕飯とゲームを楽しんだそうです。

2日目~ダニエーラの料理教室!

朝、9時過ぎに休暇の家にお迎えに行き、料理教室のダニエーラの家までミニトレッキング!少し休憩した後は、すぐにパスタ作りに取り掛かります。お好きなものがスープ系ということで、それならば!クリスマスの定番メニュー「トルテッリ―二・イン・ブロード」。こね~伸ばし~カット~詰めてトルテッリ―二作りまでを全て体験!

賑やかなキッチンに、隣に住んでるイオランダばーちゃんもたまらず乱入(笑)。日伊のおばあちゃん一緒の作業が実現しました!

休憩ではもちろん、動物たちにも会いに行きました。ダニエーラ家の姪っ子甥っ子も3人、うちの息子達も来ていたので、子供は最長23才(ダニエーラ家の長女、成人だけど)から7才まで10人が勢ぞろい!年の近いうちの息子たちと娘さんたちは、最後は名前を呼び合って、キャーキャー庭でかくれんぼしたり追いかけっこしたり、もう大はしゃぎ!

いったんパスタを食べた後は、仕事の昼休みに帰宅したフランチェスコとピッツァ作り!

その後からもいつものように、メインと付け合わせ、デザートも・・・そしてお腹も心もぱんっぱん。最後はハグで惜しみながらのお別れです。今回は冬休み中(ダニエーラは給食センターの料理長なので、学校の休みと同じ)でランチでの開催だったので、10時~17時の実に7時間も楽しんでいただけました。

3日目~チェックアウト

朝食、チェックアウトの後はカテリーナの車で送迎。駅に向かう前には焼成した絵付け作品もピックアップし、電車でフィレンツェへ向かわれました。

お時間がない場合でも、2泊3日、実質2日でも2つのプログラムを体験することが可能です。ちょっとありきたりの旅、大都市&観光都市の旅に飽きたら、ぜひおらが村へ!フィレンツェから小一時間で、ジモティしかいない(笑)普通のイタリア人との温かい交流や、いろんな体験をして頂けますよ。

ギャラリー(クリックすると拡大します)

 

 

関連記事

  1. イタリア滞在、宿泊施設のどこにこだわる?~日本とイタリアの違い

  2. イタリアで電車やバスに乗る時に、間違いなく目的地に着くための一言とは?

  3. フィレンツェ・リピーターが、何度行っても飽きない場所は?

  4. 【スマスイ、海遊館、ニフレル】阪神エリアで水族館、どこに行く?

  5. 「ピッツェリア」って何か分かりますか?

  6. 受け継がれた伝統が、終わりを迎える時~おらが村の「石臼搾油所」の終焉

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image