フィレンツェ「RED」、ランチもカフェも気軽に利用できる本屋さん

もう何年も前からカフェ併設の店舗が増えてきています。その草分け的存在だったのが、レプッブリカ広場にあった本屋・EDISON、今は同じ本屋でも大型チェーン店FeltrinelliグループのREDに変わりましたが、そのカフェも同じように継続・・・どころか、1階フロアの半分ほどがテーブル席となり、食事やアペリティーヴォもできるようにパワーアップ!

ランチやディナーの時間帯では、カフェだけの場合は原則的に外の席か、カウンターまたは中央の大テーブル(相席)のみの使用になりますが、本屋併設のカフェの割にテーブル席は多め。ただし、レプッブリカ広場という立地の良さからか、特にランチ時間帯はいつも満席になります。メニューの数はそれほど多くないですが、パスタから肉系まで一通りあり、バーガープレートやサラダも。値段も、今のフィレンツェならまぁ平均的な値段でしょうか。ちなみにコテコテトスカーナ系はないですが、そういう料理に食べ飽きた人にはよいメニュー内容です。

メインは付け合わせも込みで、ポテトフライでなくチップスがよくついてくるのですが、これがサクサクで美味しい!

私の最近のお気に入りは、プリモでもセコンドでもなく、プチ価格の前菜の2品で1食にしちゃうこと。1皿4.5ユーロ=2皿で9ユーロなので、プリモやメイン1皿よりも安く食べられるって訳。

左はブッラータチーズ&アンチョビのブルスケッタ・ドライトマト付き、右がタコとじゃがいものサラダ。ぱっと見た感じ物足りなさそうですが、これでお腹いっぱいです。でも物足りない!て人、しっかりランチでなく軽く済ませたい、という方は

カウンターのパニーノコーナーへ。普通サイズだけでなく、ミニパニーノもあり。

あるいは果物かスィーツをどうぞ!テーブルで食事された方は、そのままメニューからスイーツを頼むこともできます(カウンターのものとは別の種類もあります)。

その他にもワインや食材が合ったり

イートインと同じ1階に文具コーナーと写真集・ガイドコーナーがあり、お土産にしてもグー!

レプッブリカ広場と言う立地、お茶や食事にも使え、通しで朝から晩まで開いている便利な本屋RED、ぜひ立ち寄ってみて下さいね。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

RED
Piazza della Repubblica 26/27/28/29
毎日営業、9:00 – 23:00(元旦、クリスマスはクローズ)

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. ピサ近郊・ポンテデーラ「PIAGGIO博物館」で、ヴェスパとアぺに恋をする💛

  2. キアンティの小さな小さな珠玉の集落、「モンテフィオラッレ」

  3. フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選

  4. 無料なのに見所いっぱい!フィレンツェ・オンニッサンティ教会

  5. フィレンツェ郊外アウトレットで食べる「東南アジアの屋台の味」、W.O.K.!

  6. フィレンツェ北部の「ハムの館」、La Casa del Prosciutto

  1. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  2. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  3. イタリア版「洗たくマグちゃん」?1000回使える dmail の洗たくボール

    2019.12.05

  4. 年中無休?アッバディアのマルチェッリーナの不思議なお店「Pinzi P…

    2019.12.04

  5. フィレンツェが舞台!秋~冬スタートの連続TVドラマ2本!

    2019.12.03

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image