集まるとパワーアップするもの。それは、天然酵母と気の合う友人たち

昨年の12月にトスカーナ北部田舎暮らし仲間で忘年会をしたばかりですが、1か月も経たないうちに、今度はエミリア・ロマーニャとマルケの田舎に住む友人達も交えての新年会!それはもう、日本でしょ?トスカーナの山奥なんて冗談でしょ?と言わんばかりのお宝食材と料理に囲まれた素晴らしい新年会でした。というのも、ただ海外なのに和食ってだけでなく、全部手作り!

皆さん田舎暮らしで菜園やってたり、料理の先生だったり、もう私の田舎生活や手作り生活なんて屁のようなもん(失礼!)と思わざるを得ない面々。こんな手の込んだ、和食の伝統や素晴らしさが詰まってる料理、イタリア人には出せんわ!という(笑)、それぞれの魂がこもっております。

忘年会と同じく、美しい和食器の数々。そしてこちらも手作りゴマ豆腐・・・あ、何回も言いますけど、トスカーナの山奥ですよ(笑)

そしてTOP写真にもあったおでん!もちろん、練り物も厚揚げ豆腐もぜーんぶ自家製!!くーーーーイタリアでおでんが食べれるなんて、あり得ない!!練り物は私も教えてもらったので、家でもおでんやるぞーイェーイ!・・・で、私は何を持って行ったかって?バカンス明けすぐでおらが村から出られなかったのもあり、手作り品は一切なしだけど、秘蔵のブルネッロを・・・これが意外とおでんに合うのよ♥

そして、クリスマスのトスカーナ滞在のコーディネイトと通訳アテンドをさせて頂いた、長崎のお客様からのお土産・本場老舗のカステラ!他の味噌饅頭やらなんやらも、言わずもがな、ぜーんぶ手作り・・・お抹茶までたてて頂いてしまった!

さて、こんなに素晴らしい新年会ですが、お題は「天然酵母パン初窯」だったのです。

水車小屋で粉を挽き、天然酵母でパンを自宅の石窯で焼き続ける千穂さん。今日集まったメンバー全員が天然酵母パン愛好家なんです!到着時間がまちまちだったので、このパンは千穂さんの酵母で、1次発酵前からの作業を皆でわいわいやりました。あー楽しい!

そして、その他の4人はそれぞれに自分の天然酵母を持参・・・全て自家製ブドウから起こした酵母なのに、それぞれの育て方や使ってる小麦の種類で色や香りが違ってて、面白ーい!!酵母って違うのと混ぜると、より活性化するんですって。どの子も元気だけど、更にパワーアップ!?これを混ぜて、布巾に巻いて温水暖房の上にふとんにくるんでおくこと数時間・・・ゆるゆるだったフキンがぱっつんぱっつんになってきたら・・・

うわーーー、なんかホンマにパワーアップしている!!天然酵母を知らない人やさして興味ない人には、さっぱり何か分からないこの代物を、集まった5人はまるでアイドルのファンのように、黄色い声を出しながら写真をバシャバシャ撮りまくる(笑)。私たちって、今までの人生もキャラもバラバラなのに、集まるとなんかスゴイ異様なエネルギーの集合体、それは天然酵母と同じやんか。それぞれに、家庭も仕事もプライベートも、やりたい事を楽しんでやりまくってる人たちだから、本当に刺激になるし、力をもらえる。

そしてお土産は、焼いたパンと、水車小屋で挽いた古代小麦とふすまを細かくしたもの、そして合体酵母!これ、入れた時は瓶の半分くらいだったのに、帰った1時間半後にはもう倍に膨らんでいた!いや~パワー炸裂・・・私も酵母に負けてられんな。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 無料サービスを受ける基準と気を付けたいこと

  2. 大阪老舗の洋食屋さん「ネスパ」で、創作洋食を食す!

  3. 新オリーブオイルが来たら、「フェットゥンタ」!

  4. 日本じゅうにあふれる、イタリア語いろいろ

  5. 【我が家の食卓】ターキーのストラッチェッティ(パン粉焼き)

  6. お家でも、ランプレドット!!

  1. 今しか見れない景色を逃すな!おらが村の銀世界

    2019.01.24

  2. トレンティーノ・アルトアディジェ州「ヴィピテーノ」、イタリア最…

    2019.01.23

  3. 私が混乱した「トスカーナ弁」その2~非人称のトスカーナ的な使い方

    2019.01.22

  4. イタリアでお呼ばれした時、日曜のランチに出てくるこの包みは?

    2019.01.21

  5. イギリス紙「Times 日曜版」記事へのトスカーナ観光担当のコメント…

    2019.01.20

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image