チョコ好きにはたまらない!ボルツァーノ「LOACHER Point」

ボルツァーノに行った時にここが本社なのか!と知った全国区メーカーが2つありました。1つは家電メーカーの Miele(旧市街にショールーム&ショップがありました)、そしてこの、チョコレート&ウェハースメーカーの Loacher(ローカー)!ドゥオモのある広場でクリスマス・マーケットを見ている時、いつ調べたのか?ダンナが本店あるから行きたいと言い出し、ボルツァーノが本店なんや!と知った訳です。しかもメインのヴァルター広場、ドゥオモ寄りの広場角というこれでもかという超立地の良い場所・・・さすがに人もたくさん!

ローカーの始まりは1925年、アルフォンス・ローカーがここボルツァーノの旧市街に開けた、小さなお菓子屋さんでした。南東チロルの伝統的なお菓子をそのままに、たった90年で、今や日本をはじめ世界中に輸出されているワールドワイドなメーカーに!イタリア産のヘーゼルナッツのみを使用し、着色料・保存料・水素添加油脂不使用。安心して食べられる美味しいウェハース、チョコレートを中心とした製品を作り続けています。

代表的なのが、やはりこのウェハース。長い普通のクラッシックなタイプとは別に、この一口サイズのクアドラティーニ(ミニキューブ)が食べやすくて美味しいの!トスカーナではめったに見ないラズベリーとレモンクリーム発見!

チョコでくるんだこれは、製品自体トスカーナでは見たことないかも・・・こちらもラズベリー、そしてダークチョコなどいろんなタイプがありました。私は自分用に、このラズベリーと、容器欲しさに買ったこちら。

トルティーニ(ミニタルト)のセット。こちらもウェハースにチョココーディングしたものですが、形は丸いタルト形で見た目も可愛い。大小大きさが2種類あり、チョコの種類はオリジナルのミルク、それからダークチョコ・ホワイトチョコの3種類、これら6種が混ざったセットになっています。他にもお土産になりそうな、可愛い容器付きのものから、いろんな製品のバラが袋に詰まったお徳用セットまでいろいろ。

迷ったのはこちら、このほっこりするキャラクターイラストが入ったマグカップやグラス付きセット!マグはたくさんあるので、グラスを買って帰ればよかったなぁ・・・とちょっと後悔💦

ショップには、カフェも併設(というかカフェにショップが併設)。カウンターではリンゴパイ・ストゥルーデルなど、この地方のお菓子が数種あります。とってもオシャレなのが、この照明!

周りにぶら下げてあるのは、全て製品のウェハース!

お店はボルツァーノだけでなく、同じ州内ではトレント、またヴェローナやベルガモにもありますので、Loacher ファンの方、チョコ好きの方、簡単なお土産を探している方、ぜひ立ち寄ってみて下さいね。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Loacher Point、ボルツァーノWalter 広場店
Piazza Walther 11, Bolzano
Te l: +39-0471-053673

月~金、7:30 – 19:30
土、8:00 – 19:30
日、9:30 – 18:30

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェでオリーブオイルを買うなら、LA BOTTEGA DELL’OLIO

  2. イタリアで最古&最大!アレッツォのアンティーク市

  3. フィレンツェのボール・サンタ・マリア通りは、紳士服の激戦区!?

  4. 何かと使えるフィレンツェのバール「La Boulangerie Del Rifrullo」

  5. 優雅に食事を楽しめる、サンセポルクロのレストラン・ AL COCCIO

  6. ヴォルテッラのレストラン ~ Le Cantine del Palazzo

  1. シエナのパノラマポイント「マンジャの塔とファッチャトーネ」、ど…

    2019.04.21

  2. 分かっちゃいるけど「イラッ」となる、イタリアの製品3選

    2019.04.20

  3. 形のないものにお金を払う、幸せなひと時

    2019.04.19

  4. イタリアの学校の休み、1年のうちどれくらい!?

    2019.04.18

  5. シエナ南の「クレーテ・セネージ」、粘土質の大地が織りなす自然美…

    2019.04.17

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image