イタリアでお呼ばれした時、日曜のランチに出てくるこの包みは?

イタリアで友人宅などに食事に呼ばれた時に持ってくもの。日曜の家族ランチに、お父さんが奮発して持って帰ってくるもの。こんな感じに紙に包まれて、リボンで結んであるコレ、一体なんでしょう?

それは、 Pasticcini パスティッチ―二!

パスティッチ―二を訳すと、小さなお菓子、ミニシュークリームやミニタルト、クッキーなど。イタリアのお菓子屋さんでは、こんな風にズラーっとショーケースに並んでいます。だいたい何人分かを答えてトレイを選んでもらい、そこに好きなパスティッチ―二を入れて、包んでもらいます。気の知れた友人なら手作りお菓子ももちろんアリですが、ちょっと目上の方だたたり、それほど親しくなかっり、急に誘われた時なんかは、パスティッチ―二の詰め合わせを持っていくのはよくあるパターン。

今回は、次男が日曜のランチから友人宅にお呼ばれしたから。しかも予定が変わったとかで、友人宅でなく友人のおばあちゃん宅になったものだから、ダンナに買ってきてもらいました。上の包みは、次男に持たせたのとは別で、自分たちで食べる用にも買ってきてくれたやつ~ナイス★ダンナ。

厚紙をドーム型にして、上のクリームが直接紙がつかないように、細かい配慮!次男に持たせたのは一口サイズのパスティッチ―二だったそうですが、我が家用は大き目のタルトやケーキ5種・・・3人やから3種でよかったのに、3でも6でもなくなぜ5つだったのかはよく分かりませんが💦

ダンナが選んだのは、こんな5種類!待ちきれず出した、長男の手で大きさが分かって頂けると思います。幸い好みがかぶらず、ダンナは左上のクリームにチョコがけしたタルト、私はその横のリコッタのスフォリアテッラ、チョコラ―な長男はやっぱり右下のチョコケーキ。

食べながらダンナとも話してたんですが、舅がよくパスティッチ―二を日曜のランチに買ってきてくれたんですよね~彼は敬虔なクリスティアンで、日曜のミサに出た後、教会前にあるパスティッチェリーアでよくパスティッチ―二を買ってきてくれました。私とダンナが知り合った頃、すでにダンナは1人暮らしをしていたので、1か月に2回くらいは日曜ランチに行っていたのです。私たちが行かない時は買って帰って来てたかは定かでないですが、元々オシャレだった舅は必ずジャケットを着て、脇に新聞を挟み、この包みを持って帰ってくる・・・その姿を思い出しました。

さて、残りの2つは、誰が食べるんでしょうねぇ( ̄▽ ̄)

関連記事

  1. 次男の「初聖体拝領式」・教会編

  2. イタリアの野菜は、クッタクタに茹でる

  3. 【東京イタリアロマ会】圧巻のコテコテロマーニャ&トスカーナ料理@ペペロッソさん

  4. 自立の遅いイタリアン男児の、最初の第一歩!

  5. 2018年・トスカーナ料理とトスカーナを語る会、メニュー解説=セコンド

  6. いくら写真で見ていても、リアルで見ないと分からない

  1. 3か月と2日ぶりの学校が始まった!・・・が!Σ( ̄ロ ̄lll)

    2019.09.17

  2. カスティリオーネ・アッラ・ペスカイアのオシャレな人気レストラン…

    2019.09.16

  3. マレンマのハイソな港町「カスティリオーネ・アッラ・ペスカイア」

    2019.09.15

  4. かつてはだんだん小さくなって、今度はだんだん大きくなってるもの

    2019.09.14

  5. 突然すぎる、辛いお別れ

    2019.09.13

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image