イタリアでお呼ばれした時、日曜のランチに出てくるこの包みは?

イタリアで友人宅などに食事に呼ばれた時に持ってくもの。日曜の家族ランチに、お父さんが奮発して持って帰ってくるもの。こんな感じに紙に包まれて、リボンで結んであるコレ、一体なんでしょう?

それは、 Pasticcini パスティッチ―二!

パスティッチ―二を訳すと、小さなお菓子、ミニシュークリームやミニタルト、クッキーなど。イタリアのお菓子屋さんでは、こんな風にズラーっとショーケースに並んでいます。だいたい何人分かを答えてトレイを選んでもらい、そこに好きなパスティッチ―二を入れて、包んでもらいます。気の知れた友人なら手作りお菓子ももちろんアリですが、ちょっと目上の方だたたり、それほど親しくなかっり、急に誘われた時なんかは、パスティッチ―二の詰め合わせを持っていくのはよくあるパターン。

今回は、次男が日曜のランチから友人宅にお呼ばれしたから。しかも予定が変わったとかで、友人宅でなく友人のおばあちゃん宅になったものだから、ダンナに買ってきてもらいました。上の包みは、次男に持たせたのとは別で、自分たちで食べる用にも買ってきてくれたやつ~ナイス★ダンナ。

厚紙をドーム型にして、上のクリームが直接紙がつかないように、細かい配慮!次男に持たせたのは一口サイズのパスティッチ―二だったそうですが、我が家用は大き目のタルトやケーキ5種・・・3人やから3種でよかったのに、3でも6でもなくなぜ5つだったのかはよく分かりませんが💦

ダンナが選んだのは、こんな5種類!待ちきれず出した、長男の手で大きさが分かって頂けると思います。幸い好みがかぶらず、ダンナは左上のクリームにチョコがけしたタルト、私はその横のリコッタのスフォリアテッラ、チョコラ―な長男はやっぱり右下のチョコケーキ。

食べながらダンナとも話してたんですが、舅がよくパスティッチ―二を日曜のランチに買ってきてくれたんですよね~彼は敬虔なクリスティアンで、日曜のミサに出た後、教会前にあるパスティッチェリーアでよくパスティッチ―二を買ってきてくれました。私とダンナが知り合った頃、すでにダンナは1人暮らしをしていたので、1か月に2回くらいは日曜ランチに行っていたのです。私たちが行かない時は買って帰って来てたかは定かでないですが、元々オシャレだった舅は必ずジャケットを着て、脇に新聞を挟み、この包みを持って帰ってくる・・・その姿を思い出しました。

さて、残りの2つは、誰が食べるんでしょうねぇ( ̄▽ ̄)

関連記事

  1. イタリア版「洗たくマグちゃん」?1000回使える dmail の洗たくボール

  2. 黄色と緑がまぶしくて、美しくて・・・春のオルチャ渓谷はやっぱり最高でした

  3. おじいちゃんの器で頂く新スープ「スーラータン」

  4. 形のないものにお金を払う、幸せなひと時

  5. イタリアに帰って来たらすぐ、食べたいイタリア料理とは?

  6. 今だからシミジミ分かる、日本人友のありがたさ

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image