私が混乱した「トスカーナ弁」その2~非人称のトスカーナ的な使い方

「COSOとCOSARE」に続く第二弾は、これぞトスカーナの話し言葉の王道!?そしてちょうどイタリア語中級くらいの方(まさに当時の私)にはめちゃくちゃ混乱する言い方です(笑)。イタリア語では、「イタリアでははパスタをよく食べる = In Italia si magia spesso la pasta」とか、一般的なことを言う時に使うのが非人称=3人称単数現在形の動詞の前にSI をつける言い方があります。が、トスカーナでは、非人称でなく違う使い方をめっちゃ頻繁にふっつーに使うのです。

まさにそれを学校で習っている時、出かける準備してるとダンナ(当時彼氏)に

「Si va?」

と言われ、頭がグルグルグルグル・・・まず、「シヴァ」なんて単語あったっけ?と考えてみたもののそんなもんないし、えええ、何?と聞き返したら、「Si va?…andiamo!? = 行こうか?」・・・う、うん、行こう、行こう・・・で、シヴァは一体何なん?と聞くと、「Andiamo (andare = 行く、の一人称複数=私たちの活用)のことだよ」え、そういう、1つの単語があんの!?「違う違う!」、じゃあ、何――!?「Si に andare の va  (三人称単数の活用を)だよ」え?それは非人称でしょ?なんで私たちなのにそうなるの?「そう言うんだよ、トスカーナでは!」・・・ま、何でと言われても、方言なんてそんなもんなんでしょうが、文法的にはなんて意味不明な言い方なんでしょうか!?

ただし、全部の「私たち」の文に非人称が使われるわけではありません。いくつかの動詞において言い回しとして定着している、といった感じでしょうか。よく使うのは Si va を始めとした移動系(Si parte = 出発する, Si torna = 帰る)、飲食系(Si mangia = 食べる、Si beve = 飲む)、遊ぶ(Si gioca)、買う(Si compra)など・・・くらいかなぁ。そして、更にややこしいのに、よく使うのが再帰動詞の一人称複数にも、このトスカーナ弁法則を適応します。例えば・・・

「Ci si vede!」

標準イタリア語なら、「Ci vediamo! = またね(また会おうね)」のこと。ね、なんのこっちゃサッパリ分からんでしょ。これはたくさんはないですが、他によく使う言い方としては、Ci si sente(連絡取り合う)、これなんて頻繁に会ったり話したりする人とは「じゃあ、チーシー(ci si sente=連絡取り合おう)ね!」とか短縮までしちゃう(笑)。

この非人称トスカーナ的言い回しが普通に使えたら、あなたも立派なトスカーナ人!でも他の州で使ってしまうと、「何言ってんだコイツ」と思われかねませんので、ご注意を~!

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 【我が家の食卓】セージをたんまり使った鶏肉料理

  2. やるべきことを忘れずに、その日にやってしまえる方法

  3. 「バジルソース」は、松の実じゃなくってもいいんです

  4. 時間ができると、やたらめったらやってしまうこと

  5. 2018年・今年のオリーブの状況は?

  6. 【レポート】第三回・トスカーナ料理ディナーとトスカーナを語る会

  1. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  2. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  3. イタリア版「洗たくマグちゃん」?1000回使える dmail の洗たくボール

    2019.12.05

  4. 年中無休?アッバディアのマルチェッリーナの不思議なお店「Pinzi P…

    2019.12.04

  5. フィレンツェが舞台!秋~冬スタートの連続TVドラマ2本!

    2019.12.03

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image