トレンティーノ・アルトアディジェ州「ヴィピテーノ」、イタリア最北端の「イタリアの美しい村」

イタリア北部の州、トレンティーノ・アルトアディジェ州の中でも、オーストリア国境近くにある小さな村が、このヴィピテーノ。「イタリアの最も美しい村」に選ばれていますが、現在280カ所ほどある村の中で、ここヴィピテーノは最北端の村になります。ヴィピテーノがあるボルツァーノ県の公用語はイタリア語とドイツ語!ボルツァーノではイタリア語・ドイツ語の割合は半々くらいのイメージですが、ヴィピテーノまで来ると一気にドイツ語寄りに!もちろん相手がイタリア人と分かるとイタリア語ですが、地元民同志ではドイツ語のようでした。

そんなヴィピテーノの旧市街はとっても小さい。そして、イタリアでなく外国情緒満点・・・チロル風の村です。私たちは近郊の山でスキーに来ていたため、ヴィピテーノに来たのは夜。ちょうどクリスマスシーズン(11月末~1月6日)だったため、メインの広場にはクリスマス・マーケットが、そして村中が美しいイルミネーションで飾られていて、まさにおとぎの世界!

メインの広場は、クリスマス・マーケットが開かれるチッタ広場。そしてこの広場の南西にある時計のある塔を挟んで、メインストリートが並びます。北側が旧市街通り、南側が新市街通り。今はその境ははっきりしていませんが、昔の村の入り口は、まさにこの塔だったのでしょうね。この塔の建設は中世のもの。上に上ることもでき、クリスマスシーズンはプレゼーペ(キリスト誕生のジオラマ)も展示されていますが、上からの眺めもプレゼーペも期待はずれだったので、塔の構造が見たい!という人以外は上らなくて良いと思います。

これは旧市街通りから見た塔。村のシンボルである塔は、遠くから見ても分かるように輪郭がイルミネーションされえいて一際存在感がありました。旧市街通りはやはり味のある建物が多く、出窓やアイアンの看板などがっても可愛らしく、全部写真に撮ってしまいたいくらい。

村の散策だけなら30分もかからなったですが、クリスマス・マーケットがあるとまた別。ここで男性陣は遅めのおやつを食べ(長男でかでかパニーノ食べてますが)、私はホットワインを・・・カップの保証金2ユーロかかるのビックリしたけど、確かに持って帰りたくなるくらい可愛かった!

マーケットもそれほど大きくないですが、やはり見て歩くのはとても楽しい~クリスマス系雑貨、チョコレート、あったか系雑貨(毛布やモコモコスリッパ)、チロル風雑貨など、お菓子、雑貨が好きな人にはたまりません!

また、ヴィピテーノ旧市街の北側、の目と鼻の先に、ロープウェーステーションが・・・なんと、そこから直接モンテ・カヴァッロスキー場にアクセスできるのです!ここまで村とスキー場が近いなんて、さすが北部~!村に滞在しながらスキー、ってのも、ヴィピテーノなら可能ですよ。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

【観光協会】
Vipiteno 観光協会
ツーリスト・インフォメーションは、チッタ広場の北東の角にあります。

【行き方】
ボローニャ中央駅から直通電車またはヴェローナ・ポルタヌォーヴァ駅乗り換えで4時間前後、ヴェローナ・ポルタヌォーヴァ駅から直通電車またはボルツァ―ノ乗り換えで3時間前後、ボルツァーノからは直通電車で約1時間。ヴィピテーノ駅から旧市街までは徒歩10分。電車の乗り方などについては、こちらを参照ください

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. クリスマス・マーケットだけじゃない!異国情緒ただよう「ボルツァーノ」

  2. オルチャ渓谷の高みにぽっかり浮かぶ村、ラディコーファニ

  3. スヴェレート、海の香漂うおだやかな「イタリアで最も美しい村」

  4. キアンティの小さな小さな珠玉の集落、「モンテフィオラッレ」

  5. オルチャ渓谷の世界遺産の村、ピエンツァ

  6. 「コッレ・ヴァル・デルザ」、フィレンツェ&シエナから行きやすい穴場の小さな村

  1. シエナのパノラマポイント「マンジャの塔とファッチャトーネ」、ど…

    2019.04.21

  2. 分かっちゃいるけど「イラッ」となる、イタリアの製品3選

    2019.04.20

  3. 形のないものにお金を払う、幸せなひと時

    2019.04.19

  4. イタリアの学校の休み、1年のうちどれくらい!?

    2019.04.18

  5. シエナ南の「クレーテ・セネージ」、粘土質の大地が織りなす自然美…

    2019.04.17

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image