イタリアはしゃべってなんぼ、の国である~日本人的な長男の学校面談より

タイトルは意訳だけど、先月の中ニの長男のイタリア語の先生との面談で言われた言葉。

イタリアでは話す人、話せる人が優位である。勉強してなくて知識がなかったとしても、しゃべりがうまくてカバーできれば、それで高得点を取れる。逆に勉強して知識はたくさんあるのに、それをうまくしゃべれなければ、勉強してなくてもしゃべりがうまい人より低い点数になる。イタリアは昔から修辞学の国、修辞学は言い過ぎだけど、良くも悪くも、やっぱり話すことに重きをおく国なんですよ。

うちの長男は、まさに後者。勉強して知識はあるのに話すことが苦手。話す以前に、文章を書くことも苦手だし、口頭なんてもっとダメ。授業中のちょっとした口頭の回答や、発表なども詰まってしまうタイプである。筆記は良いし、彼が勉強して知識があることは認めているだけに、先生も私もとても残念に思う・・・これってやっぱり、日本的DNAをひいているのかな?

とか言いつつ、この長男の性格はダンナにそっくりらしい。姑は昔から「こういうところはお父さんそっくりね!」「昔の彼を思い出すわ!」と嬉しそうに言うけれど、ああ、じゃあ昔はダンナもそれなりに苦労したのかな、と思う。そして一方私は、筆記よりも口頭だとか、発表の方が得意~日本で口頭試験など一度もしたことはないけれど、イタリア留学して語学学校でも口頭試験があったのに驚きつつも、嫌いではなかった。どころか、口頭試験の時に、「日本の生徒は皆、筆記は得意だけど口頭が苦手、逆はアナタくらいしか見たことない」と言われた(苦笑)。それは関西人、というか、ただおしゃべりの性格のおかげなのか、本番(緊張)に強いからなのか。ともあれそんな私でも、留学当初はしゃべれないせいで悔しい思いもたくさんしたし、実生活、そして通訳を仕事にするようになってからは、この「イタリアはしゃべってなんぼの国」、の意味が身に染みてよく分かる。黙っていること、場を読むこと、謙虚なことは美徳とされない。話さないと分かってもらえない、放っておかれる。ヘタすると、実害的に損もしてしまう。

日本人的な部分をイタリア人の父から遺伝し、おしゃべりの日本人母から受け継がなかった長男・・・イタリアで生きていくにはもっとしゃべろう。自己主張しよう。もちろんそれだけで人間的な評価が下がるわけではないけれど、やっぱりイタリアは「しゃべってなんぼ」の国だからね。

イタリア旅行ランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

  1. バッボに突きつける、長男の初めての「NO」

  2. 我が家の桜も、ついに開花!

  3. 【レポート】第三回・トスカーナ料理ディナーとトスカーナを語る会

  4. 続けるためには、やはりモチベーションが大事

  5. 今でも鮮明に思い出す、留学直後に慣れずに困ったことは?

  6. 日本にはない?イタリアの中学校の教科その3・Storia dell’Arte

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image