【レポート】2月は出産の季節~おらが村の料理教室で、生まれたての子ヤギに会えます!

一昨日は、おらが村の「ダニエーラの料理教室」でした。12月に続き、冬でもリクエストを頂いて嬉しい限り・・・田舎滞在はやはり春~秋が人気なのですが、この2月に来ていただいたからこそ、見られるものがあります!そう、それがヤギの赤ちゃん!!も、もう可愛すぎて卒倒しそうです・・・

イオランダばーちゃんにホレ!と小屋から出されて、他の大人ヤギに洗礼?を受ける子ヤギちゃん・・・この子は双子、あともう1頭、全部で3頭生まれたのよ~とダニエーラ。もう1頭は‘1頭だけで生まれてきたのですが、とにかくデカくてすでにモンターニャ(山)と名付けられました。

双子の片われは、うっすらベージュ&目にブチが。双子同士のじゃれ合い・・・何もかもが可愛い!

お乳はどんなもんだい!?とイオランダばーちゃんにおっぱいをパチッと叩かれて(苦笑)、出てきたお母さん。そしたら必死でお乳を飲みに行く双子ちゃん・・・メロメロ~・・・あれ、3頭全部外にいるのに、小屋の奥に黒いのがいるよ?いや?さらにもう1頭いるような?

この子たちは夜に生まれたんだよ~朝私が来たら生まれててね、ヒャッヒャッヒャッ、とイオランダばーちゃん。生まれて1日経っているか経っていないかの赤ちゃん、まだ毛もねっとりしてて、立つのもフラフラで・・・それでも必死に歩こうとしてて・・・やっぱり自然界で生きていくためにはスパルタ(笑)。

料理教室は、「かならず日本で再現できるお料理」ということで、相談の上で手打ちパスタは行わず、日本にある材料でできるブロッコリー&アンチョビ、ポルチーニのパスタソース2種、鶏肉好きな母娘さんのために自家製鶏を冷凍庫から出してもらい、狩人風の煮込みにしました。これまでも多くの方に言われたように、「え?たったコレだけなんですか?こんなんでこんなに美味しくなるんですか?」「鶏肉じゃないようなしっかりとしたお肉!!」ここの鶏たち、囲われてはいますが、広くてアップダウンのある土地に放し飼いなので、筋肉隆々なのです。

そしてメインが終わった後も、あらかじめダニエーラが作っておいてくれた生クリームのジェラート&メレンゲのケーキ、自家製ジャム入りビスコッティ、そして恒例の野草や自家製フルーツのリキュール各種、エスプレッソ、とエンドレス?な内容で、心もお腹もいっぱいになりました!

お料理教室は基本的に通年いつでも(ただし平日は夜のみ、週末は要相談)受け付けています。自然のこと&ご家族の都合もあるので‘100%はお約束できませんが、

などもお楽しみいただけます!
お子さん連れの方も、もちろん大歓迎(レポート)!大人から子供まで料理、動物、各種体験、自然の中での暮らしを体験して頂けますよ。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. キアンティの小さな村、ブドウ畑が見えるアパートと料理教室

  2. フィレンツェ北部の「ハムの館」、La Casa del Prosciutto

  3. シエーヴェ渓谷「超地域限定」のサルシッチャ・バルディッチョ

  4. フィレンツェのパニーノ屋「Da’ Vinattieri」で、ランプレドットもパニーノも同時に楽しむ!

  5. ジリオ島のメインのビーチ・カンペーゼ

  6. 受け継がれた伝統が、終わりを迎える時~おらが村の「石臼搾油所」の終焉

  1. メインにも、付け合せにも!白いんげん豆のウッチェッレット

    2019.10.18

  2. トスカーナ北部の田舎で「自然農法」農家視察プログラム

    2019.10.17

  3. 「作り置き」と「書き溜め」は、兼業主婦ブロガーを救う!笑

    2019.10.16

  4. フィレンツェのレストラン「LA TANA」、日本語でお得なランチセット…

    2019.10.15

  5. 足して2で割ってほしい、息子たちの友達付き合い

    2019.10.14

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image