【我が家の食卓】余ったボッリートを美味しく&無駄なく食べる「フランチェジーナ」

ボッリートをたくさん作って余り過ぎたら・・・もちろんまた温めてボッリートとして食べても良いのですが、その日の晩、または翌日にアレンジ料理をしてしまいましょう!イタリア全土では、「ボッリート・リファット(=やり直したボッリート)」と呼ばれるのですが、トスカーナでは「フランチェジーナ」と呼ばれるんです。こんな風に余ってしまった肉の残骸・・・それをリメイク・・・という残り物を食べるというちょっと質素な料理のため、そうとは聞こえないようなオシャレな名前にしたらししです。やっぱイタリア人からしたら、フランスはオシャレなのかなぁ(フランチェジーナ=フランス人の女の子、という意味)。一般的なレシピは残った肉だけを使いますが、私は一緒に茹でた香味野菜も全部使っちゃいます。もちろんスープもボトルに入れて冷凍・・・無駄なく美味しく!

材料

◎ボッリートで残った肉、香味野菜、スープ ◎オリーブオイル・白ワイン・トマトピューレ・塩、適量

作り方

1)香味野菜をみじん切りにし、オリーブオイルをたっぷりひいたフライパンで炒める

2)一口サイズに切った肉を1)に追加し、軽く炒める

3)2)に白ワインを入れ、フランベさせる

4)3)にトマトピューレを入れ、煮込む。水分が減ってきたら、ボッリートのスープを少しづつ足し、煮込む

5)ソースがこってり、野菜がとろけるような感じになったら、塩で味を調整して出来上がり!

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 春の訪れを感じるアグレッティ、今年はパスタ以外にも使ってみた

  2. トマト好きにはたまらない!夏のトスカーナ料理の定番、パッパ・アル・ポモド―ロ

  3. 9月のフィレンツェのお楽しみ!ぶどうのスキアッチャータ

  4. 時間つぶしに・・・おらが村朝さんぽ

  5. シエーヴェ渓谷「超地域限定」のサルシッチャ・バルディッチョ

  6. 我が家の桜も、ついに開花!

  1. シエナのパノラマポイント「マンジャの塔とファッチャトーネ」、ど…

    2019.04.21

  2. 分かっちゃいるけど「イラッ」となる、イタリアの製品3選

    2019.04.20

  3. 形のないものにお金を払う、幸せなひと時

    2019.04.19

  4. イタリアの学校の休み、1年のうちどれくらい!?

    2019.04.18

  5. シエナ南の「クレーテ・セネージ」、粘土質の大地が織りなす自然美…

    2019.04.17

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image