【我が家の食卓】余ったボッリートを美味しく&無駄なく食べる「フランチェジーナ」

ボッリートをたくさん作って余り過ぎたら・・・もちろんまた温めてボッリートとして食べても良いのですが、その日の晩、または翌日にアレンジ料理をしてしまいましょう!イタリア全土では、「ボッリート・リファット(=やり直したボッリート)」と呼ばれるのですが、トスカーナでは「フランチェジーナ」と呼ばれるんです。こんな風に余ってしまった肉の残骸・・・それをリメイク・・・という残り物を食べるというちょっと質素な料理のため、そうとは聞こえないようなオシャレな名前にしたらししです。やっぱイタリア人からしたら、フランスはオシャレなのかなぁ(フランチェジーナ=フランス人の女の子、という意味)。一般的なレシピは残った肉だけを使いますが、私は一緒に茹でた香味野菜も全部使っちゃいます。もちろんスープもボトルに入れて冷凍・・・無駄なく美味しく!

材料

◎ボッリートで残った肉、香味野菜、スープ ◎オリーブオイル・白ワイン・トマトピューレ・塩、適量

作り方

1)香味野菜をみじん切りにし、オリーブオイルをたっぷりひいたフライパンで炒める

2)一口サイズに切った肉を1)に追加し、軽く炒める

3)2)に白ワインを入れ、フランベさせる

4)3)にトマトピューレを入れ、煮込む。水分が減ってきたら、ボッリートのスープを少しづつ足し、煮込む

5)ソースがこってり、野菜がとろけるような感じになったら、塩で味を調整して出来上がり!

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 【我が家の食卓】春夏の定番!ズッキーニのミント風オイル漬

  2. おらが村の特産白桃「ロンダの女王」が、遂にジュースになった!

  3. 渋柿を柔らかくする方法

  4. 91才の私のおばあちゃんが、こんなに元気な理由

  5. 自家製味噌、遅まきながらの「天地返し」

  6. 2018年・今年のオリーブの状況は?

  1. メインにも、付け合せにも!白いんげん豆のウッチェッレット

    2019.10.18

  2. トスカーナ北部の田舎で「自然農法」農家視察プログラム

    2019.10.17

  3. 「作り置き」と「書き溜め」は、兼業主婦ブロガーを救う!笑

    2019.10.16

  4. フィレンツェのレストラン「LA TANA」、日本語でお得なランチセット…

    2019.10.15

  5. 足して2で割ってほしい、息子たちの友達付き合い

    2019.10.14

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image