フィレンツェのバール「キアーロスクーロ」で、手早くランチ&変わり種エスプレッソを

お店の入れ替わりが少なくないフィレンツェで、留学時代からお世話になっているバール「Chiaroscuro(キアーロスク―ロ)」、今年で開店からちょうど20周年を迎えるそうです。母体は70年近い歴史を持つフィレンツェのコーヒーの会社・Torrefazione Mokaflor社。便利な場所にあり、お茶に、ランチに、そしてアペリティーヴォのハッピーアワーに、いろいろと使えるお店です。Buonipasto が使えて早いので、最近はランチに寄る比率が多いです。入ってすぐ、カウンターにずらりと並ぶのが本日のメニュー。

バールでのランチの定番?パニーノもあれば

ボリュームたっぷりのサラダ、スペルト小麦のサラダ、ハムとチーズの盛り合わせなど、そのまま食べれられるものから

パスタ、リゾット、肉系のおかず、温野菜などもズラリ・・・こういう形式でランチを出すお店の中では、かなりバリエーションは多い方!温かくして食べるものは、電子レンジで温めてくれますよ。これらの料理は総菜仕入れとかでなく、ちゃんとオーナー夫妻が作っているそうです。見てある程度分かる&指差しでオーダーできるので、観光客にも分かりやすい~オーダーした後は、奥のテーブル席に座りましょう。

飲み物は、料理を運んでくれる時にスタッフが聞いてくれ、こんな風に印のついたオーダーシートを持ってきてくれます。

料理のカテゴリー(プリモ、セコンド1、セコンド2、野菜、水など)ごとのほぼ均一価格で、頼んだものに印がついていますので、お会計はこの紙をレジに持っていくだけでOK。

私は好物のファッロのサラダ。これだけではちょっと足りないかなーって時は、野菜やブルスケッタを足すことが多いです。

ここのもう1つの売りは、コーヒー、世界のお茶のバリエーションがすごく多いこと!ダージリンやアールグレイなどから、インド、中国などのお茶もそろってます。そしてコーヒー豆もいろんなものを揃えていて、豆、ひいた粉も販売しているほど。しかし、私のお気に入りはなんといっても、「変わり種エスプレッソ」

ヘーゼルナッツクリーム入り、チョコレート入り、生クリーム乗せ、リキュール入り・・・普通のエスプレッソに飽きたら、ぜひここで変わり種をいろいろ飲んでみましょう。

そして冬は、やっぱりホットチョコレート!しゃばしゃばのホットチョコレートを出すところもありますが、ここのはこってり目・生クリームも山盛り!!この1杯で、幸せになること間違いなし!

そして、夕方18時からは「ハッピーアワー」

一律9ユーロでアペリティーヴォ(食前酒)をオーダーしたら、おつまみ・軽食ブッフェが食べ放題!他のバールもやってますが、ここは種類も豊富で美味しい・・・これで余裕で夕食にもなります!

ちなみに、入ってすぐカウンター前のミニテーブルとベンチは、席料がかかりません。新聞もあるので、ここでまったりしている常連さんも多し。手早くならカウンターで立ち飲み、空いていればこのスペースへ、ランチやゆったりおしゃべりを楽しみたい方は、奥のテーブル席へ行きましょう。朝ごはんからランチ、アペリまで、いろんな種類の飲み物と食べ物、感じのいいスタッフ・・・いろんな新しい・オシャレなバールもできていますが、やっぱり私が思う安定感No.1のバールはここかな。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Chiaroscuro
Via del Corso, 36/r
Tel : +39-055-214247

毎日営業、7:30 – 21:30

イタリア旅行ランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

  1. フィレンツェ郊外の町・インプルネータで有名なものは?

  2. フィレンツェ北部の「ハムの館」、La Casa del Prosciutto

  3. スヴェレート近郊B&B「ベルヴェデーレ」、おとぎの村で極上のトルテッリを食す

  4. フィレンツェの小さな本屋さん「TODO MODO」で、本に囲まれてランチ!

  5. HARIBO好きは卒倒?初めてのHARIBOアウトレット!

  6. バルディー二庭園には行けなくても!おらが村で満開の藤を堪能

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image