アルテ・ポーヴェラ~トスカーナの古き良きカントリースタイル

Arte Povera = 貧しい芸術」ってご存知ですか?Wikipediaによると・・・

アルテ・ポーヴェラは、イタリア人の美術評論家、キュレーターであるジェルマーノ・チェラントが1967年に企画した「アルテ・ポーヴェラ、Im空間」展において命名された、1960年代後半のイタリアの先端的な美術運動。・・・絵具やキャンバス、粘土やブロンズなどの、伝統的な美術の画材を放棄して、生の工業的な素材や自然の石や木などを、あまり加工せずに用いる傾向がみられる。

私は美術運動の名前だとは知らず、てっきりトスカーナの昔ながらのインテリアスタイルのことだと思っていました。とはいえ、それも間違いでなく、アルテ・ポーヴェラという名前のトスカーナ風カントリースタイルの家家具屋さんもあり、実際、ピエンツァのアグリツーリズモで内装の話をした時も、「アルテ・ポーヴェラだね」、とラウラも言っていました。上記のWikiの記述と同じで、自然の石や木などをあまり加工せずに用いたものが多いのです。

今回はフルアテンドだったので、ピエンツァのアグリツーリズモに私も初めて「宿泊」しました!こうして見ると、すんごいオッサレーな感じがするんだけど、よくよく見ると・・・

うちのばーちゃん家の暖炉周りと、ほぼ同じオブジェだし(笑)

昔から代々使われてきた家具は、今使う人にもなじむ、懐かしい気分になるものばかり。大量生産の既製品にはない味わいです。

そして、このベッドサイドの家具が、まさにばーちゃん家や親戚のおばさん家と同じ!!トップが木製でなく、石なのです。そしてその上には、レース編みの小さなクロス・・・これ、昔はばーちゃんも、ばーちゃん村のおばさんたちも、皆庭先のいすに座って延々と編んでいた姿を思い出します。マンマも一式作ってもらっていたので、昔は山の女性のお嫁入り道具だったのかもしれません。太い糸から細かいものまで・・・TOP写真はばーちゃん作のテーブルクロスで、真ん中には透かしの入った刺繍、縁は全て繊細なレース編みになっています。私も数点ばーちゃんにもらったもの、勿体なくて使えていない・・・使ってなんぼの、ばーちゃん手作りの一品。パスタ作りは受け継げても、これは難しいですが、使うことで受け継いでいきたいと思います。

ピエンツァのアグリツーリズモだけでなく、おらが村の休暇の家のダブルルームも、「アルテ・ポーヴェラ」のインテリアです。

イタリア旅行ランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

  1. 大阪・心斎橋「IL SOLE ROSSO」で、本場ナポリのピッツァを食す!

  2. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

  3. 今に役立つ!日本のプチブラック企業で得た5つのスキル

  4. あずきと酢味噌と蜜蝋ラップ

  5. イタリア料理を最後まで美味しく食べる極意!「スカルペッタ」

  6. 自分に足りないところは、補ってもらえばいい

  1. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  2. イタリア版「洗たくマグちゃん」?1000回使える dmail の洗たくボール

    2019.12.05

  3. 年中無休?アッバディアのマルチェッリーナの不思議なお店「Pinzi P…

    2019.12.04

  4. フィレンツェが舞台!秋~冬スタートの連続TVドラマ2本!

    2019.12.03

  5. 連係プレーなし!患者が動きまくるイタリアの医療(重篤でない場合)

    2019.12.02

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image