今に役立つ!日本のプチブラック企業で得た5つのスキル

私は4年制大学卒業後、某上場企業メーカーに総合職として約5年勤務していました。今だから言えますが、その会社がプチブラック(爆)。まぁ悲しいかな、日本の会社ではそれなりに普通?サービス残業・週末出勤当たり前、有休消化できないの当たり前、男女格差当たり前、バカな上司の言いなりも当たりまえ・・・え、プチじゃないって?そんな会社での5年間は、まぁいろいろありましたが、今になってこの時に得たスキルが今の仕事に役立ってる、と思うことがあります。それは

  1. 行程を組むこと
  2. 行程通りに進むための段どり
  3. 優先順位をきめること
  4. 危機対応能力
  5. 紙媒体制作の知識

仕事は一貫して宣伝課、主な仕事はカタログなどの販促物の制作管理業務でした。自社製品の販促物の改訂と新規制作を内外部のスタッフと連携を取りながら進めていく、格好よく言えばコーディネイター?とはいえ、校正とか価格計算とか事務的な作業も膨大で、とにかく幅の広い仕事だったゆえ、今とは全く関係ない仕事に見えて、とにかく何もかもが今に生きている気がします。

1の行程組みは、まさに旅のコーディネイトはもちろん、商談の企業巡りや、取材・視察先巡りの骨組みに。2の段取りは、その為のアポ取りや資料招集、交通機関や宿泊の予約に。3は、限られた条件の中で全てクリアするのが理想ですが、そうでない場合、何を優先して進めるかを決めておくこと。4は、社長や会長の「鶴の一言」で状況が一変してしまった時、試作品が撮影に間に合わなかった時などのとっさの対応能力~こんな状況になってしまった場合、3の優先順位がとても生きてきます。そしてこれは、仕事もそうですが、イタリアの電車の遅延とか、生活上でもすごく役立った&ますます鍛えられているっていう(爆)。こう書いてみると、これらのスキルって、どんな仕事にでも、もしかしたら生き方そのものにも通じるかしれませんね

で、5の紙媒体の制作の知識、ですが・・・アナログからデジタルに変わり、私が仕事をしていた当時の版下やポジはとうになくなり、印刷方法も変わってしまったとしても、これを作る時に大いに役立ちました。

私個人の活動冊子・セルフマガジン。2年前に作ってただ今改訂版、いや全く違う冊子を企画中です。ページ構成書いてるとき、いやー懐かしい!がこみ上げてしまった。あんなプチブラックだったのに、懐かしくてジーンってくるなんて当時は思ってもみなかったよ(苦笑)。てとで、新冊子は6月半ばに完成&配布予定、完成したら告知しますので、よろしくお願いします!

※写真のセルフマガジン第一号は、日本の設置店で手に取ってお持ち帰りいただけます!

イタリア旅行ランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

  1. 今年の日本帰省で、初めて食べたパスタ&初めて作ったパスタ

  2. イタリアン姑と上手に付き合う方法(私の場合)。

  3. 【レポート】イタリア(ピストイア、レッジョ、その他)で幼児教育の現場視察、コーディネイト・通訳

  4. アーティチョークは、こんな風になっています

  5. 日本にはない?イタリアの中学校の教科その5・第二外国語

  6. 家族4人で行ってみた、アテネのおススメレストラン3店!

Copyrighted Image