インスタ映えなんてクソくらえ!な(笑)、トスカーナの美味しいもの

SNSで情報探しや発信、交流・・・きれいな写真はいいね!がたくさんつくので、「インスタ映え」なる言葉もできるほど。それゆえ、みな写真映えするスポットや料理を探し求め・・・まずが、トスカーナの美味しいものって、ほんと地味(苦笑)。郷土料理の大半が茶系だし、そして美味しい所であればあるほど、真っ白のお皿や銀のトレイにドーン!と盛り付けただけ、のシンプルさなのです。これは、昨年お越しになったイタリアンシェフのお客様が「インスタ映えしない料理ぱっかり」、とつぶやいていたのですが、確かに思い返すと、写真を見返すと、まぁインスタ映えしない料理ばっかりだこと!笑。

これはピエンツァの友人のレストラン、「チンタ豚とブルネッロのピチ」という高級食材を使ったスペシャルパスタなのに、このありさま(爆)

ビステッカ、ド――ン!!!、はピサ県の有名店・Da Benito 。気の利いたところなら?レタスひいたり?色を添えるのかもしれませんが、そんなことはお構いなし(笑)

チェント・ポーヴェリの豆のスープ・・・グラデーションはありつつも、基本、ベージュ一色(笑)。

プラートの老舗料理店・ Baghino のプラート郷土料理・セロリのミートソース添えも、かろうじてバターがのってるだけで、あとは茶色一色!!

これは Da Marioの黒キャベツのスープ・・・若干緑があるものの・・・鮮やかさはゼロ!

ちなみにTOP写真は、フィレンツェの人気店・ゴッツィのペポーゾ。こちらも見事に茶色一色!・・・もちろん、盛り付けや彩どりが美しい料理やレストランもありますが、昔ながらのトスカーナ料理店では、だいたいこんな感じ・・・いや、そんなものに気を使わなくても、とにかく美味しけりゃイイ!!という潔さがスバラシイ。なので、インスタ投稿する時にちょっと躊躇しちゃうかもしれませんが、堂々と美味しい!と投稿して下さい(笑)。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. イタリアと日本の「温泉の違い」に注意!

  2. 外国に住むハーフの子供に、いつまで日本語の勉強を続けさせるか?

  3. イタリアの田舎道で遭遇する3つのこと

  4. 渋柿を柔らかくする方法

  5. 気軽に通訳を入れて、日々の打ち合わせをスムーズに ~ Risoli Japanさま

  6. 不純だっていい!バイリンガルの日本語勉強のモチベーション

  1. プロフィール写真撮影は、自分への癒し♥非日常の時間!

    2019.05.21

  2. ピエンツァの陶芸工房「Ceramiche D’Arte」で、緻密な芸術作…

    2019.05.20

  3. 「トスカーナのペコリーノチーズ」の3つの食べ方

    2019.05.19

  4. 地元イベントはもう絶対はずせない、4つの理由

    2019.05.18

  5. 気分的にはまだ早いけど、古いパンがたまってるんで・・・パンツァ…

    2019.05.17

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image