フィレンツェから電車1本で行ける中世祭り、Vicchio 1529

イタリアでは夏、モンテリッジョーニを始め小さな村を中心に中世祭りが行われます。こういったお祭りは行きにくい場所も多いのですが、ここヴィッキオはフィレンツェから直通電車で約1時間、簡単にアクセスができるのが嬉しいお祭り。イベントのサブタイトルは、 Rievocazione Storica=歴史の追憶 、そう 1529という数字は1529年 、この年にこの町で起こった事件に由来しています~1529年、フィレンツェ共和国の忠誠町だったヴィッキオは、攻めてきたスペイン王国軍を前に、数か月も城を守り抜いたとのこと。最後は、大軍のスペイン・砲兵隊の前にたった500名の火縄砲兵はなすすべもなかったようですが、 彼らの精神と強さは今もこの町の誇りとなっているようです。

お祭りは駅から10分ほど離れた旧市街。中心にあるジョット広場ではいろんな屋台が出たり、大道芸人のショーが繰り広げられています。そこから更に大きいヴィットーリア広場に移動中、ここにも道を阻む大道芸人がおり、子供も大人もキャッキャと喜び芸人とのやりとりを楽しむ場面も。外国人観光客はほとんど(いや皆無?)おらず、地元や近郊の家族連れでにぎわう雰囲気も楽しいですよ。

広場から町に目をやると、 中世の塔が見えます。これが1529年に籠城した城の一部かと思うと感慨深いものがありますね。この広場では17時過ぎからパレードがあるので、この時間になると、パレードに参加する人が続々と広場に集まってきます。

老若男女、みな中世の装束を身にまとい、完全になりきっているのが素晴らしいです。

パレードは男爵と貴婦人、兵隊、農民、ブラスバンドなどなど・・・中世祭りはどこも似たり寄ったりだったりしますが、やはりタイムスリップしたみたいでいつ見ても楽しいです。よく見ていると、子供の参加も多く、おそらく家族で丸ごと参加?赤ちゃんもたくさんいてパレードの最中に寝ちゃってたり、ほのぼの感が満載です。その様子は、下のギャラリーでたっぷりご覧くださいね。

パレードが終わった後、イタリアのお祭りでは定番の旗のショーがちょうど始まったところ。バンドの演奏の後は、大人4人のショー、それから少年2人のショー(まだ上手じゃないので、見ている人も親の気持ちでハラハラしながら見てしまいます)、それから大人のワンマンショー、見事に2本の旗を使ってのショーは素晴らしいです。最後は大人8人のショーがあり、パレードをした皆で挨拶、で終了!だったのですが、この挨拶の時に人ごみから2人の子供が駆け寄って・・・この子たちのお父さんはショーの騎手で、きっとお父さんのスゴイ所を見て感動しんでしょうね。

お祭りは夜もまだまだ続くので、小さな村でのお祭りを存分に楽しんで下さい!

ヴィッキオはジョット、そしてベアート・アンジェリコの故郷としても有名な町で、その名がついたジョット広場にはどどん!とジョットの像がそびえています。この銅像の下に書いてある 出生地・ヴェスピニャーノ(Vespignano) はヴィッキオの分離集落で、ここにはジョットの生家もあり、小さな博物館となっています。

ギャラリー(写真をクリックすると拡大します)
基本情報

Vicchio 1529
例年8月の最終週の土・日。プログラムは毎年微妙に変わります。

【行き方】
フィレンツェ駅から直通電車で約1時間 (Borgo S.Lorenzo 行き・Pontassieve 経由)、Vicchio 下車。中心地からは少し離れていて、徒歩10分くらい。電車については、こちら をご覧ください。

関連記事

  1. 「フィレンツェで暮らしてみたい」、夢を叶えるアパート滞在のススメ

  2. フィレンツェの和めるトスカーナ料理店、Osteria Antica Mescita San Niccolo’

  3. キアンティの小さな村、ブドウ畑が見えるアパートと料理教室

  4. フィレンツェ北部、アクティビティ満喫!風車のあるアグリツーリズモ

  5. コスパ満点のがっつりシーフード!レッジェッロの Ristorante Masaccio

  6. 【モニター募集・第三弾】フィレンツェ北部でトリュフ狩り&トリュフランチ&ワイナリーツアー

Copyrighted Image