ソラーノ「Amaddii Giorgio」、職人直売のオリーブの木の雑貨のお店

トスカーナで人気の雑貨の1つが、オリーブの木を使った雑貨たち。重厚な質感、きれいな木目と色など、これを置くだけで映えるし、愛着がわく雑貨ですよね。フィレンツェを初めとして、トスカーナの観光地のお土産屋さんにはだいたいこのオリーブの木の雑貨がありますが、それなりのお値段がするので、量を買うならなかなかの出費💦・・・が、このソラーノのお店、いや、お店と言うか工房?は有名観光地のお店よりも2割くらい(私の感覚で)値段が安いので、マレンマに行く方でオリーブの木の雑貨を買いたい方は、ぜひ寄ってください!

お店は看板もなく、店内も雑然とはしていますが、すごい種類の雑貨ががっつりと盛られています!オリーブ雑貨好きな方は、この光景だけで興奮するかも!

オリーブの木の雑貨といえば、やはり木べらや木スプーンのような調理器具。それもミートソースかき混ぜ用(しかも味見用に端がスプーン用になってたり!)だったり、ナイフもポレンタ用、バター用、と用途によって分かれているのが面白いです。これが2ユーロ~なので、お土産にも重宝しますね。

可愛らしいのは、フック付きの壁掛け。ザ・トスカーナ!な、イノシシの形のがツボ!

あまり見かけない?テラコッタとのコンビネーションで、庭に使えるものもあります!

なんで安いのかって言うと、別に質が悪いわけではないんです。きっと(いや絶対)、職人のジョルジョさんが自分で製品を作って、お店も自分がやってるから。サイトもないし、お店の中もお金かけてないし(爆)、経費が一切かかってない分、安い。でもそれで安くて良いものが買えるのだから、消費者にとってはこんなに嬉しいことはないですよね?お客さん入ってきても挨拶もせず、もくもくと商品を拭いていたジョルジョさん。愛想ないなーと思いながら、お客様と私の買い物を済ませたら、「あんた、えらいトスカーナ弁やね」とニヤリ。昔ながらのシャイな職人さんらしくて、とっても可愛らしくも感じました。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

Amadii Giorgio
Via G.Selvi 4, Sorano
Tel : +39-0564-633393


サイトもなければグーグルマップにもお店の名前が出てこないですが・・・ソラーノ市役所やバス停のあるムニチーピオ広場(Piazza del munucipio)から旧市街に向かい、門を入ってすぐ右側、2軒目です(写真はお店側から撮影したもの、ムニ―ピオ広場は門向こうの奥です)

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング   

関連記事

  1. マレンマ地方の廃墟となった修道院、哀愁の「サン・ブルーツィオ修道院」

  2. かつてのユダヤ人コミュニティを今に伝える、ピティリアーノ「小さなエルサレム」

  3. 断崖絶壁にそびえる姿は圧巻!美しき凝灰岩の村・ピティリアーノ

  4. フィレンツェのアウトレット靴屋「Otisopse」で、ひとひねり効いたベーシック靴をお得に買う!

  5. マレンマ地方の歴史を紐解く、「凝灰岩の町」考古学公園

  6. 山の中にひっそり佇む凝灰岩の村、ソラーノ

  1. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  2. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  3. イタリア版「洗たくマグちゃん」?1000回使える dmail の洗たくボール

    2019.12.05

  4. 年中無休?アッバディアのマルチェッリーナの不思議なお店「Pinzi P…

    2019.12.04

  5. フィレンツェが舞台!秋~冬スタートの連続TVドラマ2本!

    2019.12.03

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image