パドヴァ現地人おススメのオステリア(アペリだけもOK!)「l’Anfora」

迷ったら、何でも現地人に聞け!特に感覚的に分かってもらえる分、現地在住の日本人の方に聞けたら最高!・・・が、先日の取材通訳中にありました。もちろん取材アポなんかは事前に全て終わってたのですが、取材後の夕飯をどうしよう、と思ったその時!取材地のパドヴァ市立博物館のロビーで、ご親戚を案内されているパドヴァ在住の日本人女性の方が!そして、「がっつり食べなくない、早い時間に軽く食べたい」、というリクエストにもぴったりな、彼女も行きつけのこのお店を教えて頂いたのです。場所はパドヴァ旧市街の中心であるエルバ広場からもすぐ、ユダヤ人街の一角にあります。

この日の夕食では予約で満席だそうですが、夕食までの時間、こうして地元民が集っています。ワインを片手に、そしてチッケッティと呼ばれるおつまみをカウンターから選び、おしゃべりに華を咲かせます・・・このおじさんグループ、おそらく毎日来ているようで、1人来ては1人去り、2人来てはまた1人去り・・・入れ替わり立ち代わり、グループ自体がいなくなることはありません。しかも去っていく誰もがお会計せず!ツケ払いのようです(笑)。

私はもちろんスプリッツ!今や全国区のカクテルですが、元々はヴェネト発祥。アペロールとプロセッコをベースとした飲みやすいカクテルです。そして、カウンターからクライアントさんと選んだチッケッティは、ゆで卵、海鮮のフライ、ズッキーニの卵焼き。仕事終わり&暑い日でもあったので、チッケッティをつまみにワインもすすむ、すすむ(笑)。軽めならこれで夕食になりますし、夕食に行く前の腹ごなしにも良いですね。

お店のサイトやSNSページもないので、イマイチお店の情報はないのですが、外も中もレトロな雰囲気でいっぱい!アペリタイムは地元民ばかり(公の開店時間外だし!)、そして食事もほとんどが地元かイタリア人が多そうです。写真だけを見ても、とっても美味しそう・・・ダンナも一度パドヴァには行ってみたい、ということだったので(そういう私も仕事でしか行ったことがない!)、プライベートでパドヴァに行く際は必ずここで食事したいと思います!

基本情報

Osteria l’Anfora
Via Soncin, 13, Padova
+39-049-656629

月~土、12:30-15:00&19:30-22:00
日曜定休

※上記時間の前も、アペリティフ(つまみ)利用はOKです。上記時間帯の食事は予約がないと入るのは難しいそうです。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング   

関連記事

  1. チンクエテッレ、モンテロッソのトラットリア「Il Piccolo Diavolo」

  2. フィレンツェの小さな本屋さん「TODO MODO」で、本に囲まれてランチ!

  3. フィレンツェで気軽に魚料理を楽しめる!~ FISHING LAB

  4. オルベテッロ漁師組合経営!オルベテッロ潟の魚が食べられる「I Pescatori」

  5. ポルト・サント・ステーファノの眺めが良いオステリア、 La Trazza

  6. トレンティーノ・アルトアディジェ州「ヴィピテーノ」、イタリア最北端の「イタリアの美しい村」

  1. フィレンツェ郊外の庶民的アウトレット「Barberino Designer Outlet」

    2019.08.23

  2. フィレンツェ北部の山の中で、超!本格的!!和風ランチ

    2019.08.22

  3. フィレンツェ郊外アウトレットで食べる「東南アジアの屋台の味」、W…

    2019.08.21

  4. 【我が家の食卓】エビラーにはたまらない、夏によくやるパスタ

    2019.08.20

  5. 【レポート】おらが村がYoutubeチャンネル&ミュージック・ビデオに…

    2019.08.19

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image