パドヴァ現地人おススメのオステリア(アペリだけもOK!)「l’Anfora」

迷ったら、何でも現地人に聞け!特に感覚的に分かってもらえる分、現地在住の日本人の方に聞けたら最高!・・・が、先日の取材通訳中にありました。もちろん取材アポなんかは事前に全て終わってたのですが、取材後の夕飯をどうしよう、と思ったその時!取材地のパドヴァ市立博物館のロビーで、ご親戚を案内されているパドヴァ在住の日本人女性の方が!そして、「がっつり食べなくない、早い時間に軽く食べたい」、というリクエストにもぴったりな、彼女も行きつけのこのお店を教えて頂いたのです。場所はパドヴァ旧市街の中心であるエルバ広場からもすぐ、ユダヤ人街の一角にあります。

この日の夕食では予約で満席だそうですが、夕食までの時間、こうして地元民が集っています。ワインを片手に、そしてチッケッティと呼ばれるおつまみをカウンターから選び、おしゃべりに華を咲かせます・・・このおじさんグループ、おそらく毎日来ているようで、1人来ては1人去り、2人来てはまた1人去り・・・入れ替わり立ち代わり、グループ自体がいなくなることはありません。しかも去っていく誰もがお会計せず!ツケ払いのようです(笑)。

私はもちろんスプリッツ!今や全国区のカクテルですが、元々はヴェネト発祥。アペロールとプロセッコをベースとした飲みやすいカクテルです。そして、カウンターからクライアントさんと選んだチッケッティは、ゆで卵、海鮮のフライ、ズッキーニの卵焼き。仕事終わり&暑い日でもあったので、チッケッティをつまみにワインもすすむ、すすむ(笑)。軽めならこれで夕食になりますし、夕食に行く前の腹ごなしにも良いですね。

お店のサイトやSNSページもないので、イマイチお店の情報はないのですが、外も中もレトロな雰囲気でいっぱい!アペリタイムは地元民ばかり(公の開店時間外だし!)、そして食事もほとんどが地元かイタリア人が多そうです。写真だけを見ても、とっても美味しそう・・・ダンナも一度パドヴァには行ってみたい、ということだったので(そういう私も仕事でしか行ったことがない!)、プライベートでパドヴァに行く際は必ずここで食事したいと思います!

基本情報

Osteria l’Anfora
Via Soncin, 13, Padova
+39-049-656629

月~土、12:30-15:00&19:30-22:00
日曜定休

※上記時間の前も、アペリティフ(つまみ)利用はOKです。上記時間帯の食事は予約がないと入るのは難しいそうです。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング   

関連記事

  1. モンティッキエッロ「La Porta」、オルチャ渓谷の絶景を見下ろす小さなオステリア

  2. ボルセーナ湖周りの中心的な町「ボルセーナ」、てっぺんの城から湖を眺める!

  3. 今更だけど、ブレラ地区はとっても素敵でした♥

  4. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」の週末プログラム(11/10)

  5. フィレンツェのジェラテリア「Edoardo」、自家製コーンで食べる極上オーガニックジェラート

  6. ガンベロ・ロッソ掲載のジェテリア、マリーナ・ディ・グロッセート「Chiccheria」

  1. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  2. イタリア版「洗たくマグちゃん」?1000回使える dmail の洗たくボール

    2019.12.05

  3. 年中無休?アッバディアのマルチェッリーナの不思議なお店「Pinzi P…

    2019.12.04

  4. フィレンツェが舞台!秋~冬スタートの連続TVドラマ2本!

    2019.12.03

  5. 連係プレーなし!患者が動きまくるイタリアの医療(重篤でない場合)

    2019.12.02

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image