フィレンツェ郊外アウトレットで食べる「東南アジアの屋台の味」、W.O.K.!

先日HARIBOのアウトレットで紹介した、フィレンツェ近郊のアウトレット・Barberino Designer Outlet、うちからも車で40分ほどなのでたまに行きますが、行った時にランチ食べるのは決まってここ、W.O.K。イタリアでWOKとは中華鍋のことで、アジア料理店の名前ではよく聞く名前でもあります。調べてみると、イタリアの会社でチェーン展開、WOK形態はこのバルベリーノのアウトレットの他に2店舗、そしてODOROKI(苦笑)という名では6店舗、合計9店舗展開しています。

TOP写真のように、店に入るとファストフード店のようにカウンターとメニュー看板があり、そこで注文します。日本食?としては焼きそばと焼き鳥、中華系だと餃子と春巻き、他にも東南アジア系のヌードルやお米料理が並びます。ちなみに、お醤油はヤマサ、割りばしは中華系(笑)。

私のお気に入りはPad Thai というタイのヌードル。メインの具は海老、鶏肉、豆腐から選べます。セットメニューも一部ありますが、同じ値段でも組み合わせを変えることはできずにそれは(かなり)不満ですが、久々に食べたかったので単品で春巻きを。

長男は中華?の Chow mein と焼き鳥を。焼き鳥もまぁまぁ美味しいけど、私的にはちょっと甘すぎる。

麺系はお椀みたいな紙容器で来ますが、お米系は縦長のボックスで出てきます。次男は野菜を抜いたチャーハン、ダンナは夏限定メニューのグリーンライス。玄米+野菜のヘルシーな一品で、美味しかったです。バルべリーノではサービスはありませんが、都会のローマ&ミラノでは、オンライン注文のエリバリーサービスもあります。

中はそれほど広くないですが、そんな狭さとこんな内装で、東南アジアの屋台っぽい雰囲気に。お値段はヌードルやチャーハンは10ユーロ前後、副菜が5ユーロ前後。フィレンツェ近郊ではここ以外ないのですが、ちょっとイタリアンに飽きてきたら、こういうお店に入ってみるのもいいですね。

基本情報

W.O.K. Barberino Designer Outlet店
Via Antonio Meucci, Barberino di Mugello
Tel : +39-055-8420605

毎日営業、10:00–20:00(10月1日~5月31日)&10:00 – 21:00(6月1日~9月31日)

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェ・リピーターが、何度行っても飽きない場所は?

  2. HARIBO好きは卒倒?初めてのHARIBOアウトレット!

  3. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

  4. トスカーナ北部の田舎で「自然農法」農家視察プログラム

  5. 2019年12月15日まで!フィレンツェSMN教会での「レオナルドと植物学展」

  6. フィレンツェ北部の山の中、アントネッラのアグリツーリズモ

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image