パラッツォーロ・スル・セーニオ、昔話に出てきそうなトスカーナ北部の「美しい村」

フィレンツェから北に約65キロ・・・フィレンツェ県の北の果て(笑)の山間の村、パラッツォ―ロ・スル・セーニオ。65キロですが1000m以上の峠を越えるため、車でも1時間40分かかる僻地の村は、なんと昨年「イタリアの美しい村」に加盟となりました。フィレンツェ県の42の市では人口最小の1100人(ちなみにおらが村は下から3番目で1800人!)。村の歴史は中世、この地域を治めていたのは、ダンテの「神曲」にも登場するパガーニ家とウバㇽリーニ家。前者は1361年に途絶えてその遺産の大部分をウバルリーニ家に譲渡しますが、ウバルリーニ家もそれらすべてをフィレンツェ共和国に渡したそうです。

村の長い名前ですが、スル・セーニオ=セーニオ川にかかるパラッツォ―ロという意味。そんな名前になっているとはいえ、川はご覧のようにとても小さなもので、バス停などがあるメインストリートからセーニオ川にかかる橋を越えると、そこはちょっと昔話に出てきそうな町並みが広がります。

川を渡って正面に見えるのは、旧市街の中心であるカピターニ宮。フィレンツェ共和国時代は、フィレンツェの長官だったマキャベリも宿泊したそう!建物の正面には、フィレンツェ共和国の長官や代理人などの家紋が飾和れており、現在はミュージアムになっています。

そして、小さな村のお楽しみはやはり路地の散策と、地元民の観察(笑)。石造りの建物には、こんなレトロなアぺ(自動三輪車)が似合いますね~。

カピターニ宮を向かって左、左に行くと、柱廊が並ぶ通りがとても素敵。

バール兼ジェラート屋さんでは、栗の産地であるこのゾーンならでは!の、「カスタニャッチョ」フレーバーを食べましたが、まさにカスタニャッチョそのまんまの味!

それ以外に大きな見どころはないですが、時間がゆる~りと流れます。外国人観光客はほぼゼロ、イタリア人(しかもお年寄り?)が避暑に訪れたり、ボーイスカウトやサッカーの合宿(実は長男の合宿の送りに来ました・笑)に使われるくらい?しかし、昨年「イタリアの美しい村」に加盟し、最近イタリアでも日本でも話題の「アルベルゴ・ディフーゾ(分散したホテル、説明はこちら)」もあるこの村は、要チェックです!そして私たちも2011年に来た7月の中世祭りは、大人も子供も超楽しめるショーやゲームがいっぱいの、村が一番盛り上がるイベントです。この村のアルベルゴ・ディフーゾについては、こちらで紹介していますので、ぜひ次の旅の参考にしてくださいね。

ギャラリー(クリックすると拡大します)
基本情報

パラッツォ―ロ・スル・セーニオ観光協会

【行き方】
フィレンツェSMN駅から直通電車で1時間15分、マッラーディ・パラッツォ―ロ駅下車、Colbus で30分(時刻表)。1日1~2本ですが、ロマーニャのファエンツアからも直通バスで1時間10分(時刻表)。電車の乗り方などについてはこちら、バスの乗り方などについてはこちら。本数はそれほど多くないので、慣れてない方・時間のない方は、ハイヤーで周りの村なども含めて囘ことをおススメします。ハイヤーについてはこちらを参照ください。

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェの旧市街外のエノテカ&レストラン「PIAZZA DEL VINO」

  2. フィレンツェSMN駅ゲート開通から1か月、メリット&デメリット

  3. キアンティの名物肉屋のレストラン~Dario Cecchini

  4. ルッカ北部の中心的な村、カステル・ヌォーヴォ・ディ・ガルファニャーナ

  5. 職人のアイディアが光る!フィレンツェのファインジュエリー工房&ショップ「IDRUS」

  6. 【レポート】顔つきが一変する、ダニエーラのパスタマジック!

  1. 3か月と2日ぶりの学校が始まった!・・・が!Σ( ̄ロ ̄lll)

    2019.09.17

  2. カスティリオーネ・アッラ・ペスカイアのオシャレな人気レストラン…

    2019.09.16

  3. マレンマのハイソな港町「カスティリオーネ・アッラ・ペスカイア」

    2019.09.15

  4. かつてはだんだん小さくなって、今度はだんだん大きくなってるもの

    2019.09.14

  5. 突然すぎる、辛いお別れ

    2019.09.13

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image