P1010397

私の個人的趣味ですが、美術館や教会よりも、当時の政治の場 を訪れるのが好きなので、こういう  要塞なんてもう~うゾクゾク してしまいます。今ではこんな風に静かにたたずむ要塞も、 町を守る要であり、いくつもの戦争・攻防の舞台 であったんのかしら~・・・と妄想まで(笑)。
しかし今では、当然要塞ではなく、違う使われ方をしているもので、例えばフィレンツェのバッソ要塞、内部は現在内側は展示会やイベントの会場となっています。さて、モンタrチーノの要塞はというと・・・

P1160055

 

入り口を入るとその対角、 1階にエノテカ があり、そこでワインを買ったり飲んだりできるようになっています。各種テイスティングや軽い食事もできるので ランチにも良い し、ショップはワインだけでなくオリーブオイルなどのトスカーナ名産品も扱っているので お土産の購入にも便利 。また2月に新しいブルネッロの発表会や9月に蜂蜜祭り、各種コンサートや展示会など、 イベント会場 にもなっています。

P1160056

 

 

 

 

 

入ってすぐの棚には、ちょっと埃をかぶった年代もののワインがずらり・・・ 1本2500ユーロ!! (ひいぃぃ~!)

P1160057

 

 

そしてもう1つの目玉は、カウンターでチケットを買って階段へ・・・そう、 要塞の上に上ることができる のです!こちらは階段の途中から見下ろした店内。すぐ下が入り口で、カウンターは写真右上、右下がショップになっています。

 

P1090024

 

 

要塞の中では、 1381年に完成した 当時の中の作りが見られます。要塞は 不規則な5角形で、3本の塔 を擁します。シエナ・共和国(教皇派)の一都市都市だったモンタルチーノは、中世の間、皇帝派との争いが絶えなかったのですが、歴史の中で何度も包囲されようとも、 一度を除いては陥落したことのない頑強な砦 だったそうな。皇帝派(フランスのクレメンス7世、スペインのカール5世、トスカーナ公国のメディチ家コジモ一世)との戦いに1555年シエナ共和国が降伏してからも、シエナから逃げてきた650もの家族がモンタルチーノに逃げ、 “モンタルチーノのシエナ共和国” を樹立しますが、こちらも1559年の攻勢には勝てず この要塞も陥落、シエナ共和国の歴史も幕を閉じます

さて、階段を上がったら、待望の外へ ・・・絶景です!!

sP1010399-1

sP1010400近くにモンタルチーノの町、遠くに果てしなく続くオルチャ渓谷・・・これはいつも行くたび、そして行く人みなが言う事ですが、 この絶景は写真では伝えられません

P1160064

 

それから、要塞上、5角形の辺の上にある通路を歩き、 塔へ3本あるうち、1本(か2本?)は上れる ようになってますが、最後は本当に ハシゴなので、スカートは× 。風の強い時なんて絶対まくれ上がります(爆)。

 

P1160062こちらは塔の上から見た、通路部分。もう1つの塔と、1階から来る階段のある城館が見えます。塔を降りたら、また通路を歩いて、ぐるっと一周できます。

 

さっき、不規則な5角形と書きましたが、その様は こちら のモンタルチーノ市役所のサイトで見られますので、興味のある方はそうぞ。

モンタルチーノを訪れる時はあまり時間がなく、ワイナリーや要塞で時間をつぶして町自体はゆっくり見られたことがないのですが、 教会がたくさんある印象 があります。しかし、行った時はどの教会もいつも閉まってるので入ったことがないんですが・・・

montalcino

サンアゴスティーノ教会(写真左)の後ろ側にもう1つ教会の鐘楼があるような気がします(写真中)が、これは 市庁舎 。ほそ~くなが~いのが何だかいつも笑ってしまいます。時計の下にある紋章は、この町を治めた監督官たちのものですが、一番上にあるのは、やはり、 メディチの紋章! ひときわデカイです。

しかし、モンタルチーノと言えば、やっぱりワイン、やっぱりブルネッロ でしょう。
キアンティやモンテプルチャーノなど、ワインの産地はどこもそうですが、もう 町中エノテカだらけ!! です(笑)。

Fortezza(要塞)
Piazzale Fortezza Tel : + 39 0577 849211
冬は 9:00 – 18:00 (月曜休)、夏は 9:00 – 20:00
上に上るチケットは4ユーロ。

* モンタルチーノへはシエナからバスで1時間前後 ですが、本数は非常に少ないです。
シエナ → モンタルチーノの時刻表 モンタルチーノ→シエナの時刻表

ハイヤーワイナリーオルチャ渓谷 のその他の町を周遊するのがおススメです。
お問い合わせは、こちら

その他のモンタルチーノ情報は こちら でも。