憧れのおばさんは、名ガイド、売れっ子デモンストレーター、そして作家!?

マレンマの中でも決してメジャーではないマリアーノ・イン・トスカーナに行ったのは、ダンナ親戚のおばさんの故郷だから。ただ故郷と言うだけでなく、今はミラノに住んでいても頻繁に帰り、そして故郷愛の強さから「Nata in Maremma (マレンマに生まれて)」という本まで執筆し、いくつもの賞も受賞しているのです。そしてその前から、日本でも人気のエスプレッソ・メーカーの「ネスプレッソ」のデモンストレーターで売り上げがイタリアで2位という、ダンナの母方の親戚では異色?のバリバリキャリアウーマンでもあるのです。

私たちが行った時は特に連絡してなかったのですが、昼間に散策中にダンナが「・・・これ、おじさんの車じゃね?」と言うのでおばさんにメッセージしてみたんだけれど、返事はなし。また夜に散策にする予定だったのでいったん宿に帰ると、「ごめん昼寝してた!来てるから夜に遊びに来て」と返事が!そして住所を聞いてみると、まさにおじさんの車があった場所なのでした。そして家におじゃまして・・・

昼間に城壁から見て、「おー城壁に沿って中庭があるなんて素敵!!」と写真を撮ったのが、彼女の家だったという。しかもここ、彼女の実家ではなく、旧市街外の大きな実家を売却して、兄弟で分けたお金で彼女が購入した別荘。なるほど、よくマリアーノに来ているわけだ。海からもそこそこ近いので、特に夏は彼ら夫婦、彼らの子供らの家族が交代に使いまくっているそう。

そして再度、夜の村の散策へ・・・この左手前の家が、彼女が生まれた家で、今はおばさんの家。おばさんとその娘さんに挨拶した後も、ワインイベントで沸く村内では、何人もに声を掛けられ、ミラノ在住者とは思えない(笑)。そして再度城壁に上り、「あの家分かる?俳優のアレッサンドロ・ガスマンの別荘なのよ(日本で言うと佐藤浩市みたいな、お父さんも役者だった渋い男優)」などのガイド本には載ってないような裏話もたくさん聞く。

あの建物は何?とダンナもいろいろ質問し、村の隅々までを知っている彼女は何でも答える・・・ホント、すごい知識だわ。一方、次男はおっちゃんと何か遊んでるし。メインストリートに戻ってもガイドは続き・・・マリアーノの村紹介で書いた「Checco il Bello」の話も、彼女から聞きました。こうやってガイド付きで周ると、本当に面白い!

そんな名ガイドが、「この壁に付けられた輪っか、何か分かる?むかーしに使われていたものなの」と次男にもクイズと出すと・・・やや考えた末に目がキラリン!と光って分かったのかと思いきや、「ジェラート置くとこ!」しかも、自信満々に・・・さすがの名ガイドも失笑、私たちは爆笑だったのでした(正解は馬をつないでおく、でした・笑)

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. フィレンツェは何百年もほぼ変わらない町、と実感できる1枚の絵

  2. 思い立ったらすぐに行動!が正しい理由

  3. そんなん言うても下心あるんとちゃうの?

  4. 「~ソン」しかない?アイスランドの苗字の法則

  5. ギリシャ・ロードス島東海岸のおすすめビーチ5選!

  6. 日本のイタリアン・バール「illy」は、やっぱり本場とは違った・・・

  1. 3か月と2日ぶりの学校が始まった!・・・が!Σ( ̄ロ ̄lll)

    2019.09.17

  2. カスティリオーネ・アッラ・ペスカイアのオシャレな人気レストラン…

    2019.09.16

  3. マレンマのハイソな港町「カスティリオーネ・アッラ・ペスカイア」

    2019.09.15

  4. かつてはだんだん小さくなって、今度はだんだん大きくなってるもの

    2019.09.14

  5. 突然すぎる、辛いお別れ

    2019.09.13

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image