「自分のためだけ」の時間が必要な理由

それは生活の活力になるから
それは他人のための時間も快く使えるから

いわゆる「1人の時間」というのは、いくらでもあるのです。私の場合は、次男を学校に送り届ける8時30分~長男が帰ってくる14時。でも平日毎日のその時間の大半、いや全ては、家事だったり、仕事だったり、いろんな雑用で終わってしまう。私の場合、時間が余ったとしてもついついブログの書きだめだとか、料理の作り置きをしてしまう。ま、それも自分のためだったり、好きなことではあるのですが、普段の生活ルーチンから抜け出しての「自分のためだけの」時間、ってやっぱり必要だなぁ~と思ったわけです。

それは先日、1人でフィレンツェに出かけた日のこと。せこい考え方ですが、フィレンツェに行くのは往復で10ユーロかかるし、滞在時間はたった5時間だし、何か用事がある時しか出ることはほとんどなかったんですね。でも、長―――い夏休みも終わったし、9月は大きな仕事もあったし。ちょうど久しぶりの友人からランチのお誘いもあったので、長男には自分でランチしてもらって、まずは行きたかったレオナルドの特別展へ。そしてこれも前から気になっていた店でランチ。たったこれだけでも、兼業主婦としては非日常の1日・・・たったこれだけでも、「よし、明日からまた日常がんばろー」て思えるし、他のことをやる時にやれメンドクサイ、やれ時間がない、とマイナスに感じなくなるんですよね。

なので、もし「何でも私ばっかり」とストレスが溜まっている人は、1日でも半日でも自分のためだけに使ってみると気分が変わりますよ。お店に入っても、今晩の献立にとか、子供の足りないものとかを無意識に探さないように(主婦あるある)

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 次男、イオランダに丁稚奉公に行く

  2. 出張前の忙しい時に、せこせこ作り置きをする理由

  3. 長男から、「お下がり」をもらう

  4. 次男の好きな、日本のくだもの

  5. アルテ・ポーヴェラ~トスカーナの古き良きカントリースタイル

  6. 「~ソン」しかない?アイスランドの苗字の法則

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image