CIMG7911-1オルチャ渓谷のばーちゃん村 から一番近い都会がここ、アッバディアサンサルヴァトーレ。 アミアータ山にある最大の都市でもあり、 町の標高は829m にあるため、夏は 避暑や山のぼり ・冬は アミアータ山スキー への玄関口として賑わいます。他の小さな村と同じで、新市街・旧市街が分かれており、旧市街( centro storico =歴史的地区 とも言います)に入るには、城壁にいくつかある 石のアーチ をくぐります。ここの旧市街のいいところは、お土産屋さんなどの商店など近年つくったものが全くなく(あっても昔からある床屋さんとか)、昔からの町を何百年もそのまま今の住民が普通に受け継いできた 感じ。洗濯ものがはためいてたり、ちょっとした広場にご近所さんがイスを出して座ってたり・・・観光地にあるような特別な何かではなく、 その生活感、匂い、を感じられるところが最大の魅力 です。

またイベントも多く、7月の中世祭り では地区対抗の弓矢競技もあるそうです。夏に行った時の写真(下)を見ると、黄色と赤色の2地区、それぞれの地区に旗や紋章が掲げられていますね。

sP1030409-1

DSCN0135-1

 

また田舎町のお約束? 秋の味覚祭りが 通常10月の2~3週末 にあります。アミアータ山周辺の町の祭りは皆この期間(ばーちゃん村の祭りは こちら )なので、遠方からやってくる人はどれに行くか迷いますね。それかハシゴもも良いと思います。

DSCN0138-1

 

お祭り中のお昼や晩には、 路地にオープン食堂 がテーブルを並べ、地元の秋の味覚を楽しめます。アミアータ山の一番の秋の味覚は何と言っても 。アミアータ山は山中栗の木だらけで、ばーちゃんが森の入り口で拾うだけでももう食べきれないくらい、すごいのです。お祭りでは、こうして歴史的地区のあちこちから、 ガーラガラという音とぷ~んと香ばしい匂い がしてきます。おじいちゃんから孫たちまで家族総出!女衆は家の中で、ひたすら栗に切り目を入れる作業をしていました。もっと時間をとって祭りに行けたら、 イベントページ に更新しますね。また、通常10月の第3日曜の秋祭りへ向け、 トレ―ノ・ナトゥーラのプログラム が組まれます。

CIMG0217-1

私が一番好きなイベントは 12月24日・クリスマスイブのフィアッコレ(松明)の祭り 。上の写真のようにあちこちに薪のやぐらが建てられ、火を灯してクリスマスを迎えます。この時期はイルミネーションや飾りが旧市街に施され、いっそう童話の中にまぎれこんだような気分にさせてくれます。
この町の名前にもなっている サン・サルヴァトーレ修道院 は8世紀起源の古いもので、地下の礼拝堂が素晴らしいです。

CIMG7922-1旧市街での1コマ:アぺ(自動三輪)がブィ~ン・・・レトロな町にレトロな車がしっくりきています(笑)

 最寄の電車駅はローマーフィレンツェ間にあるChiusi 。時刻検索は こちら 。 Chiusi からでしたら、 ハイヤー をお勧めします。

  Tiemme 社 のバスは、フィレンツェから直通バスが出ています(ただし、日と時間は限りなく少ないです)。時刻表検索は→ フィレンツェ発アッバディア行き 、 アッバディア発フィレンツェ行き 。この路線では、 ブォンコンヴェントサンクイリコ・ドルチャ も通ります。

* それでもやっぱりバスは不便が多いので、そして オルチャ渓谷の村 など、他の町やワイナリー訪問などと組み合わせての ハイヤー周遊 がおススメです。 ハイヤー については、こちら をご覧ください。