古代遺跡~映画の舞台まで見所たっぷり!ヴォルテッラ

主要5都市 以外の町は 小さな村のカテゴリー にしていますが、ヴォルテッラはこのカテゴリーに入れていいものか?と悩むくらい予想以上に大きな町、いや歴史的地区が大きな町でした。そして周辺のチェチナ渓谷の雄大な景色も、世界遺産のオルチャ渓谷にひけをとらない素晴らしさ。

旧市街への入り口はいくつかありますが、町の北西のサンフランチェスコ門からスタート。そこからすぐのサンフランチェスコ教会は礼拝堂の壁画が美しいので、ぜひ入ってみてください。

そこから大通りは歩かず、パノラマを眺められるのでは?と、南の城壁沿いへ。ちょうど、かつての洗濯場が見えます。しかし、それ以上に印象的なのはがこの景色:古いサンフェリーチェ教会 と、同じ名のついた門から見えるチェチナ渓谷。なんとも小さく素朴な教会に心を奪われてしまいます。

その先からは壁が高くて景色は見えず、そのまま坂を下りて行って南側の門を見に。というのも、この門は紀元前3~4世紀のエトルリア時代のものがほぼそのまま残っている門なのです。


門のあるのは3つの人面らしいのですが、言われないと分からないほど風化しています。

そこからパノラマも見つつ、坂を上ってドゥオモに向かいます。ドゥオモに行くと、そこからドゥオモ、プレオーリ宮、プレトリオ宮と続きます・・・というのも、ドゥオモの後ろの扉から出ると、目の前がプレオーリ宮になっています。

現在は市庁舎になっているプレオーリ宮では、ロビーに入ってみましょう。高いヴォールト天井に、フィレンツェの代表官の紋章がたくさん並んでいます。その横の建物には、観光案内所があるので、ここで地図や情報などを仕入れるといいですね。ヴォルテッラは 映画・ニュームーン・トワイライト の舞台で、映画の中ではマッツォーニ通りのマンホールがヴァンパイア世界への入口だったそう!この映画ファンにはたまらない、こういった撮影スポットを周る“ニュームーンツアー”もありますので、観光案内所でチェックしてみてください。

そしてローマ時代のものは、このローマ劇場跡。こちらは単独でのチケットはなく、エトルリア博物館とのセットになっています。時間がない方、博物館に興味がない方は、上の城壁からもやや遠めですが全景は見ることができます。ここの坂を下っていくと、エトルリア門と逆にあるフィレンツェ門に到着します。

今度は門からまっすぐ坂を上って旧市街の真ん中方向へ、そこのあるサンミケーレ広場にトスカーナ塔があります。このトスカーナ塔をはじめ、数本あるこのタイプの塔はかつての塔を家として再利用されていたもの。なので、あまり高くなく、上るのもあっという間ですが、旧市街が間近に見えて、とても迫力があります!

北方向にはフィレツェ門とその向こう側にはチェチナ渓谷のパノラマが、南方向には密集した茶色の建物とプレトリオ宮の後ろ姿が、そして東方向には要塞が見えます。

そこから最後の東ゾーンへ、9月20日という名のついた大きな広場はレストランのテラス席もあり、活気いっぱい!木々や花がつたう雰囲気のある建物が多く、どこを切り取っても絵になります。

そこから東へまっすぐ行くとセルチ門と要塞の一部が。この町の東端の塔は、メディチ家のロレンツォ・イル・マニーフィコの命で建設された15世紀のもの。要塞は現在刑務所として使用されているので、中には入れません。そこから要塞沿いのカステッロ通りを東に進みプレオーリ広場に向かいますが、要塞が終わった左手には大きな公園 (考古学公園)があります。お子様連れで町歩きにつかれた時、ヴォルテッラで数泊ゆっくりされる場合はうまく使えそうな公園ですね。

ヴォルテッラは、見るモニュメントはたくさんあるけど、ド派手なものはなく、全体的にほどよい活気がある。お店やレストランも豊富だけれど、ザ・観光地的なもんは少なくのんびりしている。そしてメインの通りをはずれると住んでいる人の空気にも触れ、路地もさまよえ、可愛い絵になる場所もたくさんある、とても魅力的な町です。イタリアの有名な都市はほぼ当てはまるかもしれないけれど、エトルリア時代からローマ時代、そしてルネサンス期に渡るまでの 歴史の蓄積もひしひしと感じられます。

地図では分かりにくいですがアップダウンが所々にあり、冒頭にも書きましたが結構大きい町なのでかなり歩くうえ、ほとんどが石畳なので、歩きやすい靴は必須です!

ギャラリー(写真をクリックすると拡大します)
基本情報

【観光協会サイト】
ヴォルテッラ観光協会

【行き方】
フィレンツェやシエナからはTiemme社のバスででColle Val D’Elsa経由(フィレンツェ→コッレ・ヴァル・ディエルザコッレ・ヴァル・ディエルザ→フィレンツェバスCTT770番コッレ・ヴァル・ディエルザ⇔ヴォルテッラ )で合計約2時間ですが本数が少ないです。少し本数が多めなのが、フィレンツェから直通電車で約45分・ピサから直通電車で約15分のPontedera駅よりバスCTT500番にて約1時間20分。電車の乗り方や時刻表検索については こちら を、バスの乗り方についてはこちらをご覧ください。

効率良いのはやはり ハイヤー です。フィレンツェからだと サンジミニャーノと合わせてもいいですし、エトルリア海岸の他の町: カンピリア・マリッティマスヴレート 、 マッサ・マリッティマ を周って オルチャ渓谷 、あるいはマレンマ地方に抜けるのもアリです。ワイン好きの方は、スーパートスカンの聖地・ボルゲリ も小一時間ほどで行けますよ。ハイヤー手配やコーディネイトについてはお問い合わせください。

関連記事

  1. 映画「トスカーナの休日」の舞台、コルトーナ

  2. ルッカ北部の「スコットランド風」の美しい村・バルガ

  3. 世界遺産・オルチャ渓谷を巡る、ハイヤー1日周遊プラン

  4. 何もかもが愛らしい!美しき凝灰岩の村、ソヴァーナ

  5. アミアータ山の中心的な村、アッバディア・サン・サルヴァトーレ

  6. 断崖絶壁にそびえる姿は圧巻!美しき凝灰岩の村・ピティリアーノ

  1. アテネで私たちをおそった、思いもよらない悲劇

    2018.09.22

  2. 小さい子供と都会観光、大人も子供もストレスのたまらない方法!

    2018.09.21

  3. 旅の一番の思い出とは、やはり「人との出会い」だと思う

    2018.09.20

  4. おらが村の料理レッスン、初めてづくしのお客様たち

    2018.09.19

  5. ギリシャ・ロードス島・ロードス、古・旧・新の3エリアを1日で周る

    2018.09.18

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image