sDSCN0065

主要5都市 以外の町は 小さな村のカテゴリー にしていますが、実際行ってみて、ヴォルテッラはこのカテゴリーに入れていいものか?と悩むくらい予想以上に大きな町、いや 歴史的地区が大きな町 でした。そして、チェチナの海バカンス中にそこから日帰りで行ったのですが、 チェチナ渓谷の雄大な景色 も素晴らしかったです。

sDSCN0085

さて、私たちは町の北西にある駐車場に車を停め、散策は サンフランチェスコ門 からスタート。そこからすぐの、サンフランチェスコ教会に入りましたが、礼拝堂の壁画が美しいこと!

sDSCN0091

そこから大通りは歩かず、景色を眺められるのでは?と、南の城壁沿いに向かいました。ちょうど、かつての洗濯場が見えます。しかし、それよりも私が感激したのはこの景色。 古いサンフェリーチェ教会 と、同じ名のついた門から見えるチェチナ渓谷。

 

その先からは壁が高くて景色は見えず、そのまま降って今度は南の門を見に。というのも、この門は 紀元前3~4世紀のエトルリア時代のものがほぼそのまま 残っている門なのです。門のあるのは3つの人面らしいのですが、言われないと分からないほど風化しています。

ssDSCN0094

ここからは坂を上ってドゥオモに向かうのですが、その時にやっと景色が見えました。

そこからは、 ドゥオモ、プレオーリ宮、プレトリオ宮 と続きます。というのも、ドゥオモの後ろの扉から出ると、目の前がプレオーリ宮だった、という驚きの展開(笑)。

ssDSCN0102

現在は市庁舎になっているプレオーリ宮では、ロビーには行ってみましたが、フィレンツェの代表官の紋章が並んでいます。それから、その横の建物に入っている観光案内所である情報を仕入れに・・・

sDSCN0114その1つがここマッツォーニ通り。というのも、ヴォルテッラは 映画・ニュームーン・トワイライト の舞台で、映画の中ではこの道のマンホールがヴァンパイア世界への背入り口だったのです!

元々ヴォルテッラに行きたかったのは私なのですが、この映画シリーズにハマったダンナと長男も喜んで賛同してくれました(笑)。観光案内所に撮影箇所を記したポスターもありますし、私たちは参加しませんでしたが、“ニュームーンツアー”なるものもありました。

その時点で12時くらいだったので、レストランを探しながら北方向へ。観光客も多いのでレストランはあちこちにありましたが、あまりピンとこず、最終的にはローマ劇場跡が見下ろせる道にて、 落ち着いた中庭にテーブルのあるレストランでランチ 。私たちは上からも見えたので入らなくていいかと思ったのですが、ローマのコロッセオ・フォロロマーノに行ってから遺跡好き?な長男が入りたい、と言うので、食後、降りてることに。

sDSCN0178ところが、遺跡のみのチケットはなく、 エトルリア博物館とのセット =2人子連れの美術館は残念ながら無理(歴史好きの方はぜひ!私もいつかリベンジしたいです)。が!それを告げると窓口のお姉さんが見えるところまで入れてくれました(喜)。そして4つ目の門・フィレンツェ門もくぐりました。

sDSCN0184そこからは違う通りで南に戻り、サンミケーレ広場に着くと、 塔?しかも、上れる? 旅行中、高い所には必ず上る我が家族、ここももれなく上ってきました。歩くのは疲れたーとゴネる子供たちも、なぜか上るのはテンション高く小走り。このトスカーナ塔をはじめ、数本あるこのタイプの塔はかつての塔を家として再利用されていたもの。なので、あまり高くなく、上るのもあっという間。

ssDSCN0185

 

まず東を見ると、これから行く予定の要塞が見えます。そして今やってきた道・北方向には、フィレツェ門とその向こう側にはチェチナ渓谷のパノラマが。そして南方向には密集した茶色の建物と、プレトリオ宮の後ろ姿が見えます。

sDSCN0186
sDSCN0202

そこを降りると、ヴォルテッラの特産品である アラバスター(雪花石膏) という石のお店が。エトルリア時代から使用され、現在ではインテリアや置物などの工芸品に使用されているので、お土産にもいいですね。

そこからは最後の西ゾーンへ、9月20日という名のついた広場はレストランのテラス席もあり、活気いっぱい!

sDSCN0210

sDSCN0229

そこから西へまっすぐ行くとセルチ門と要塞の一部が。この西端の塔は、 メディチ家のロレンツォ・イル・マニーフィコの命で建設 された15世紀のもの。要塞は現在刑務所として使用されているので、中には入れません。

今度は要塞沿いのカステッロ通りを東に進みプレオーリ広場に向かいますが、要塞が終わった左手には 大きな公園 (考古学公園)があります。私たちは子供たちがここで遊び始めると収集つかないため、さっさと先を急ぎましたが、お子様連れで町歩きにつかれた時、ヴォルテッラで数泊ゆっくりされる場合は使える公園ですね。

sDSCN0248

 

 

 

プレオーリ広場までもう少し、こうやってみると、町中も アップダウンが所々 にあり、冒頭にも書きましたが結構大きい町なのでかなり歩きます。ほとんどが石畳なので、 歩きやすい靴必須で す!

最後にプレオーリ広場とドゥオモを再度拝んで、入ってきたサンフランチェスコ門に戻りました。しかし、 期待以上にほんっとによかった です!中規模な町なので、見るモニュメントはたくさんあるけど、ド派手なものはなくほどよい活気がある。なのでお店やレストランも豊富だけれど、これもアカラサマなものは少なくのんびりしている。そしてメインの通りをはずれると住んでいる人の空気にも触れ、路地もさまよえ、可愛い絵になる場所もたくさんある・・・

 

sssDSCN0093イタリアの有名な都市はほぼ当てはまるかもしれないけれど、エトルリア時代からローマ時代、そしてルネサンス期に渡るまでの 歴史の蓄積 も感じられる。そしてこの町をとりまく、 チェチナ渓谷の雄大な自然 ・・・一つ難点は、 公共の交通機関がイマイチ なので、やっぱり他の町と組み合わせて車で周ることが便利かと思います。でも、それくらい訪れる価値のある町だと、訪れてみて本当に思いました。皆さんも、ぜひ!!

※ フィレンツェやシエナからはバスTiemmeでColle Val D’Elsa経由フィレンツェ→コッレ・ヴァル・ディエルザコッレ・ヴァル・ディエルザ→フィレンツェバスCTT770番コッレ・ヴァル・ディエルザ⇔ヴォルテッラ )で合計約2時間ですが本数が少ないです。少し本数が多めなのが、フィレンツェから直通電車で約45分・ピサから直通電車で約15分のPontedera駅よりバスCTT500番にて約1時間20分。電車の乗り方や時刻表検索については こちら をご覧ください。

効率良いのはやはり ハイヤー です。フィレンツェからだと サンジミニャーノ と合わせてもいいですし、エトルリア海岸の他の町: カンピリア・マリッティマスヴレート マッサ・マリッティマ を周って オルチャ渓谷 、あるいは マレンマ地方 に抜けるのもアリです。ワイン好きの方は、 スーパートスカンの聖地・ボルゲリ も小一時間ほどで行けますよ。ハイヤー手配やプランニングについては お問い合わせ ください。