フィレンツェの穴場のジェラテリア、 Vivaldi

(店正面の撮影の時、偶然こんな場面をキャッチしてしまいました♥ 白黒バージョンもあります

イタリアでお楽しみの1つは、やっぱりジェラート!老舗でもなく旧市街の中心からははずれているのですが、私の中ではジェラテリア・ランキング上位に入るのがこちら、Vivaldiです。

店内はこんな感じ。最近多くなってきた、昔ながらのアルミ缶のジェラートケースにフレーバー。数は多くもなく、少なくもなくですが、それでも他ではあまり見ないフレーバーもあります。この日の私はハチミツヨーグルト・クルミ&カッフェ・ライスパフを、長男はいつものダークチョコレートと昨年くらいからハマっている マンゴー 。

川沿いのベンチにて、頂きます!

早速かぶりついた長男が、 「めっちゃ美味しいで!味見しぃ」 と言うので味見したら、ウ、ウマいっ!特に ダークチョコの濃厚さ と言ったら~!そして私のヨーグルトはふんだんにクルミがゴロゴロ入っていて、カッフェは甘味がかなり抑えめでホロ苦く、甘ったるいものは食べたくない私には最高に美味しかったです。今度は他のフレーバーも試してみたい!

そしておススメポイントその2は、昨今Sサイズ平均が3ユーロという価格高騰のフィレンツェで、 ここは2ユーロ~、と良心価格 。観光ポイントからは少し離れているとはいえ、この美味しさでこの価格は素晴らしい!

この日は気づかなかったのですが、奥にティールームがあり、金曜日の晩はライヴコンサートなどイベントもあり。また、ジェラートやチョコレート・デザートだけでなく、 オーガニック・ヴィーガンランチもやっているので、次回はランチでも来てみたいです。

基本情報

Gelateria Cioccolateria Vivaldi
Via de Renai 15r
Tel:+39-055-0467656
ヴェッキオ橋を渡って左、ひたすら川沿いを歩き、次のアッレ・グラッツェ橋を越えて右側の広場を右に下り、すぐ。

関連記事

  1. フィレンツェ北部の「ハムの館」、La Casa del Prosciutto

  2. 世界遺産・オルチャ渓谷を巡る、ハイヤー1日周遊プラン

  3. ヴォルテッラのレストラン ~ Le Cantine del Palazzo

  4. いつでもトリュフ料理が食べられる!サンミニアート近郊、Taverna dell’Ozio

  5. ラルドづくしがたまらない!コロンナータのオステリア・Osteria nella Pia’

  6. アンギアーリの新門前のレストラン、Da Alighiero

Copyrighted Image