チェルタルドのオステリア~Osteria Chichibio

チェルタルド のメインストリート、プレトーリオ宮近くにあるのがこのお店。外席がよかったけど満席で、中の席で食事しましたが、中もそれほど広くなく、私たちが入ってからほどなく満席になりました。店内の写真をほとんど撮ってなかったのですが、 ワインを始め、ちょっとしたお土産になる食材 もあります。カウンターには真空パックになったサラミ類も。ちなみにパニーノを作ってテイクアウトはできません(食事中、リクエストしたお客さんがきたけど断られてました)

さて、食事内容ですが・・・イノシシのサラミが一押しなようなので、前菜は生ハム、サルシッチャ、モルタデッラなど、おなじみのハム類が全てイノシシ製というプレートを。

プリモは生パスタが充実しており、ホワイトラグー(トマトの入ってないミートソース)のピチ(シエナのパスタですが、県境だけあって2種ありました)を、そして、その土地でしか食べられないものを絶対食べたいので、チェルタルド名産の赤玉ねぎを使ったスープを頼みました。

これが も~う絶品で、おかわりしたがったほど!ここに行かれる方は絶対食べて下さい(笑)!

メインは目玉焼き+この地域名産のブリスト(豚頭部のソーセージ)添えと、イノシシのモルタデッラのレンズ豆添え。ブリストは臭みを消すためか?スパイスが結構きいています。しかし、どれもこれも美味しくて大満足!更に、お値段も7皿+水+クオーターワインで 64ユーロ とコスパも満点、オーナーのおじさんもすごく感じが良かったです。

あとでサイトを見て知りましたが、 オーガニック食材を使用しており、 ワインテイスティングもできるそうですよ。

ギャラリー(写真をクリックすると拡大します)
基本情報

Osteria Chichibio
Via Giovanni Boccaccio 4, Certaldo
Tel / 0571-652504
月~日:10:00-18:00、冬季のみ水曜休み
早い時間から継続営業しているのでランチに、おやつに、ひょいっとワインとおつまみに便利。席数は少ないので、どうしても行きたい方は電話予約か、早めに行くのがベターです。

関連記事

  1. フィレンツェ北部「キー二・マニファクチュア市立博物館」で、イタリアン・リバティに酔いしれる

  2. コスパ満点のがっつりシーフード!レッジェッロの Ristorante Masaccio

  3. フィレンツェ郊外の町・インプルネータで有名なものは?

  4. 自分に足りないところは、補ってもらえばいい

  5. おらが村の料理レッスン、初めてづくしのお客様たち

  6. オルベテッロ漁師組合経営!オルベテッロ潟の魚が食べられる「I Pescatori」

Copyrighted Image