ハーフサイズが選べる!フィレンツェのオステリア ~ Osteria Santo Spirito

アルノ川向こうのサント・スピリト地区はまだまだ 庶民的な雰囲気は残る下町地区 。とはいえ、特にこのサント・スピリト広場は 近年オシャレなバールやレストランが並ぶ、ちょっとしたトレンド になっています。その中でも割合昔からあるオステリアがここ、渋い店構えが目を引きます。中は席数が少な目で、テラス席の方が席数が多そう。

さてメニューですが、典型的トスカーナ料理もあれば、他ではあまり見ないお料理もちらほら。オステリア=大衆食堂というカテゴリーですが、その割には値段が特別安いわけではありません。ただし!!ここは半分くらいのメニューで  ハーフサイズが選べるようになっています。写真は、プリモ・セコンドともハーフサイズですが、それでもボリュームあります!

プリモは ニョッキのチーズ&トリュフソース・オーブン焼きで、これは行く度にリピートしたくなる&家でも真似したいくらいの美味しさ。ただ、ハーフなのに食べても食べてもなかなか減らない(笑)

セコンドは、 タラとポロネギ。トスカーナでタラとなると、だいたいリヴォルノ風=フライしたタラをトマトソースで煮込んだものになるんですが、これは超あっさりシンプル。プリモがこってり系だったので、ちょうど良かったです。量も十分すぎる量なのに、ハーフだと2皿で14ユーロとコスパは抜群。普通サイズでプリモ・セコンドを頼んだ男性は、お腹いっぱいでもがいてたので、よほど大食でない限り、2皿食べたい方はハーフで十分かな、と思います。

スタッフのお兄ちゃんも感じ良いです!

基本情報

Osteria Santo Spirito
Piazza Santo Spirito, 16
Tel / 055-2382383
毎日11:00-24:00のノンストップ営業(キッチンクローズは23:00)
サント・スピリト教会を背にして、広場の一番右奥角にあります。

関連記事

  1. フレスコバルディのエノテカ「Il Quartino」で、ブドウ畑の絶景を見ながら乾杯!

  2. 天才・レオナルドが生まれ育った小さな村、ヴィンチ

  3. ボルセーナのトラットリア「Da Guido」で、港を見ながら淡水魚に舌鼓をうつ!

  4. フィレンツェの素敵な通り ~ Via Santo Spirito サント・スピリト通り

  5. 何かと使えるフィレンツェのバール「La Boulangerie Del Rifrullo」

  6. 軽いランチ&ワイン軽飲みに!フィレンツェ「La Prosciutteria(ラ・プロシュッテリア)」

Copyrighted Image