IMG_3505-1

 

以前は挙式コーディネイトさせて頂いたカップルの方からご指名を頂いた高級レストランだったのが、 魚料理レストランに改装 されていたのをたまたま発見し、その後ランチの機会にすかさず行ってきました。早くから開いているし、混んでいると聞いたので、早めの12時に行くと、まだ人はまばら。入口近くのカウンター前の2人席に案内されました。

魚料理なので、まずは 白ワイン をセレクトし、メニューを拝見!

 

IMG_3484-1

 

 

表紙には「もうハーフサイズなんて存在しないって誰が言ったの?」そうなんです、ここは ここ と同じように いろんなメニューがハーフサイズでオーダー でき、更に生魚は 1切れや1匹からオーダーも可能 なので、まさに 自分のお腹の減り具合と好みでちょうどよい良い量で好きなものを組み合わせられる んです(^_^)/

 

IMG_3489-1

悩んだ末、タルタル好き&他の料理も食べたかったので、 マグロのタルタルをハーフ で。ちょうどよいボリュームでフルーツと野菜も口なおしにぴったり、何よりも 可愛くて見るだけでテンション上がります! 前菜好きの私はW前菜で タコと黒キャベツのブルスケッタ 。黒キャベツはトスカーナ郷土料理の リボッリータ などに使われる野菜ですが、魚系と合わせた料理を食べたの初めてかも~自分で黒キャベツを料理する時のヒントにもなりました。

IMG_3492-1

 

ほどほどにお腹いっぱいなったので、別腹のドルチェへ・・・ドルチェメニューを開けると、フィレンツェのジェラート屋さん、ケーキ屋さんなど、 仕入れ元が書いてある! 老舗のヴィーヴォリもありましたよ。

 

魚の安さに比べると、ドルチェ5ユーロは普通なのね(仕入れやしね)と思いきや・・・この大きさなら仕方ないってくらいのデカさ(笑)。それでお腹に余裕もあり、もくどくない甘さでだったのですぐにペロリ。カッフェマッキアートを頼んだのにカップチーノが出てきたのは、ま、お愛嬌・・・若いスタッフばかりですが、接客はなかなか良かったです。

 

IMG_3501-1

 

 

 

最後にトイレに行ったのですが、入口席からは見えなかった、建物オリジナルのフレスコ画が天井いっぱいに。ここは、1200年半ばから1500年まで、裁判官・公証官のギルドがあった歴史的な建物なんです。このフレスコ画については、ダンテも言及したということが近年分かっています。

一方、半地下は1世紀のローマ時代もの!まさに、レストランでありながら、ミュージアムに入ったかのように、楽しみも2倍!今度は上か下かで食べてみたいな。

 

IMG_3483-1FISHING LAB ALLE MURATE
VIA DEL PROCONSOLO, 16R
Tel : +39 055 240618

ドゥオモの正面向かって右側から裏に行き、広場角を右折、50mほど直進して左側にあります。