大理石に囲まれた「ラルド」の村、コロンナータ

トスカーナ北西部にあるアプアーネ山脈。このゾーンに入ると、こんな景色が現れます。

雪ではありません、これはナント大理石!ここは大理石の産地でもあるのです。かつてミケランジェロがこの山に赴き、彫刻作品のための大理石を自ら選んだというのも有名ですね。そしてもう1つ有名なものは、「 ラルド・ディ・コロンナータ 」。名前にも入っているように、このコロンナータ村はラルドの産地でもあるのです。

第一印象は正直、「なんか昭和感のあるしなびた村」でしたが、散歩しているうちに「 渋いっ!味があるっ! 」に変わりました。旧市街は古~い石造りの民家で、そこに迫りくるような大理石の断崖が背後に・・・いろんな村を見てきましたが、かなり特殊!

中には意外?にも普通に人が住んでいたのですが、ドアを開けたらこんな景色って何だか想像できません。ま、住んでいる方にはきっと日常なんでしょうけれど、すごいですよね。

町中にも大理石がいろんなところに使用されています。例えば、イタリアの住所の基礎となる、通りや広場の名前の標識も大理石製!中心の広場も、地面が大理石!滑りやすいので要注意です!!

それから教会前の広場も大理石~大理石のステージに、後ろのパネルには大理石採掘のシーンが彫られています。訪問したのがちょうどクリスマス前だったので、プレゼーペ(キリスト誕生のシーンを再現したもの)が飾られていました。

大理石製のものと同じくらいよく遭遇するのが・・・冒頭にも書いた村の名産品「ラルド」のお店です。

お土産を買おうと行く前に何軒かチェックして、向かったのは La Marmifera 。検索をしていて、大理石の中に漬けてあるラルドを説明しながら見せてくれ、試食もさせてくれると知ったからです(他店でもやってるかもしれませんが)。

お店に入り、早速奥の工房で コンカ と呼ばれる大理石の箱を見せてもらいました。中に入ってるのは豚の背中の脂部分、ローズマリーやセージなどのハーブと塩、コショウ。ここに6か月以上漬けておきます。こんな風にできたラルドを、その場でスライスしたものをパンにのせて試食!

切りたては最高! 絶妙の塩加減、舌でトロ~っとトロけます!お店にはラルドのみの販売はもちろん、大理石でできたまな板とラルドのセットなど、お土産の購入もできますよ。

ギャラリー(写真をクリックすると拡大します)
基本情報

【行き方】
最寄り駅のCarrara-Avanza 駅まで、フィレンツェから直通、あるいはピサ乗換えで1時間50分前後、ピサからは直通で約45分。電車にについてはこちらをご覧ください。駅前から CTTバス ・ L52番 に乗り、Capolinea Carrara Ospedale(終点)で L50番 に乗換え、終点のColonnataまで、合計約1時間。バスについてはこちらをご覧ください。

ガルファニャーナ地方や、チンクエテッレなどへ行く途中に寄るなど、近郊の町などと合わせハイヤーのがおススメです。ハイヤーについてはこちらをご覧ください。

関連記事

  1. バスで簡単に行けるオルチャ渓谷の村、サン・クイーリコ・ドルチャ

  2. 古代遺跡~映画の舞台まで見所たっぷり!ヴォルテッラ

  3. シエナから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選

  4. フィレンツェから簡単に行ける、「初めての小さな村」5選

  5. 古の集落は静寂の癒しスポット、ヴィーヴォ・ドルチャ

  6. オルチャ渓谷の世界遺産の村、ピエンツァ

  1. アテネで私たちをおそった、思いもよらない悲劇

    2018.09.22

  2. 小さい子供と都会観光、大人も子供もストレスのたまらない方法!

    2018.09.21

  3. 旅の一番の思い出とは、やはり「人との出会い」だと思う

    2018.09.20

  4. おらが村の料理レッスン、初めてづくしのお客様たち

    2018.09.19

  5. ギリシャ・ロードス島・ロードス、古・旧・新の3エリアを1日で周る

    2018.09.18

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image