ジッリオ島のメインのビーチ・カンペーゼ

ジッリオ島にはいくつもビーチがありますが、徒歩で行く秘境のようなビーチや岩場のビーチが多いです。数日滞在する方はぜひそういうビーチも体験して頂きたいですが、1日観光で来て気軽にイタリアンビーチを体験してみたい方には、バス停かすぐのメインビーチ・カンペーゼをおススメ します!

ポルトからバスで約30分 、右下に見えてくるのがカンペーゼビーチ。終点なので、降り間違えることもありません。バス停はビーチ裏の小さな広場に着きますので、まずはビーチに出て見ましょう。緩いカーブを描いた小さな湾になっています。ビーチ右前に見えるのが、元々1500年代半ばにトスカーナ大公コジモ1世により防衛・監視のために建てられた塔。現在の姿は1700年代に改築されたものですが、その軍事的機能はイタリア統一と共に終止符を打たれました。

さて、 どこで泳ぐか? ですが、イタリアではビーチに「バーニョ」と呼ばれる海の家のようなものがあり、そのテリトリーはパラソルやイスの色で分かるようになっています。使いたいパラソルが決まったら、後方にあるデスクか、併設のバールに行ってお金を支払う仕組み。だいたいが半日か1日単位になっています。

あるいは、バーニョ間のあいているスペースはフリービーチなので、ビーチタオルや敷物を持参してそこで楽しむのもOK。泳いだ後に着替えたい方は、どこかのバールで買い物をしてトイレで着替えてしまいましょう。

また、喧騒が苦手な方は 塔の後ろの岩場が穴場 です。岩場からいきなり青い海にダイブ! スノーケリング もおススメです。岩場からでなくビーチからでも、 海は少し行くと急に深く なるので、お子さん連れの方は気を付けて下さいね。

海の水はどうかいうと・・・ めちゃめちゃキレイ!! この透明度、入っている自分の足がくっきり見えます。そして膝がつかるくらいの場所で、すでに小さな魚も泳いでる~!

そして海を堪能したら、 ここでランチがおススメ です(島の真ん中にある カステッロ は、あまりレストランがなかったです)。私たちは、ビーチから道挟んですぐの ZIO MEINO に行きました。同じオーナーの Da Meinoポルトにもあります。なかなか1人分ではオーダーできない「海の幸のリゾット」と定番の「魚貝類のフライ」。どちらもボリュームがあって美味しかったですよ。

ジリオ島の日帰りツアーの記事はこちら。

基本情報

ジッリオ島への行き方など、概要については こちら をご覧ください。

関連記事

  1. 断崖絶壁にそびえる姿は圧巻!美しき凝灰岩の村・ピティリアーノ

  2. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッスン

  3. 公共機関だけで行ける!ピエンツァの「昔ながらの」アグリツーリズモ

  4. トスカーナ群島第二の島、ジッリオ島

  5. マレンマ地方の歴史を紐解く、「凝灰岩の町」考古学公園

  6. フォトジェニックな広場に胸がときめく、カパルビオ

Copyrighted Image