IMG_9221-1

 

イタリア文化の1つ、バール。日本語でいうと喫茶店とかカフェ、ですが、「カウンターで立ち飲み&立ち食べ」、「カウンターと席と料金が違う」、「ガムや飴なども売っている」など、日本のそれらとは違うところも多々。どんな小さな村にもバールは1軒は絶対ある、というくらいイタリア生活には欠かせないバールですが、観光客の方でも使いやすい、いろんなバールを紹介していきたいと思います。

 

IMG_9223-1

まず1つ目は、最近もっぱらのお気に入りのここ。私はフィレンツェのお気に入りバールがエリアごとにあるんですが、これはサン・ロレンツォ地区、リッカルディ宮殿の裏にあります。

TOP写真のように外席も少しありますが、中はとても広いです。TOP写真の男性がいる右側の入り口を入ると、この左側の写真のようなカウンターがあるスペースです。ランチはしたことないですが、お茶の場合、ここで注文しましょう。注文したら、席までスタッフが運んでくれます。

 

IMG_7528-1

カウンターには美味しそうなスイーツもずらり・・・そしてイタリアのバール朝ごはんに必須のブリオッシュ(クロワッサン)や写真右のボンボローネ(カスタードクリームの入った揚げパン)などもあります。

そして何よりこのバールイチオシなのが、その空間

IMG_9225-1

IMG_7522-1

カウンターのあるスペース左側には、ゴシック様式の教会を思わせるようなヴォールト天井と柱が並び、花や植木、そして食器などの家庭雑貨の販売も行っているんです。ほんの数席ですがソファー席もあります(私のいつもの席です・笑)。奥にはピアノもあり、夜はコンサートイベントなんかもあるそうです。

もう1つソファーがあるのが、カウンターのあるスペース奥のこの空間。ここではまったりPC作業している人も多く見かけます。

 

IMG_9222-1

花や家庭雑貨のある空間からさらに左側には、こんな長いテーブルも。大人数で食事なんかの時は、ここが良さそうです(写真左)。写真真ん中はセンスの良いものが揃う家庭雑貨、そして笑えるのが鍋の洗面台があるトイレ!

ここは元々、1896年に開店した同名の老舗家庭雑貨店があった場所で、近年「コンセプトレストラン」として再オープン。私はバール利用ばかり食事はしたことはないですが、いつか食事もしてみたいと思っています!

IMG_0042-1

サン・ロレンツォ地区でお茶が飲みたくなったら、ぜひここへ。サンマルコ広場やドゥオモ広場からも近いです。ちょっとお茶、のはずが、ついつい長居してしまうかもしれません(笑)

La Ménagère
Via de’ Ginori, 8r, Firenze
+39-055-075 0600
毎日営業、7:30-2:00

 

←季節ごとに変わるフロントの飾りつけも楽しみです。