くつろげる&写真映えするフィレンツェのカフェ&レストラン、La Ménagère

イタリア文化の1つ、バール=日本語でいうと喫茶店とかカフェですが、「カウンターで立ち飲み&立ち食べ」、「カウンターと席と料金が違う」、「ガムや飴なども売っている」など、日本のそれらとは違うところも多々。どんな小さな村にもバールは1軒は絶対ある、というくらいイタリア生活には欠かせないバールですが、観光客の方でも使いやすい、いろんなバールを紹介していきたいと思います。地区ごとにお気に入りのバールがあると、町歩きに疲れた時にさっと寄れるので、チェックしてみて下さいね。

まず1つ目はサン・ロレンツォ地区、リッカルディ宮殿の裏にあるLa Ménagère。元は1896年に開店した同名の老舗家庭雑貨店があった場所で、近年「コンセプトレストラン」として再オープンしました。外席も少しありますが、中はとても広く、入ってすぐは注文カウンタとテーブル席、奥はソファーのある小さい部屋、左は雑貨や花の売り場もあるテーブル席、更にその左にテーブル席と奥にもテーブル席があります。

お茶する場合はまずカウンターへ・・・美味しそうなスイーツもずらり!そしてイタリアのバール朝ごはんに必須のブリオッシュ(クロワッサン)や写真のボンボローネ(カスタードクリームの入った揚げパン)などもあります。ここでオーダーしてお会計をしたら、店員さんが席に運んでくれます。ここは座っても他の立ち飲みバールより、2割り増しくらい。ゆっくりお茶するなら、全然高い料金ではありません。

そしてこのバールがイチオシな理由は、何といってもその空間。カウンターのあるスペース左側には、ゴシック様式の教会を思わせるようなヴォールト天井と柱が並び、うっとりしてしまいます。ほんの数席ですがソファー席もあるんですよ。

奥のピアノがあるスペースでは、夜はコンサートイベントなんかもあるそうです。

もう1つソファーがあるのが、カウンターのあるスペース奥のこの空間。革張りのソファー&イスで、ここはちょっとモダンなスペースになっています。ここでは、まったりPC作業している人も多く見かけます。

サン・ロレンツォ地区でお茶が飲みたくなったら、ぜひここへ。ご覧のように、インスタ映えするコーナーがいくつもあり、ついつい長居してしまいたくなる心地よい空間。サンマルコ広場やドゥオモ広場からも近いので、とっても便利ですよ。

ギャラリー(写真をクリックすると拡大します)
基本情報

La Ménagère
Via de’ Ginori, 8r, Firenze
+39-055-075 0600
毎日営業、7:30-2:00

関連記事

  1. マレンマ地方モンテメラーノ近郊「Verdiana」で、自家製野菜の創作料理を味わう

  2. コスパ満点のがっつりシーフード!レッジェッロの Ristorante Masaccio

  3. フィレンツェSMN駅ゲート開通から1か月、メリット&デメリット

  4. チンクエテッレ、モンテロッソのトラットリア「Il Piccolo Diavolo」

  5. 「フィレンツェで暮らしてみたい」、夢を叶えるアパート滞在のススメ

  6. モンテプルチャーノのチーズ工房「Cugusi」で、買ってそのままピクニック!

Copyrighted Image