9月のフィレンツェのお楽しみ!ぶどうのスキアッチャータ

9月に入ると一斉にフィレンツェとその近郊のパン屋さんでお見かけするのが、この Schiacciata dell’uva =ぶどうのスキアッチャータです。スキアッチャータは、いわゆるフォカッチャで、どうやらトスカーナだけの呼び名のようですが、生地をのばす時にschiacciare(押す)することからきているようです。なので、塩味のschiacciataも、このぶどうの甘いスキアッチャータも、指で押したくぼみがあります。

とても美味しいのですが、イタリア人は果物としてそのまま食べる時もぶどうの種も皮も食べるので、このスキアッチャータのぶどうにも種が残っています。なので食べるゴリゴリ音が・・・苦手な方は、店によってないところもありますが、種なし(senza semi) をどうぞ。フィレンツェにこの時期いらっしゃる方は、パン屋さん、スーパーのパン売り場で買ってみてくださいね。

材料
レンジ皿20cm角程度~◎小麦粉・400g ◎水200cc、◎生イーストキューブ・1個(25g) ◎ぶどう・2房 ◎砂糖・大さじ4杯、◎はちみつ・適量
作り方

 1. 水にイーストを溶かし、小麦粉の中に入れてよくこね、1時間ほど発酵させる

2. ぶどうは房から粒を取り、洗っておく

3.パン生地を半分とり、厚さ5mmくらいまで薄くする

4.伸ばした生地の上にぶどう半量と、砂糖大さじ2をまんべんなくのせる

5.残りのパン生地も同様にのばし、4)の上にのせ、更に残りのぶどうと砂糖大さじ2をのせ、好みではちみつをたらす

6.レンジ皿にレンジペーパーを敷いて5)をのせ、200度に温めておいたレンジに入れ、40分程度で出来上がり!

関連記事

  1. フィレンツェ県北部の名物パスタ「ムジェッロ風トルテッリ」

  2. トスカーナの前菜になくてはならない一品!レバーパテのクロスティーニ

  3. 秋の定番!栗粉の素朴な伝統菓子、カスタニャッチョ

  4. 意外な組み合わせが絶妙なパンのサラダ、パンツァネッラ

  5. 豆食いトスカーナならではのミネストローネ、ミネストラッチャ

  6. トスカーナ郷土料理の王道!リボッリータ

Copyrighted Image