「クリスマスシーズン」公式スタートは、12月8日から

近年はハロウィン終わったらクリスマス?町のイルミネーションも、お店のウィンドウも、スーパーの特設売り場も、なんだか毎年早くなっているような?とはいえ、本来は12月8日の「無原罪むげんざい御宿りおやどり」の日(インマコラータ、マリアが母・アンナの胎内に宿った日)にクリスマスツリーやイルミネーションを飾るものなのです。そして、それが1月6日の公現祭(エピファーニア・東方三賢士がキリストに貢物を届けた日)まで続きます。

結構おしゃれに色を統一したりするご家庭もありますが、うちは子供たちが毎年幼稚園や学校で作ってくる飾りやカードがてんこ盛りで、特にこだわりはありません(爆)唯一可愛い!と言われるのが、よくある★の飾りの代わり先っぽに君臨するスノーマンくらいでしょうか。毎年何かしら新しいものがあるのですが、今年は夏にアテネで買ってきた、ギリシャのオーナメント。

おらが村にとっては8日はW祝日、というのもおらが村の聖人の日でもあります(イタリア各町には聖人がおり、その町だけの祝日になります)。中心の広場でクリスマス市などが出るので、毎年同様、夕方から出かけました。遅めだったので点灯は終わっており、今年はもうサンタさんの家にお手紙を出しに行くことはなくなったけれど・・・

屋台は資金集めを兼ねた各地区やイベント企画チームの町の有志たち。大人はいつもと同じメンバーで立ちしゃべり、子供たちも年代を越えて一緒に走り回って遊ぶ・・・という、毎年恒例のまったりとした12月8日。

この日に、キリスト誕生のシーンを再現したジオラマ・プレゼーペも飾ります。ただし、キリストは24日の晩~25日に置くものなので、まだここにはいません。写真は毎年大掛かりなプレゼーペを外に飾る、あるお宅にて。

これからますます、クリスマス一直線~ああ、早くプレゼント準備しないと💦

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. 超ワイルドな、毛付きの生ハム

  2. スケジュール管理はアナログ派?デジタル派?

  3. イタリア語学習にぴったりの、参考書以外の本は何?

  4. イタリア小1の算数に欠かせない、「REGOLI レーゴリ」

  5. イタリアの結婚式の2つのパターン

  6. 渋柿を柔らかくする方法

  1. プロフィール写真撮影は、自分への癒し♥非日常の時間!

    2019.05.21

  2. ピエンツァの陶芸工房「Ceramiche D’Arte」で、緻密な芸術作…

    2019.05.20

  3. 「トスカーナのペコリーノチーズ」の3つの食べ方

    2019.05.19

  4. 地元イベントはもう絶対はずせない、4つの理由

    2019.05.18

  5. 気分的にはまだ早いけど、古いパンがたまってるんで・・・パンツァ…

    2019.05.17

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image