「白いクジラ」がいる森の天然温泉、バーニ・サン・フィリッポ

トスカーナは有数の温泉地。飲む温泉として有名なモンテカティーニを始め、トスカーナ中には天然温泉からSPAの施設からたくさんあります。その中でもなかなか「原始的」な天然温泉が、このバーニ・サン・フィリッポ。オルチャ渓谷でも南、アミアータ山の裾野の森の中にあり、まさに自然の真っただ中でリラックスできる天然温泉です。

バーニ・サン・フィリッポは村の名前で、ここからお目当ての天然温泉に行くには、「FOSSO BIANCO」の標識に従って森に入りましょう。

ここからは一本道、まっすぐ行き、左にほぼUターンしながら下っていくと・・・

何とも、のほほーーんとした雰囲気!全体的に湯温は低く浅いので、赤ちゃんもこんな風にして温泉を楽しんでいます。ここからは自然の傾斜を利用して、自然にできたままの「浴槽」が段々になって続いていきます。

ほんとに自然のまんまなので、このように木もなぎ倒されたままの状態。お湯は白く濁っているので分かりにくいですが、場所によっては下は砂利だったり、泥だったり、そして木の葉や枝も落ちています。岩場用のゴム靴やクロックスタイプのゴムサンダルが便利(私はビーチサンダルをはいていてお湯の中?泥の中!?で失くしてしまいました)。

更に下ると・・・有名な「白いクジラ」が見えてきます。

この巨大な白い物体は、長い年月を経て自然に形成された石灰石の沈殿物。その形状がクジラの口に似ていることから、この温泉のシンボルとして「白いクジラ」の愛称で呼ばれています。多くの人はこの近辺にバスタオルなどを敷き、温泉に入っては上がり、そしてまた入る、とゆったりとピクニックをしながら温泉を楽しんでいます。

その手前には崖があり、滝のように温泉が落ちてきますので、打たせ湯もできます!

そしてこの下には泥が豊富で、泥パックもできます!ただし、季節のよってお湯に含まれる微生物などが変わるため、例えば冬だとお湯は緑~茶色になるのだそう。源泉の温度は高いそうなのですが、それほど深みがないのもあり、下に下っていくにつれだんだんぬるくなっていきます。

私たちが行った時は、白いクジラまで行く前のこの場所の湯温が高かったです。おかげで、帰りがけだったのに嬉しくてここに長居してしまいました(笑)。イタリアの温泉は天然&施設のものでも基本的にぬるめなので、日本人にはちょっと物足りないかも?ただ温泉に入るというだけでなく、この自然のど真ん中でその空間をゆったり楽しんでみて下さいね。

ギャラリー(写真をクリックすると拡大します)
基本情報

Bagni San Filippo
FOSSO BIANCOへの入浴はフリー(無料)。最近は人気が出てきて人も多く、盗難も多発しているそうなので、貴重品は持って行かない(車やホテルに置いておく)か、最低限にしましょう。FOSSO BIANCOの看板がある前にバール兼食材屋さんがあり、飲み物や軽食が購入できます。

イタリア旅行ランキング
人気ブログランキングへ

関連記事

  1. 根強い人気!オルチャ渓谷の撮影スポット×2

  2. 世界遺産・オルチャ渓谷のパノラマが360度!テンテンナーノ要塞

  3. ボルゲリの革新精神を受け継ぎ発展し続ける、「レ・マッキオーレ」

  4. アミアータ山の中心的な村、アッバディア・サン・サルヴァトーレ

  5. モンテプルチャーノのチーズ工房「Cugusi」で、買ってそのままピクニック!

  6. ヤギの乳しぼりとチーズ作り体験

  1. 夏に日本に帰省しても、食べておきたいもの

    2019.07.16

  2. 迫力満点!ジャンボ飛行機が間近に見られる、大阪空港の人気スポット

    2019.07.15

  3. 【日本あるある】なんでそこに「イタリア」!?

    2019.07.14

  4. 兵庫県川西市の隠れ家的な家庭料理のお店「和みDining 森のくまさん」

    2019.07.13

  5. 【スマスイ、海遊館、ニフレル】阪神エリアで水族館、どこに行く?

    2019.07.12

  1. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  2. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  3. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  4. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

  5. フィレンツェ北部「休暇の家」で、気軽に本物の田舎体験!

    2018.01.29

Copyrighted Image