それは私のエゴなのか・・・

先週土曜日、通っている日本語学校の新学期が始まりました!その5日前に日本大使館へ送付用の切符を速達で送ったら、 イタリア郵便らしくなく  翌日には教科書到着!!うちの次男も1年生。ひらがなはすでに少し読み書きできていた長男とは違い、日本語読み書きに全く興味なし&新しい環境が苦手な次男だけど、幼稚部から一緒の仲良しのお友達がたくさんいるので大丈夫でしょう~実際、始まりから騒がしく(汗)そして出てきたら、「楽しかった!あいうえお、した~!」と嬉しそうに話してくれました。

今回、次男よりも心配していたのは長男。今までそれなりに順調だった日本語ですが、この3月で仲良しのお友達が急にやめることになり、初めて「やめたい」と言い出し、突然のことに私もかなり動揺していました。今の次男と同じように、幼稚部から一緒の子が持ち上がりで小学部になり、行くことに何の疑問もなく喜んで行っていたものの、だんだんと難しくなり、更にサッカーの試合やら、今年に入ってからカテキズモも週末になり、今まで以上に忙しくなってきた。宿題やるのもイヤイヤが多く、でも友達に会えるから行きたいのは知ってるので「宿題せな行かれへんで」で何とかやってきたものの、それがもう通用しない・・・そういう脅しで乗り切ってきた私もダメなんですが(;^ω^) 義務で日本語はやらせたくないと言いつつ、日本語をやめて私ともイタリア語でしか話さくなったら?それで母子の絆がなくなるわけでは決してないけど、私にとっては「違和感」のある現実。それが怖くて寂しくて・・・でもそれってただの私のエゴなんじゃないか?と凹みました。

IMG_2186

それでも「友達がやめたから」のショックだけで、本人もやめていいと本当に思っているのか?日本が大好きで日本の学校も大好きなのに。考えた末、1対1で真面目に話してみる・・・本当に日本語やめたいの?・・・(無言)・・・お母さん怒ってないよ、本当に思ってる事言いや・・・ウン・・・日本でも学校行きたい?・・・ウン・・・じゃあこっちでも続けたほうが行った時しんどくないよ、どう思う?・・・ウン・・・じぃとばぁと日本語でしゃべりたい?・・・ウン・・・今こっちの友達に名前を日本語で書いてって言われて、どう?(←ママ友情報、自分からは言わない)・・・嬉しい・・・英語の先生と面談の時、やっぱりバイリンガルだから英語も上手だって先生言ってたよ・・・ウン・・・じゃ、今はちょっとしんどくても、カテキズモは9月からは平日になるし、小学校終わるまでは頑張ろうよ・・・ウン・・・よっしゃぁ~!( `ー´)ノ 最後のウン、は、この真面目な空気に耐えられず、そこから逃げたいために言った気もしないではないけど(爆)こうして何とか続けることに。

そして春休みの宿題は、いつもの手が使えずに苦労はしたものの、行く日の朝に「お母さんと一緒にやろう!」と脇について、一緒に漢和辞典で調べて・・・日記で使う漢字を調べてまだ習ってないものがあっても「書きたい、書いてみる」と、なんかちょっとヤル気?そして教室に入るなり、先生に「まだやってへんのも書いてみた!」と嬉しそうに言っている声が・・・何とか大丈夫そう、かな?先生のことが大好きなのも、きっと続ける糧になっていると思う。

そしてサッカーの試合のため先に車でフィレンツェを離れた次男には内緒で、2人だけでジェラート(たまたま初めて行った ここ 、久々の大ヒット!)。こういう コソクな手段 プチご褒美もやりつつ、できる限りサポートして、細く長く続けることを目標に母子で頑張りますっ=3=3=3

人気ブログランキングへ
イタリア情報ブログランキング

関連記事

  1. イタリアの長ーい夏休みの救世主!Campo Solare(カンポ・ソラーレ)

  2. 自分に足りないところは、補ってもらえばいい

  3. 「~ソン」しかない?アイスランドの苗字の法則

  4. 我が家にヴァレンタイン・デーはございません

  5. 「オイルと酢だけのイタリアンサラダ」を、飽きずに美味しくしてくれる「BB Mix Per INSALATE」

  6. 外国人観光客が日本に来るベストシーズンは?

  1. フィレンツェ近郊の田舎で「スロートレッキング&地元食材の料理」…

    2019.12.10

  2. 冬になると恋しくなる、日本の冬の風物詩・3つ

    2019.12.09

  3. 中世のマンハッタン!世界遺産の塔の町「サン・ジミニャーノ」

    2019.12.08

  4. 日本人妻を持つ、イタリア人男性のお弁当の中身公開!

    2019.12.07

  5. 私が混乱した「トスカーナ弁」その3・piacere でなく garbare

    2019.12.06

  1. 久々のスタジアム観戦「フィオレンティーナVSガラタサライ」

    2019.08.13

  2. 走行中の車窓からの撮影テクニックと、画像処理の方法

    2018.08.05

  3. 世界遺産の大パノラマを960mから見渡す!ラディコーファニの要塞

    2018.04.01

  4. 通訳アテンド同行で安心!電車&バスで行くワンディトリップ

    2018.03.19

  5. 食材ほとんどが自家製!フィレンツェ北部の田舎でマンマの料理レッ…

    2018.02.01

Copyrighted Image